*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大ちゃんと荒川さんのP&Gトークイベント-「限界のその先へ」
前回、アイスショーの記事を書いて、気分が乗ってきたので、引き続き、大ちゃんネタいきます
(そういえば、だいたひかる、見ないなあ)

ワタシ。
先日、コレに行ってまいりました~



グローウェルグループの店舗でP&G対象商品購入1000円につき一口で、「高橋大輔選手と荒川静香さんのトークショーが当たる!」というキャンペーン

が、この「グローウェルグループ」の店舗が我が家の近くにはない。
つーか、そもそも東京にお店少ないしっ
HPで店舗検索をして、レシート有効期限の最終日、買い出しに出かけました
が、そこはヌケサクのワタシらしいというか、目指したお店がよりによって「調剤薬局」で土日は休み・・・。
萎えそうになりましたが、サンサンと日が照りつける中、根性で、歩き&バスで移動。
よろよろと辿り着いたドラックストアで、ムスメのパンパースを買って帰ったのでした。
(オムツ買うのにどんだけ時間とおカネ、かかってんの
「これだけ頑張ったんだから、当たってよ・・・」と願いを込めて投函したハガキのことは忙しさに紛れて、アタマの片隅に追いやられていたのですが。
いろいろあって凹んでいたある日。
当選通知が届いたのでした~
神様、ありがとう
(同じキャンペーンがイオングループでもあったことを後日知りました。私が当たったグローウェルの方が東京だと店舗数も少ないし、結果的には、当たりやすかったのかもしれません。)

で、6月30日。
いそいそわくわくして、日比谷に行ってまいりました~
とても幸せな時間でした~

荒川さん。うつくし~
大ちゃん。かっこカワエエ

個人的には、司会の方の「セクシーでワイルドな選手になられて・・・」 という言葉に対して、大ちゃんが「母が僕にセクシーさを期待していたかはわかりませんが」 と照れながら言ったあたりが一番のツボ。会場も爆笑の渦。

荒川さんはまさに「クールビューティ」そのものでした。
受け答えもソツがなく、嫌味もなく、オトウトの大ちゃんは「素敵なお姉さん」に助けられることもしばしば。
荒川さんがフリップに記入している間、司会の方と大ちゃんのふたりでは間が持たなくなるような感じがあって、おばさんはちょっとはらはらしてしまったよ。

ステージの上の大ちゃんは、ちょっとイケメンな照れ屋の普通のお兄ちゃん。 
まさに、「コンビニの前でたむろっている集団がいたらビビる」ような、ね。
それが、リンクの上だと豹変するんだもんなあ
なんだろう。
高橋選手って、まちがいなく、稀有なすごいスケーターだと思うのですが、そのすごさって、日常とリンクとのギャップからくるのかな。内に秘められたものが短い時間にば~っと放出されるような輝きがハンパない。
「高橋選手が子供の頃、おじいちゃんおばあちゃんっ子で、おとなしくて、「箱入り」だったという話を聞いて、今まさに「内弁慶の箱入り」のムスメに悩まされているハハは力をもらったのでした。 大ちゃんは「おとなしちゃん族」の希望の星です

で、大ちゃんがソチに向けての思いを書いた言葉がコチラ。

「優勝!
出しきる!
最高に楽しむ!+α」

はっきりとソチが「現役のリミットと決めている」と大ちゃんの口から出た時は会場もざわざわ。私も「やっぱり・・・」と思いつつ、衝撃でした。
けれど、その後、「もうやり残したことはないと思えるくらいに、限界を超えたと思えるくらい、やりきりたい。」と大ちゃんが迷いなく言った時、 今の大ちゃんなら、自分を追い込んで、誰もたどり着けないような高みまで行っちゃって、「限界のその先」を見せてくれるだろうと信じられて、確かにさびしいけれど、同時にワクワクもしたのでした。
で、、その「自分がやりきったと思えた時に、優勝があったらなおいい」みたいな言葉があったんですけど。
なにしろ、ジャッジがいろいろおかしいフィギュアなので、選手たちは「結果」じゃないんだと、「どれだけ自分がやりきるか」 なんだと思わないと、フィギュアという競技を続けるのはむずかしいのかな、なんていう思いもよぎったのでした。ええ。ワタシの深読みですけどね。

荒川さんは今後の目標として、こう書かれていました。

「人としての感情を大切に
人間活動」

トークショーの間も、クールビューティっぷりを遺憾なく発揮して、本当に頭がよくて、知的で、ソツのない人だなあと感心することしきりだったのですが。
「感情に流されずに、仕事をできるように自分をコントロールしてきたけれど、最近、そういう生活が続いて、感情を切り離しすぎて、人間らしくなくなってきた気がする。彩り豊かな、おもしろい人間になりたい。 」
という言葉に、完璧に見える荒川さんが身近に感じられたのでした。

トークショーの最後には、大ちゃん&荒川さんとの記念撮影もありました。
70名ぐらいのグループに分けての撮影が10回ほどあったでしょうか。
毎回、笑顔で応じてくださったお二人に、ただただ感謝です。
一週間後には早速、写真が届きました。事務局の対応も早い!
本当に感謝感謝。 我が家の家宝です

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。応援いただけると、嬉しいです
コメント&トラックバックは承認制をとっております。反映されるまで時間がかかる場合もありますが、ご理解いただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと嬉しいです
関連記事

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : 高橋大輔 荒川静香 フィギュアスケート

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。