*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わってしまった・・・
ああ。
終わってしまった・・・。
夜中にひとり、テレビの前でガクガクブルブルしたことも遠い昔の夢のよう。

昨日、のんびり閉会式を観ていたら、突然、あの旋律が響いてきた。
「すごーい!
真央ちゃんのラフマニノフだ!
真央ちゃんのオリンピックだ!」
と思わず叫んでしまった。
あの「タッタラタラララ」のところがすごい好き。
真央ちゃんのステップがすぐによみがえる。
私の頭の中でも、ラフマニノフが鳴りやまない。

--------------------

ソチ五輪:真央にサプライズ フリー使用曲が閉会式で演奏(毎日)

◇ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」
 【ソチ芳賀竜也】「集大成」の五輪で会心の演技を見せたヒロインに、とっておきのプレゼントが待っていた。23日行われたソチ冬季五輪の閉会式では、フィギュアスケート女子6位入賞の浅田真央選手(23)=中京大=がフリーで使用した、ロシアの作曲家ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」が演奏された。ショートプログラム(SP)での出遅れが響いてメダルには手が届かなかったが、「ラストシーズン」として五輪に臨んだ浅田選手へのねぎらいの調べとなった。
 閉会式には、日本選手団から約120人が参加した。「大会中は試合に集中してしまうので、(閉会式では)五輪を楽しみたい」と話していた浅田選手。サプライズは、閉会式の中盤に待っていた。
 ステージ中央の仕掛け床からロシア気鋭のピアニスト、デニス・マツーエフさん(38)が登場。計62台のピアノがマツーエフさんのグランドピアノを取り囲み、アトラクションを交えながら「ピアノ協奏曲第2番」が演奏された。
 銀メダルに輝いた2010年バンクーバー五輪では、フリーに同じラフマニノフの「鐘」を選んだが、自ら満足できる演技ができなかった。だからこそ、今回は「同じ作曲家の曲でレベルアップした自分をアピールしたい」との目標を込めた。
 SPで失敗したが、20日のフリーは好演。4年かけて「ラフマニノフの借り」を返した。「二つ(2大会)合わせて私の中で最高の五輪」と浅田選手。閉会式でのラフマニノフの演出は偶然だったが、浅田選手や、彼女を支え、応援してきた人々の胸にしっとりと響いたはずだ。

sochi15.jpg

--------------------

昨日、「大ちゃん、もう言った?」「言ったよ」のやりとりがツボだったと書きましたが、動画がアップされていました~
ツボった人、多数の予感。
もう、みんな、どんだけ大&真央が好きなの~
動画主様に感謝してお借りします。



こちらの動画も永久保存版にしたい



「魂が美しいもの同士」。
そんなことを思わせる二人。
二人の記事のコメントに「このふたりは人間国宝だな」という書き込みがあって、そういう思いを抱くのは私だけじゃないんだなと思いました。
そうはいっても、生身の人間なので、周りが過剰に美化することは当人たちを生きにくくさせてしまうだろうと思うので、こっそりつぶやいておきます。
前にも引用させていただいた井沢満さんのブログに、こんな一節がありました。

「彼らを見ていると、私は日本人がとても好きだと思える。日本人の末端でいることが嬉しい。私は時としてろくでもない人間だが、日本人の仲間でよかった。仲間であることをなるべく汚さぬよう生きて行きたい。」
( 「素朴な疑問」 井沢満ブログ )

「すごいわかる!」と思いました。
きっと、本人たちは、いろいろなものに感謝の気持ちはあれど、やはり一番はただスケートが好きだというその気持ちで滑っている。
それなのに、伝わってくるものはすごく大きいもの。
なんか、すごいよね。

つらつらとここまで書いたところで、「日本選手団帰国」。
おかえりなさい。
チャーター機が二時間ほど遅れたそうで、ちょうど朝のワイドショーが終わる時間に・・・
動く歩道の映像と、佳菜子ちゃん、真央ちゃんが出てくるところはみれたんだけど、大ちゃんが出てこない

それにしても。
今の私はうっかりすると燃え尽き症候群になってしまう。
書きたいことはたくさんあるはずなのに、気がつくと、ぼーっとして、「無」になっている。
まさに「ソチロス」。
テレビを観ていただけなのにね。
感情のアップダウンが激しかった上に、生活のリズムが崩れちゃったからかな。
(ワールドがあるのがまだ支えで、その先のことはこわくて考えないようにしている。)
体力なし根性なしの私と比較するのはとーっても気が引けますが、選手の皆様も、非日常のハイ状態が終わり、たまっていた疲労を感じているんじゃないかな。
そこをまた、三月までの短い間で「戦い」モードに上げていかないといけないから本当に大変だと思います。
ひとりになって、ゆっくり休める時間がちょっとでも多くとれるといいなあ。
大人の事情の「雑事」は後回しにしてあげて欲しい。
ホント、心から切望。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
↓ちなみに、私、井沢さんの脚本の「外科医有森冴子」が大好きでした。
ブログランキングに参加しています。応援いただけると、嬉しいです
コメント&トラックバックは承認制をとっております。反映されるまで時間がかかる場合もありますが、よろしくお願いいたします。



人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと嬉しいです

関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。