*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして場外乱闘のゴングは鳴った
実は、あっこちゃんの写真を見た時に思ったことがもうひとつあって。
「ああ。この子たちが巻き込まれなくてよかった。」
という気持ち。
いろいろ書いていくと、ブラックになりそうだったので、キラキラな大&真央の写真と一緒にしたくなくて、別記事にしました。

私は語彙が圧倒的に足りないので、脚本家の井沢満さんの言葉を紹介させてもらいます。

「金は汚い細工もうごめく人の世のメダルだが、浅田真央が手にしたのは光のメダルだ。」
( 「人はなぜ滑るのだろう」井沢満ブログ )

そう。
光のメダルだから、その輝きは曇ることも汚されることもないの。
世俗の欲を超えたところにあるものだから。

あの、ドラマのような、映画のような、「伝説」として語り継がれるような、真央ちゃんのフリーの興奮から覚めて、プロトコルを見てみれば、緻密に計算された作為と悪意の塊がそこにあった。
ジャッジは真央ちゃんを勝たせるつもりはなかったんだと、私は思った。
滑走順が後か先かの問題じゃない。
もし真央ちゃんがSPをミスなく滑り、最終グループであのFSを滑っていたら、今回の点数すらもらえていなかったんじゃないかという気すらする。
「金」はとれなかっただろう。
重箱の隅をつつくような-ホントはいくらつついても何も出ないような-減点で、得点は伸びず、私たちはまたもキスクラで真央ちゃんの悲しい顔を見ることになっていた。多分・・・。
そして、皮肉だけど、あのフリーは真央ちゃんがずっと背負ってきた「メダル」という重圧から解放されたからこそ生まれた奇跡のようにも思う。
天を見上げた真央ちゃんの涙は本当に美しかった。

----------------


【ソチ五輪】「真央 日本の誇り」 称賛やまず フィギュア  産経新聞 
 ソチ五輪のフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)で失敗しながら、20日(日本時間21日)のフリーで見事に復活した浅田真央(23)。「支えてもらったたくさんの方々に恩返しができた」。悲願の金メダルはかなわなかったが、「10人抜き」で6位に入賞。うれし涙の浅田に、国内外から称賛の声が集まった。
 ▼ツイッター
 「10代の頃の笑顔が戻ってきて安心した。長い間夢を見させてくれてありがとう」。浅田のフリーの演技後、国内のファンは続々とこみ上げる思いをツイッターに書き込み、インターネット上には称賛の言葉があふれた。
 SPの不振という逆境をはね返した浅田に「ジャンプのたび息をつめて拳を握りしめてしまった。底力を見せてもらった」。演技後、うれし涙を見せた浅田に共感した人も多かったようで「涙無しには見られなかった。日本の誇り!」「天国のお母さんも喜んでいるね」との言葉を寄せた。
 浅田をたたえるツイートは国内外の選手からも相次いだ。10代の頃から浅田と切磋琢磨(せっさたくま)してきた安藤美姫さん(26)は「ありがとう!!! やっと彼女らしく滑れたんじゃないかな!!! かっこよすぎでしょ」とねぎらった。
 2006年トリノ五輪の覇者で、今大会の個人戦はけがで出場できなかったロシアの「皇帝」、エフゲニー・プルシェンコ(31)は「真央は本当に素晴らしかった。特にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)はよかった。君は真のファイターだ」とツイートした。
 高い表現力でファンを魅了した1998年長野五輪女子の銀メダリスト、米国のミシェル・クワンさん(33)は「真央の姿に涙した。一生忘れない演技だった」。
 2010年バンクーバー五輪銅メダリスト、カナダのジョアニー・ロシェットさん(28)も「真央!なんてスケート!なんてファイターなの!」と興奮した様子だった。
 称賛は中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」でも。「人の息を止めさせるほどの素晴らしい演技。金メダルは獲得できなかったが、すべての人の尊敬を得た」「涙が止まらなかった。努力する人は永遠に美しい」などと書き込まれた。

 【フィギュア】真央に称賛の声!美姫「メダルより価値のあるもの見せてくれた」 スポーツ報知
◆ソチ冬季五輪第14日 ▽フィギュアスケート女子フリー(20日、アイスベルク・パレス) 女子フリーで、浅田真央(23)=中京大=は今季初めて大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、自己ベストの142・71点をマーク。合計198・22点でSP16位からフリー3位で6位まで巻き返し、10年バンクーバー五輪銀メダルに次ぐ2大会連続の入賞を果たした。
 真央は世界中のトップスケーターを感動させた。ツイッターには称賛の声が次々に上がった。
 安藤美姫(10代の頃からのライバル)「メダルよりも価値のある物を見せて、プレゼントしてくれたのかなと思います」
 五輪のメダリストも続いた。
 皇帝プルシェンコ(06年トリノ男子金=ロシア)「マオはグレートだった。トリプルアクセルは見事。君は真のファイターだ」
 デニス・テン(14年ソチ男子銅=カザフスタン)「素晴らしいカムバックだ!! 信じられない演技」
 ミシェル・クワン(98年長野女子銀、02年ソルトレークシティー同銅=米国)「泣けてきたわ。この演技は一生忘れない」
 アレクセイ・ヤグディン(02年ソルトレークシティー男子金=ロシア)「泣きたくなるほど素晴らしい」
 ジェフリー・バトル(06年トリノ男子銅=カナダ。羽生結弦の振り付けを担当)「涙がこぼれた。ありがとうマオ。華麗だったよ」
 エルビス・ストイコ(94年リレハンメル、長野ともに男子銀=カナダ)「私にとって今夜の主役は浅田真央だ」
 日本代表メンバーは真央と一緒に現地でテレビ出演。鈴木明子は「今初めて映像で見て、鳥肌が立って泣きそうになった。やばかった。努力の人だと改めて感じた」。高橋大輔はSP、フリーともに会場で観戦し「ジャンプの瞬間、自分も力が入った。SPから見ていて泣けてきた」。町田樹は「同じ空間であの演技を見て、一スケーターとして幸せでした」と賛辞を贈った。

----------------

そもそも、フィギュアは美しくて儚い氷上の華。
人の手でパーフェクトな採点ができるものではない競技。
それか、もう、いっそのこと、人の手を介さないものにするか。
テクニカルなんちゃらとかのやってること、実は、人間がやらなくてもよくない?
エッジがどうか、ジャンプの回転が足りたか、瞬時にわかるシステムとか作れるよね。その気になれば、きっと。
そうしたら、真央ちゃんが跳んだ瞬間に、マイナスのボタン押すジャッジなんか、当然存在理由なくなる。
そもそも今時、スローで再生して、人の目で確認とかなくない?
スピンは何回まわったか、スパイラルの角度はどうか。
あげていけばキリがないけど、やりすぎると、あんまりな感じはするよね。
機械に任せる部分と、人間が判断する部分が上手く折り合うと、採点も少しはマシになるかな。
人の手による項目だけがかけ離れて加点モリモリとかはあまりにも不自然すぎて出来なくなるだろうし。

なんてことをのんびり想像できるのも、真央ちゃんが「光のメダル」を手にしてくれたおかげで、この欲にまみれた騒動を高見の見物できるから。 まさに、「場外乱闘のゴングは鳴った」。

----------------

「ロシアびいき」に反発=金妍児の再審査求め署名も―韓国〔五輪・フィギュア〕時事通信 2月21日(金)16時18分
 【ソウル時事】ソチ五輪のフィギュアスケート女子でロシアのアデリナ・ソトニコワが金メダル、韓国の金妍児が銀メダルとなったことに対し、韓国では「開催地のロシアびいきの判定のせいだ」との反発が広がっている。世界的な署名運動サイト「Change.org」では韓国人を中心に、国際スケート連盟に判定の調査と再審査を求める署名運動が始まり、21日午後時点で100万人を超えた。 
 韓国夕刊紙の文化日報は1面トップに「盗まれた女王の金」との見出しを立て、海外メディアや元選手のコメントなどを引用して判定に疑問を呈する記事を掲載。「プーチン大統領の影響力が作用した」という分析も載せた。韓国内のサイトでは、金妍児に「国民メダル」を作製し、贈呈するために1000万ウォン(約96万円)を集める募金運動も登場した。

フィギュア採点方式に自信の声明=女子フリーへの指摘―ISU〔五輪・フィギュア〕時事通信 2月22日(土)6時54分
【ソチ時事】フィギュアスケート女子で、アデリナ・ソトニコワ(ロシア)が優勝した女子フリーの採点に対して一部で疑問が出ている問題で、国際スケート連盟(ISU)は21日、採点システムへの自信を示す声明を発表した。
 声明は「ISUは演技の評価は厳格、公正に努めており、競技会の適切な運営を確保するための十分な手続きが取られている」とし、特定の選手に偏った採点が行われる可能性を否定した。また女子フリーの採点に関し、公式な抗議は受けていないことも明言した。
 女子フリーの採点をめぐっては、地元のソトニコワを優勝させるために高得点が出たと一部のメディアが指摘し、ショートプログラム首位から2位になった金妍児の母国韓国でも採点への不満が噴出した。また審判の中にロシア・スケート連盟幹部の妻が含まれていたことへの疑問を呈す声も挙がっている。
 ISUは2002年ソルトレークシティー五輪のペアで採点に疑惑が生じたのを受け、より客観性が重視される現行の採点方式を04年に導入した。審判は抽選方式で任命され、各要素の評価では最高点と最低点を与えた審判の評価は除外されるなどの手順が取られている。

金ヨナ採点の確認求める韓国側要請、IOC拒否 読売新聞 2月22日(土)19時1分
 フィギュアスケート女子で韓国の金妍児(キムヨナ)が銀メダルに終わったことを受け、採点を不服として正当性の確認を求める要請が韓国側から出されたが、国際オリンピック委員会(IOC)は22日、これに応じない立場を示した。

----------------

<声明は「ISUは演技の評価は厳格、公正に努めており、競技会の適切な運営を確保するための十分な手続きが取られている」とし、特定の選手に偏った採点が行われる可能性を否定した。>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

世の中に、こんなに空々しい言葉ってあるのね。
でも、こんなことではあの国の人々はおさまらないと思うよ。
ISUにも「あの国のあの法則」発動ですな。

恩を仇で返すとはまさにこのことか。
あんな低難度のマンネリプロで銀メダルをもらえたんだから、感謝こそすれ訴えるとかありえないはずなのに。
すごい。
さすがだ。
いっそのこと、ジャッジもISUもバンクーバーまでさかのぼって、暴露しちゃえばいいのにね。
団体戦の後、リプニツカヤ選手も粘着されてかわいそうだったけど、ソトニコワ選手もいい迷惑(でも、日本と違って、ロシアは選手を守るよね)。
プーチンさんのFBを炎上させるとか、すごいわ。
いいぞ~(棒)
その調子~(棒)
もっとやって、世界中に、あの国と付き合うのがいかに大変か、わからせてちょうだい。

でもね・・・・。
なんだか、虚しさがこみ上げてくるのよ。

「え?そっち?そっちなの?」
って。

----------------

五輪=ソトニコワの金採点に疑問、ビットさん「理解できない」  [ソチ(ロシア) 20日 ロイター]
 ソチ五輪のフィギュアスケート女子フリーは、地元ロシアのアデリナ・ソトニコワが自己ベストを記録して優勝した。しかしジャッジには批判の声も上がっている。
 ソトニコワはコンビネーションジャンプの3回転フリップ─2回転トーループ─2回転ループの最後で着地に失敗しながらも、シーズンベストを18点以上更新。キム・ヨナ(韓国)は完璧なジャンプを披露しながらも5.48点の差でソトニコワに敗れた。ただし、ソトニコワはキム・ヨナよりも1つ多い、7つの3回転ジャンプに成功している。
1984年と88年の五輪で連覇したカタリナ・ビット(ドイツ)さんは、テレビ解説で「このジャッジは理解できない。信じられない」と発言。
7位に入ったアシュリー・ワグナー(米国)は競技後、「ジャンプに失敗した人が成功した人よりも高い得点を挙げる競技は誰も見たくない。観客のためにクリアにしなければならない」と批判。「ジャッジは匿名であってはならないし、採点の責任を取るべき」と不満を表した。
 母国に同種目初の金メダルをもたらしたソトニコワは、「スコアに疑問があるのであれば、それはジャッジに向けられるべき。わたしは自分のすべきことをしただけ」と話した。

----------------

「カタリナ・ビット」と言えば、子供の頃の私の憧れでした。子供心にその美しさは強烈に焼きついたものです。
ビットさんはホントに「キムヨナの方が上」という意味で言ったのかな。「キムヨナが金メダルを獲るべきだ」と。
すぐに消息不明になるようなへっぽこブログでも、フィギュアの採点のおかしさを書いてきましたが、まさか、よもや、 「キムヨナが金メダルにふさわしいのに」という方向から、その論議が盛り上がってくるとは思いませんでした。
日本でも、そういう意見の人はいるようで、私からすれば、何故、バンクーバーの時に「浅田真央こそ金メダルにふさわしい」という議論にならなかったか、残念で無念で悔しくてなりません。
それとも・・・。
それとも・・・。
私こそが間違っているのか。
実は。
あの選手はあの加点にふさわしいだけのものを持っているのか。
あの選手の実力にふさわしい得点と成績なのか。
あの回転不足やエッジエラーの見逃しもすべて「偶然」で、故意ではないのか。
あの体の硬さゆえの、スピンやスパイラルは、実は美しさなのか。

・・・・・・

そんなわけねぇぇぇぇぇ~

三分くらい、考えてみたけど、やっぱりそうは思えなかったワタシです。
まあ、でも、きっと「浅田真央」という天才少女のために、ルールを変えたり、いろいろ忙しかっただろうけど、これからはロシア勢の快進撃が続いて、ヨーロッパと北米の選手たちも育ってきて、フィギュアも「正常化」していくのかもしれないな。何事もなかったかのように。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
↓やはりアシュリー。物申してきましたね。ソトニコワも引かない引かない。アメリカとロシアという大国の選手たちが羨ましかったり・・・。
ブログランキングに参加しています。応援いただけると、嬉しいです
コメント&トラックバックは承認制をとっております。反映されるまで時間がかかる場合もありますが、よろしくお願いいたします。



人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと嬉しいです
関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。