*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高橋大輔がここで終わるはずがないじゃないか
一昨日、夕食後にPCを立ち上げたら、ヤフーのトップに大ちゃんのワールド欠場の記事があった。
一瞬、フリーズして、それからがくぅぅぅぅとオチて。
でも、ちょうど放送されていた「スターズオンアイス」で 、2008年の「白鳥」と2010年の「道」、2013年の「ブエノスアイレスの春」の三連発を観ていたら、なんか、こう、メラメラとしてきて。
「がぉぉぉ!うりゃぁぁぁ!できる!ぜったいできるよ!」って吠えた。

冗談じゃないよ。
なんで「高橋大輔」が「二番手」以下に慣れる必要があるんだよ。
アホンダラが。

って言ったの、オマエじゃないかって(←拙記事「受け入れるということ」)。
「このトントンチキめがと記事を消しちゃおうかと思ったんだけど、あの時にそう思った気持ちは嘘じゃないから、そのままさらしておくことにしました。
そう。
嘘じゃない。
嘘じゃないけど。
気持ちが変われば言葉も変わる。
ってことはよくあるよね。
だから、大ちゃんも「今季は全日本選手権で勝てなかったが、まだまだ勝てる、という気持ちでやってきた。今回は『もう負けたな』と受け入れている。」なんて、あの時に言った気持ちは嘘じゃなくても、これからもずっとそれが「真実」ってことはない。
今までずーっとトップ集団で走り続けてきた唯一の人だから、心身ともに休んで、充電されたら、負けず嫌いの血が騒いで、きっとまたメラメラしてくる。
その時をただ待とうと思った。
で、根に持つようだけど、ついでにこの機会に、男子フィギュア界において「高橋大輔不在」ということがどういうことなのか、その存在価値をわからない人間たちに知らしめてあげたらいいんだよ。

なんだかんだきれいごとを言っても、フィギュアは「興行」だから、本の表紙とかはいいのよ。
いかに会場をいっぱいにするか、だから。
大ちゃんの復帰戦は一瞬でチケットが売り切れになるくらいの勢いで迎えないと。
(他の選手を応援している方には迷惑な話かもしれないけど)
私も使えないサーバーにイライラキリキリしながら、チケット争奪戦に参加する。
私はオカネもないくせに一点豪華主義というか「高い席で一回だけ観る」とか「S席がとれなかったら行かない」とか、そんなチケットの取り方をしていたんだけどね。
去年の全日本で、高橋大輔というスケーターは、あの広いさいたまアリーナの天井に手が届きそうなC席でも十二分にその魅力を伝えてくれる大きな大きな存在であることが分かったから、これからはちがう観方をしようと思う。
「回数」を観たい。ひとつでも多くのプログラムを観たい。
だから、ないとは思うけど、これから先、さびしがりやで負けず嫌いの大ちゃんの応援が「頭数勝負」になった時も準備はオッケーなのだ。

で、これらの記事なんですが。
ホント、メディアって、いいかげん。
テキトウに、主観で記事を書いているんだなってことがよくわかります。

--------------------
このまま引退か…高橋大輔 世界選手権欠場  スポニチアネックス 3月5日(水)7時1分配信

 日本スケート連盟は4日、フィギュアスケート男子でソチ五輪6位の高橋大輔(27=関大大学院)が右膝故障のため、26日開幕の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)を欠場すると発表した。高橋は昨年11月末に右膝を痛め、全日本選手権に強行出場。集大成として臨んだソチ五輪でも患部は万全ではなく、メダルに届かなかった。
 この日、発表された欠場理由は「右脛骨(けいこつ)関節軟骨損傷による慢性膝関節炎」で、激しいスポーツ活動は困難で、5~6週間の安静加療が必要。高橋は日本連盟を通じ、「選ばれたからには無理をしてでも、と悩みましたが、安静加療が必要なこと、今後も自分の膝とは長い付き合いをしていかなくてはいけないことから、大変残念ですが、欠場という結論に至りました」とコメントした。
 今季最終戦を欠場したことで、集大成のシーズンは終了。このまま現役引退の可能性もあるが、ソチ五輪後に「まだはっきりと決めていない。ゆっくり時間を持った時に考えていきたい」と話していた。今後は「一日でも早く皆さまの前でスケートができるよう、日々の体の変化に対応しながら、治療に専念したい」とし、4月以降のアイスショーへの出演を目指す。世界選手権には高橋の代わりに、補欠だった小塚崇彦(25=トヨタ自動車)が出場する。

フィギュア高橋大輔「引退」を一時封印 東スポWeb 3月5日(水)18時6分配信
 2010年バンクーバー五輪銅メダリストで、先月のソチ五輪でも6位入賞を果たしたフィギュアスケート男子の高橋大輔(27=関大大学院=顔写真)の現役続行の可能性が高まってきた。日本スケート連盟は4日、高橋の世界選手権(26日開幕、さいたまスーパーアリーナ)の欠場を発表したが、本人は先を見据えた心境を告白。4年後の平昌五輪に向けて「引退」の2文字を一時封印し、調整していくもようだ。
 日本スケート連盟は高橋の欠場とともに、補欠だった小塚崇彦(25=トヨタ自動車)の代替出場を発表した。高橋は昨年の全日本選手権前から痛めていた右ヒザの状態が思わしくなく、五輪から帰国後のメディカルチェックで「右脛骨(けいこつ)関節軟骨損傷による慢性膝関節炎」のため、5~6週間の安静が必要と診断された。当面は治療に専念する。
 世界選手権は高橋にとって「引退試合」になる可能性も高かっただけに、すでにチケットはかなりの売れ行きを見せていた。昨年まで同大会3連覇中でソチ五輪銀メダルのパトリック・チャン(23=カナダ)の欠場と併せてファンにとっては残念な発表となったが、これで高橋が完全に一線から退くというわけでもなさそうな雰囲気だ。
 高橋は今回の欠場について「無理をしてでも、と悩みましたが、安静加療が必要なこと、今後も自分のヒザとは長い付き合いをしていかなくてはいけないことから、大変残念ですが、欠場という結論に至りました。一日でも早く皆様の前でスケートができるよう、治療に専念したい」とコメントを発表。今後の競技復帰を見据えているようだ。
 ソチ五輪のフリー終了後、すぐに練習を再開し「次、どうせやるなら、4年後の五輪を目指してしまうので」と平昌五輪への意欲も見せていただけに、即引退発表という流れは消えつつある。
 ソチの団体フリーで31歳のエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が圧巻の演技をしたことにも刺激も受けた。4年後は今回のプルシェンコと同じ年齢。「4年スパンで考える」という高橋の中に年齢的な不安はない。
 今後は5月までアイスショーなどの予定も入っているが、出場についてはヒザの状態を見て判断する。来季は競技から離れることが濃厚だが、2年後の復活の可能性は高そうだ。

--------------------

どうよ。
この真逆の記事。
ふたつともソースはこれなわけでしょ。

--------------------

皆様へ 2014年03月04日
いつも応援して頂き有難うございます。
ソチオリンピックでも会場の皆様の声援や日本からの温かい応援に勇気づけられ、滑りきることができました。本当に有難うございました。
オリンピックから帰国後、メディカルチェックを受け、右脛骨関節軟骨損傷による慢性膝関節炎と診断を受けました。自国開催の世界選手権、選ばれたからには無理をしてでも、と悩みましたが、安静加療が必要なこと、今後も自分の膝とは長い付き合いをしていかなくてはいけないことから、大変残念ですが、欠場という結論に至りました。
ご心配とご迷惑をおかけしてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいですが、一日でも早く皆様の前でスケートができるよう、日々の体の変化に対応しながら、治療に専念したいと思います。
高橋大輔からのメッセージ

--------------------

独自取材をしたわけでもなし。
つーか、そもそも大ちゃん自身が決めていないんだから、どうつついても、新しい情報が出てくるわけない。
この大ちゃんのコメントから何を読みとるかは個人の主観にしかならないわけだし、ファンとしては「アンタの主観なんてどうでもいいのよ」なわけだから、タイトルでドキッとさせるのやめてくれる?
「今後については保留としている」でいいじゃん。
いいから黙っとけっつーのよ
で、私はメディア人でもない、ただの一般人だから、つぶやくけどさ。
私は「青字強調」した部分に、すごい希望を見た。この部分にすがって、生きてる。
ネットを見ていると、「これからはアイスショーかな」「大ちゃんはアイスショー向きだと思う」「アイスショーで自由に踊っているところを見たい」などのコメントが多いんだけど、実は、ちがうんだよね。
先日の「語り亭」で本田さんも仰っていたけれど、およそ競技に向いていなさそうな大ちゃんは競技会のひりひり感が好きな人なんだよね。そうでないとあの怪我を乗り越えられるわけがない。

「心臓が飛び出しそうな緊張感。
そして試合後の解放感。
この繰り返しがたまらない。」

(「be soul」)

私も大ちゃんが「勝負師」になった時の顔がすごい好き。
今季でいうと、NHK杯の時の顔がすごい好き。SPが終わった時の、にこりともしない顔とか、最高に好き。
荒川さんが結婚されて、もしかしたら、これから先、「おめでた」などということもあるかもしれないし(←大きなお世話)、フレンズの後を継ぐのは大ちゃん以外にいないとは思うけれど、それは、まだもうちょっと先のような気がする。
高橋大輔に限って、「大事をとって」なんてことがあるはずがなく、「慢性」なんてついてしまって、大切な脚がどんな状態なのか考えると怖くもなるけれど、ワールドの欠場を決めたからには、もう焦ることも急ぐこともない。
だから、今すぐじゃなくていい。
チャン選手のようなコメントを、大ちゃんの口から聞きたい。

--------------------

大会3連覇中のチャン、世界選手権欠場を表明
【3月4日 AFP】ソチ冬季五輪のフィギュアスケートで銀メダルを獲得したカナダのパトリック・チャン(Patrick Chan)が3日、4連覇のかかる世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2014)を欠場すると明らかにした。
 大会3連覇中のチャンは、埼玉で開催される世界選手権で4連覇を目指す意欲はあるものの、五輪を終えた後すぐに練習に戻る気にはなれないとコメントした。
 ソチ五輪では羽生結弦(Yuzuru Hanyu)が金メダル、チャンが銀メダルに輝いたものの、スポーツ界最高の舞台で期待されたパフォーマンスを発揮することはできなかった。
 23歳のチャンは、「大会終了後、自分の気持ちを確かめた。現実的にすぐ練習に戻れるか自問したところ、その可能性を見いだせなかった」と語った。
「スケートに無我夢中になれず、専念できる状態ではなく、そこにいたいと思わなければ、自分はいい滑りができない。だから、いったんスケートから離れ、未来を見据えたほうが賢明だと判断した」
「正直なところ、世界選手権でもう一度勝ちたい」

 この春に『スターズ・オン・アイス(Stars on Ice)』でカナダ国内を回る予定とされているチャンは「自分としては、スケートであろうとスケート以外のことであろうと、もっと成し遂げたい気持ちはある」と述べた。
「今のところ、競技に出たいとは思っていないが、将来的に2016、2017、2018年、あるいは2015年の世界選手権に挑戦して優勝を目指すかもしれない」
 また、ソチ五輪のアイスダンス銀メダリストで、2010年バンクーバー冬季五輪では金メダルに輝いているテッサ・ヴァーチュー(Tessa Virtue)/スコット・モイア(Scott Moir)組も欠場を表明した。
 アイスダンスではヴァーチュー/モイア組のライバルである米国のメリル・デイビス(Meryl Davis)/チャーリー・ホワイト(Charlie White)組も出場を辞退している。
 ヴァーチューは、「私たちは(五輪での)自分たちのパフォーマンス、ショートダンスとフリーダンスの両方に満足しましたし、五輪で得た経験に感動を覚えました」と語った。 「このまま今季を終えることが正しい道と思います。そして、この2つのプログラムに別れを告げることが適切であると判断しました」
 ヴァーチュー/モイア組は、来季も競技に出場するかどうかは明言しておらず、モイアは将来の計画についてもう少し時間をかける意向だが、スターズ・オン・アイスのツアー中に「明確な答えが見つかる」ことを期待していると明かした。
 「リンクに戻って競技に臨もうとする熱意がどれだけあるのかを確認し、自分たちの状況を見極めたいと思います。それには時間をかけた上で、その時の自分たちの考えに委ねます」

--------------------

去年の全日本は一生忘れられない演技だけど。
でも、大ちゃんのあの哀しい笑顔が日本での最後だなんて、そんなことがあるはずがない。

あるはずがない。
あるはずがない。
あるはずがない。

だから、ただ、待っている。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
↑代表発表の時の大ちゃんって、いつになく「竹野内豊」様に似ていたなあ。
ブログランキングに参加しています。応援いただけると、嬉しいです
コメント&トラックバックは承認制をとっております。反映されるまで時間がかかる場合もありますが、よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと嬉しいです

関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。