*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森元首相の発言からスケ連の責任について考える
前後の脈絡なく、言葉だけを切り取って、槍玉に挙げるというのはマスコミの常套手段。
「槍玉にあげられやすい人」というのもわかってきている。
おまけに、自分の耳で聞いてきた講演会が「こういう新聞記事になるんだ・・・」という経験を自分でもしているので。
私は可能な限り、「ソース」を全文で探すようにしています。

今回の森元首相の発言についても、マスコミの「さあ、日本の皆さん。また森のヤツがやりましたよ。怒れ、怒れ、どんどん怒って、失脚させてしまえ」という匂いがぷんぷんしていたので、ネットで検索してみました。
毎日・世論フォーラム」という九州・山口の会員制の講演会でのものということですが、残念ながら、概要もまだアップされておらず。
荻上チキさんというラジオのパーソナリティの方のHPで、「ニュースで言及した部分を前後の文脈を含めて書き起こした」というものが掲載されていましたので、その中から、騒ぎの元になっている発言の前後を一部転載させていただきました (文字強調は私がいたしました)。

--------------------

今朝も真央ちゃんが最後ひっくり返った時は、4時だったと覚えておりますが。皆さんそれご覧になると、それまでずーっと真央ちゃんがまだ30番目で一番あとだったもんだから。ずーっと皆見てるわけでしょ、あれ。ショートプログラムだから、1回何分かな。3分半くらいかな。そんなもんだったと思いますけど、それ全部やって一番最後に真央ちゃん。なんとか頑張ってくれと思って皆見ておられたんだろうと思いますが、見事にひっくり返っちゃいましたね。あの子、大事なときには必ず転ぶんですよね。なんでなんだろうなと。

僕もソチ行って、開会式の翌日に団体戦がありましてね、あれはね、出なきゃよかったんですよ日本は。あれは色んな種目があって、それを団体戦で。特にペアでやるアイスダンスっていうんですかね。あれ日本にできる人はいないんですね。あのご兄弟は、アメリカに住んでおられるんだと思います確か。ハーフ。お母さんが日本人で、お父さんがアメリカ人なのかな。そのご兄弟がやっておられるから、まだオリンピックに出るだけの力量ではなかったんだということですが、日本にはいないもんですから、あの方を日本に帰化させて日本の選手団で出して、点数が全然とれなかった。

あともう皆ダメで、せめて浅田さんが出れば3回転半をすると、3回転半をする女性がいないというので、彼女が出て3回転半をすると、ひょっとすると3位になれるかもしれないという淡い気持ちでね。浅田さんを出したんですが。また見事にひっくり返っちゃいまして、結局、団体戦も惨敗を喫したという。

その傷が浅田さんに残ってたとしたら、ものすごくかわいそうな話なんですね。団体戦負けるとわかってる、団体戦に何も浅田さんを出して、恥かかせることなかったと思うんですよねその、転んだということが心にやっぱ残ってますから今度自分の本番のきのうの夜はですね、昨日というか今朝の明け方は、なんとしても転んじゃいかんという気持ちが強く出てたんだと思いますね。いい回転をされてましたけど、ちょっと勢いが強すぎたでしょうかね。ちょっと転んで手をついてしました。だからそういうふうにちょっと運が悪かったなと思って見ております。

--------------------

出来ればリンク先に飛んで全文を読んでいただきたいのですが、他にもツッコまれそうなところがいくつかあって、言葉の使い方が残念な人としかいいようがない。 この短い転載部分だけでも、「イラッ」とくる言葉が複数ある。
「マスコミというのは、そこのところだけ取るんですよ。前後の話は何にも書かないでね」と、そこまでわかっていて、どうしてこういう言葉の使い方をするかなあ、わかっていてこのレベルなのかと、学習能力と言葉のセンスとデリカシーのなさに、ため息が出る。
せっかく、面白いこともいいことも言っているのにね。 安倍さんの話とか石原さんのわがままぶりとか、私、思わず笑ってしまった。
まあ、「この方、もう76歳だし、こうやってこれまで生きてきたんだから、これからも変わらないでしょ」と思うので、言葉の問題を横に置いて、考えてみる。
言葉はアレですが、この発言の本質って、 「スケ連への苦言」ですよね。
つまり、森さんは 「連盟の作戦ミスだろ」 って、言っているように、私、思ったんですけど。
「個人戦のみならず、あわよくば団体でもメダルをと欲をかいたスケ連の責任だろ」 と。
「個人でメダルが狙える大事な浅田選手を勝ち目のない団体戦に出すことはなかった」 と。
「個人戦に集中させりゃあよかったじゃねぇか、団体戦に出る必要あったのか」 と。
「団体で転んでしまった分、肝心の個人戦で気負いが出て、転んでしまい、かわいそうだ」 と。

そういうことですよね。
「なんとしても転んじゃいかんという気持ちが強く出てたんだと思いますね。いい回転をされてましたけど、ちょっと勢いが強すぎたでしょうかね。ちょっと転んで手をついてしました」の部分、私はよく見ているなと思いました。
真央ちゃん自身、SPの時のことを 「団体戦の感覚がよみがえってきてしまって」と、先日の松岡修造さんの番組に出演した時、言っていましたよね。
ペアもアイスダンスもよく頑張ってくれたけれど、日本が団体のメダルをとるのが厳しいことはわかっていた。
私は、森さんと同じように、「団体戦、辞退しちゃえばいいのに」って思っていました。日本にはできないのも分かっていたけど。

オリンピックが始まる前からずっと「個人戦の前に団体戦をやるのはいかがなものか」という声があったけど、始まってみれば、個人戦の前に団体戦でロシアの応援の雰囲気を知ることができてよかったよかったみたいな空気になっちゃって、また有耶無耶に・・・。
結果的には、男子の最終グループは自爆大会になったし、女子は真央ちゃんのSPがあんなつらいことになってしまった。
リプニツカヤ選手は(団体戦後、あの国の人々に粘着されたりした上に)個人戦でミスが出てかわいそうだったけれど、結果的に、ロシアは団体初の金メダルと、ペアの金、女子シングル初の金の三つを手に入れ、作戦勝ちしたとも言えるわけで。
フィギュアの団体戦が今後どうあるべきなのかは、これからの検討課題にはなるはずだ。

日本も今回の団体戦の戦い方がどうだったのか、検証する必要はあるよね。
日本がどこまで勝負に徹することができるかは疑問だけど。
だって、身も蓋もない言い方をすれば、メダルの望みの薄い団体戦に出場せざるを得ない場合、選ばれた選手は連盟から「捨て駒」認定されたことになるもんね。 ポジティブにとらえれば、「経験をさせる」ということもできるけど。
今回、真央ちゃんがフリーで奇跡の演技を見せてくれたから、日本中、「感動したよかったよかった」の大合唱になっているけど、本来であれば、スケ連は、団体戦の戦い方を問われてもおかしくはなかった。
ついでに、 「団体戦でもメダルに期待!」の大合唱で無責任に煽ったマスコミも同罪
本当に責任を問われなければならないのはスケ連なのに、マスコミのおかげで森さんにその矛先が変わって、一番ほっとしているのはスケ連じゃないのかな。
で、この件で騒げば騒ぐほど、精神的に負担になる(かもしれない)のは真央ちゃんなんだから、もういいんじゃないのかな。
と、私は思います。

ただ、日本のスケ連って、きっとファンがいくら騒いでも「屁の河童」、コバエがうるさいなくらいにしか思わないんだろうから(←あくまでもワタシの主観です)、森さんみたいな立場の人からの「苦言」はいい機会になったかもしれないのに、と残念です。
それに、この講演会でも、森さんの口からプーチンさんの名前が何度か出てきていますが、この方、ロシアとのパイプがあることでも有名ですよね。
今回のオリンピックの開催国でもあり、あの選手絡みで粘着されている被害者でもあるロシアと、うまくすれば、もっと有意義な方向で話ができるかもしれないのに、と二重三重の意味で残念な気がします。

んで。
個人的に私が読み流せなかったのはこの部分。

--------------------

橋本聖子さんというオリンピックの選手、いま今度のオリンピックの団長やってます橋本さんに聞いたら、この試合が終わりましたら、ソチが終わったら、世界の有力なスケーター入賞者を全部連れて日本に来るんだそうです。東京の隣の埼玉で試合をやるそうですね。見せるそうですが、その切符はインターネットで売り出したわずか1時間で全部売り切れたそうです。それぐらい人気があるんですね。

--------------------

これを読んだ時、私、橋本さんの鼻息が聞こえてきそうって思っちゃった。
チケットが一時間で売れたのは、別に、あなたの手柄じゃないでしょって。
すべては選手のおかげなのに、まるで自分の手柄のようにほくほくしているところに、スケ連の病巣があるんだと思った。
(←森さんが言っているだけの話の上に、ワタシの主観と思い込みです)
最近、毎日のように、ぴあやらいろんなとこから送られてくるアイスショーのチケット情報。
初めて知った時は、びっくらこいたわ。
「あんたたち、まさか、大&真央で最後まで荒稼ぎしようってんじゃないでしょうね。相当貯めこんだって、全日本の頃、記事が出てたわよ。どこまで欲の皮が突っ張ってんの。選手たちをちゃんと休ませてくれるんでしょうね。」と殴り込みに行きたくなった。
だって、これよ。

3月26日(水) ~ 3月30日(日) ISU 世界フィギュアスケート選手権大会 2014 (埼玉県)
4月5日(土) ・6日(日) 世界フィギュア2014 -大阪エキシビション- (大阪府)
4月7日(月) ~ 9日(水) スーパースターズ・オン・アイス in 札幌 (北海道)
4月12日(土)・13日(日) 木下グループ STARS ON ICE JAPAN TOUR 2014 東京公演 (東京都)
4月16日(水)~18日(金) 木下グループ STARS ON ICE JAPAN TOUR 2014 名古屋公演 (愛知県)
4月19日(土)・20日(日) 木下グループ STARS ON ICE JAPAN TOUR 2014 大阪公演 (大阪府)
4月26日(土) ~ 5月4日(日・祝) プリンスアイスワールド2014 in YOKOHAMA (神奈川県)

どれに誰が出るのかはまだわからないけど、どう考えてもハードすぎる。
興業的に(ぶっちゃけおカネ)、人気選手ほど引っ張りだこになるのは目に見えている。

まず、ソチから帰ったら、テレビ局めぐりをさせられるでしょ。
それから、スポンサーやら地元やらの挨拶回り。
そうしたら、あっという間に世界選手権だよ。
その後、この怒涛のスケジュール。
スポンサーや所属のしがらみもあるだろうし。
大ちゃんは木下グループのアイスショーには何回かは出ないといけないよね。
さらに、P&Gのキャンペーンのプレゼント対象になっていたアイスショーもある。 フレンズにも出るだろうし。
脚の怪我をゆっくりケアする時間、あるのかなあ・・・・。
真央ちゃんは今年、「THE ICE」はどうするんだろう。
「PIWも出なくていいよ、ゆっくり休んで」と思うけど、大&真央が出るか出ないかでチケットの売れ行きは変わるだろうから、付き合いとか、頼まれたら断れないとか、いろいろあるんだろうなあ。

大ちゃんも真央ちゃんも選手の皆様も、ムリすることないよ。
羽生くんも、身の危険感じたら、海外に逃げた方がいいよ。
みんな、自分の体のことと、これからのことをいちばんに考えて。
あとは、連盟の仕事だよ。

ただでさえ、マスコミが「どうするんですかどうするんですか」って、うっるさいのよ。
私にいわせりゃ、むしろ、あんたらの方がないわ~マジないわ~
大ちゃんと真央ちゃんなら、時期が来たら、きちんと話してくれるんだから、それまでおとなしく待っとけっつーのよ。
ただでさえ、日本に帰ってきてからも、ゆっくり休む暇もないんだよ。
怒涛のこのスケジュールだよ。

た~の~む~わ~


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
↓ブログランキングに参加しています。応援いただけると、嬉しいです
コメント&トラックバックは承認制をとっております。反映されるまで時間がかかる場合もありますが、よろしくお願いいたします。



人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと嬉しいです

関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。