*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「参院議長が予算案の受け取り拒否」を報じない日本のマスコミの怪
人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

衆議院質疑もひとまず終わり、「嵐」のCDなど聞きながら、この一ヶ月の国会を振り返りつつ、ゆっくり記事を書こうと思っていたのですが・・・実は、ひとりでカンチガイして、クルクルして、疲れちゃいました。アハハ。ええ、すべては私が単細胞なことが原因です
前回記事(「真夜中国会」)世耕議員(自民党・和歌山県選出の参議院議員)のこちらのツイッターをご紹介した時は、本当に受け取り拒否なんてするのかなと半信半疑だったんです。

「歳入関連法案を採決しないまま予算だけを送ってくるという民主党政権の暴挙。民主党出身の西岡議長も問題視しています。憲法が規定する自然成立は「参議院が受け取ってから30日」なので、「院として受け取れない」という姿勢で臨んでいます。」
(自民党・世耕議員の本日のツイッター)

でも、18時頃、夕食のホイル焼きが出来上がるのを待っている間に、ちょこっとツイッターをチェックしたら、世耕議員このような書き込みが

西岡議長が歳入関連法案を切り離して送ってきた予算案の受け取りを拒否。明日の予算委員会は流れました。私は登板予定だったので、肩すかしですが、明後日、よりよい質問ができるように準備を進めます。」
「西岡議長は民主党出身ですが、憲政の常道を重視し、フェアな判断をされていると思います。」
(自民党・世耕議員の本日のツイッター)


ちょちょちょ、待ってよ これってこれってつまりどういう意味なの。民主が「真夜中国会で予算案採決」なんて非常識なことまでやって、昨日ムリヤリ、参議院に来年度予算案を送ったのって、「日付」に重要な意味があったからだよね。
なのに、参議院が予算案の受け取りを拒否したってことは、関連法案のみならず、予算案自体、「30日ルール」による年度内成立ができなくなったってことなの。
    
日本国憲法第60条 
予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。
2 予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて30日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

「どういうことどういうこと?えーん、政治素人には世耕議員のツイッターだけじゃ、意味がわからないよぅ。誰か解説して~」と思っても、夕方から、テレビのニュース番組(自称)をつけっぱなしにしているにもかかわらず、国会関連のニュースは「衆議院で予算案が可決され、年度内の成立が確実になった」とか「民主党の16名の造反議員の処分」とかを申し訳程度に流して終わりで、「参議院議長が予算案の受け取りを拒否した」とはひとっことも報じない。
ネットニュースを検索しても、グーグル検索かけても、この件についての解説は出てこないし。
一庶民の私が18時に知り得た情報を報道記者たちならずっと早く知り得ているはずなのに、さすがに、おかしいだろう。こんな前代未聞の「裏ワザ」、速報で流してもいいくらいだと思うぞ。最近は速報の音に、「何か事件?」とドキッとしたら、「え?これ速報で流すこと?」っていうのよくあるじゃん、とか。
参議院の議長が民主党の西岡氏だから、マスコミはどういう切り口で野党を叩くかの方針を決めるまで、報じないつもりなのかなあとか。
少ない情報でいろいろ考えて、「あーん。わかんないよぅ。誰か解説して~」とぐるぐるしちゃいました。

さらに、ワタシを混乱させたのが「プライムニュース」(BSフジ)。
昨日のテーマは『どうなる予算関連法案 生活・経済は大混乱? 城島光力VS片山さつき』 (←このタイトル自体が世論誘導だと思うナリよ)で、片山さつき参議院議員(←ここでの片山さんは自民党の人選ミスだと思う)がゲスト出演しているにもかかわらず、「衆議院で来年度予算案が可決!これで年度内の予算案成立は確実!」というスタンスで、冒頭からずーっと「問題は予算関連法案の成立」と繰り返すんですね。
その時点では、私は、予算案の年内成立が流れたんじゃないかと大カンチガイしていましたので、またマスコミが情報を隠蔽してやがる、許せんわと、番組に意見を送りました。
私の意見などはまったく関係ないと思いますが、番組開始後30分弱経過したところで、ようやく、「予算案受け取り拒否」のはなしがほんのちょこっと出ました。
この時は、子供をお風呂に入れる直前でよく内容が聞き取れなかったのですが、お風呂に入っている間にふと、「あれ?ワタシ、カンチガイしてたかも・・・」と気づいたわけなのです。

そう。3月は31日まであることをっっ
ホント、恥ずかしいわ~
だから、受け取りが2日になっても、30日ルールで予算案は年度内成立するんですね

でも、自分がオッチョコチョイの早合点の単細胞なことを棚に上げて言っちゃうけどさ。
報道番組を名乗るならば、「参院議長が予算案の受け取りを拒否した」という前代未聞のことが起きちゃった経緯をしっかり報じて、予算案を2日に受け取るか、それとも3日以降に受け取るかでは、今後の流れがどのように変わるのかということをしっかり解説すべきだと思うんですよ。
参院が予算案の受け取りを拒否している状態で、そこをスルーして、 「予算案が衆議院を通過して、年度内の成立が確実になった」としか報じないのは、参議院の軽視以外の何物でもない
んじゃないのと。
やっぱり、こんな大切なことをひとことも報じない日本のニュース番組は明らかにおかしいと思う。 今のところ、私が見たのは「スーパーニュース」と19時台のNHKニュース、そしてこの「プライムニュース」だけですが。

以下、「プライムニュース」における一分程度のやり取りです。
片山さ~ん。混乱するから、大事なところで、日付を間違わないで~



テロップ「どうなる?来年度予算案 参院議長「受け取り拒否」」

片山議員「テレビの皆様が専門的にご存じでないことは、30日ルールがありますよね。予算の。だから、自然成立に年度内になるだろうというところまで待っているようにしか見えないんですよ。だから、民主党から選ばれた西岡議長がそれはあまりにも憲法上のルールを逆手にとってバカにしていないかと言いたくなるのも当たり前で、だから、3月1日に予算を受け取るのか2日に受け取るのかは大きいんですよ。30日計算してください
その間、まったく歳入の方に歩み寄りの意識を見せてないのは、早く一緒に送ってしまって、当然我々は一貫して、否決しますから。否決してしたら、三分の二条項を使うかどうかでもう一回戻るわけですよ。戻すわけですよ。そして、どうにもならなくなってしまう事態を避けたいから、衆議院でたなざらしにしているというのがだれの目からも見えるので、あまりにも不真面目だから受け取らないわけですよ。」

反町キャスター「西岡さん、確かに今日、参議院軽視であるということでお怒りのようだったんですけれども、官房長官の釈明を明日議運で受けて、明日引き取る形でとして話が着く方向のようですね。明日からだったらば、30日ルールで、3月31日で30日でセーフですよね。おそらく。」

片山議員「まあね。ただ、2日なのか3日なのかって話もありますねぇ。」

反町キャスター「3日になったらちょっと困るんですけどねぇ。はい。」




ちなみに、プライムニュースの昨日のテーマ「どうなる予算関連法案 生活・経済は大混乱?」の答えですけど、大したことないですよ。つーか、前にも書いたけど、ちょっとの間、痛みがあったって、「四年間」も民主党に政権を任せることの方がよっぽどトンデモだよっ
自民党はこのように言っていますが、メディアはまったく報じません。「野党だから仕方がない」っていう話でもないことはもう明らかですよね。




新年度、国民生活に本当に必要な予算の執行は可能です。
民主党は、予算が4月までに成立しないと国民生活に大混乱が起こるようなことを言っていますが、そのようなことはありませんし、「大混乱が起こる」と喧伝すること自体、政権与党としての責任放棄です。実際、政府は財政法第30条により必要に応じて「暫定予算」を編成することができます。これにより、税収や短期国債の借り換えなどで予算の執行ができるため、マニフェスト以外の国民生活に関連する一般的な政策や継続中の公共事業等の経費は確保され、実施可能となります。年金の支払いが滞ることもありません。
自民党が政権にあった時は、「ねじれ国会」でも「つなぎ法案」などにより予算関連法案の成立が遅れても、国民生活に支障が出ないよう、最大限の努力をしてきました。ところが、民主党政権は「予算が年度内に成立せず、大混乱が起こるのは野党の責任」と言わんばかりで、自らは何の対応も取ろうとせず、政権与党としての自覚も責任感も全く感じられません。
http://www.jimin.jp/jimin/re-seiken/pdf/035.pdf
↑自民党の予算案のパンフ。二枚目の表は国会質疑でも何度か登場していますね。



自民党の政権下では「オール野党」だった日本のメディアは今ではすっかり「オール与党」ですから、「野党が党利党略ばかりで、解散ばっかり言うけど、国民生活が混乱していいのか」「与野党の責任のなすりあいをしていても国民には関係がない。それは永田町だけの論理だ」を繰り返して、国民の不安やいら立ちをしきりに煽ってきますけど(書き起こしついでに録画していた「プライムニュース」を見ていますが、民主党の城島議員と反町キャスターの出来レース的なナアナアぶりがハンパない 片山さん、あんまり好きじゃないけど、気の毒になってきた)、自民党はね、「政策論議」をしてるんですよ。民主党の「愚策」や「インチキ」の中身をろくに報道せずに、「政局ばかり」にすり替えてくる手法はもう飽きました~
それに、本来もっとも国民の生活に責任を負うべきは与党でしょうよ。与党の責任はどこいった~
国民新党の下地さんは、NHKの国会中継の日に堂々と「「政策よりも、政権の安定が最優先」と言っちゃってましたが、民主党は「国民の生活が第一」なんでしょ~
(「プライムニュース」にゲスト出演した城島民主党議員が「予算関連法案への向き合い方」の提言で、「国民の生活が基本」と書きました。「国民の生活のためにこそ、我々議員がいる」らしいです。アホくさ~)

以前(子ども手当ばらまいときゃ、主婦はこっちのものだとか思うなよ)にも「夕刻の備忘録」様の記事を一部転載させていただきましたが、結論はここしかないと思います。 明日からの参議院自民党チームの質疑に期待

論客揃いの参院自民 「ポスト菅」を“狙い撃ち” 首相退陣による民主復活を阻止(2011.3.2産経)より一部転載。この記事によると、今日付けで参院は予算案を受け取りそうな感じですね。

「参院自民党幹部が名付けたスローガンは「一人一殺」。特に「ポスト菅」とされる閣僚らには、過去の言動や行動、政治とカネの問題などを徹底的に洗い上げ、代表選に出られないようなダメージを与えることを狙う。」





民主党とその支持者達は、野党が妨害したと騒ぐつもりだろう。国民生活に最も大きな影響を与える国家予算の審議を野党が、とりわけ自民党が妨害したことは許せないと大騒ぎする予定である。
確かに予算が通らなければ、国立のあらゆる機関は四月以降、身動きが出来ない状態になる。国民生活に大きな影響が出る。しかし、既に国民生活は民主党によって充分に破壊されているのである。今さら、予算が予算がと騒がれても困るのである。それでも民主党議員は、新たな免罪符を求めて、自らの責任回避のために、攻撃すべき相手を作り出そうと躍起になるであろうが、そんな安っぽい作戦は、もはや通用しない。
今やかなりの数の国民が、自分達の生活が「亡国政府によって蹂躙されている」という自覚を持っている。既に生活にかなりの影響が出ている。年度末で予算成立の時期であるから、それを新たな人質にとって、自己正当化を試みる民主党のやり方は、既に熟知しているのである。

破壊するなら破壊せよ!
我々は、それを受け容れる心の準備が出来ている。
問題は、その「期間」だけなのである。

民主党政権がこのまま続き、更なるレベルで、日本のあらゆる美点が損なわれ、経済的にも文化的にも破綻していくのならば、「短期の混乱」は受け容れよう。それが一ヶ月なのか、半年なのか、一年なのか。何れにしても、これから二年三年と民主党政権が続くことよりは、破壊のレベルも深刻度もより小さい。我々は短期的な混乱を受け容れてでも、民主党政権を屠ることに邁進しなければならない。もはや国民は、予算成立を喜ぶレベルにはない。安心も安全も我々の手元にはもう無いのである。

民主党のあらゆる延命工作を無効化していかねばならない。当然、返り血も浴びるだろう。無事では済まない分野も、人も出て来るだろう。しかし、民主党は悪性腫瘍なのである。手荒い外科手術をも甘んじて受け容れ、これを駆逐せねばならない。全身に転移してからでは遅いのである。「癌細胞の転移に対して時間を与える」ような行為を見逃してはならないのである。

間もなく国会が始まる。新たなる混乱の幕開けである。
我々は混乱を恐れず、これに動揺せず、焦らず騒がず、自らの不利益になることも甘んじて受け容れ、民主党殲滅に向けて、歩を早めていかねばならない。

早く楽になりたいからである。
早く普通の国家の、普通の国民に戻りたいからである。
それは今を耐えてこそ、はじめて可能となる。

断末魔の「問責ドミノ内閣」(「夕刻の備忘録」様) より一部転載)





にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。
コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ 
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。  



↑メディアが報じないたくさんの情報と、動くヒントがここにあります。

flower.gif img-touhyou.gif  img_convert_20110130011508.jpg
↑無所属だけでなく、「小沢隠し」にも騙されないようにしましょうね
「小沢隠し」か!? 河村“減税日本”東京でも旗揚げ







関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。