*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国会中継のススメ-「暴走バス~に乗ってます~♪」
人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

子供と一緒に、「大型バス~にのってます~」という歌を口ずさんでいることが多いのですが、どうしたことか、アレ以来、「暴走バス~にのってます~」になっちゃうんですよ。
アレとは、1月28日の岩城光英参院議員(自民党・福島県選挙区)の代表質問です。
ワタシ的には、「山田くん、座布団10枚持ってきて」くらいのヒットだったのですが、マスコミはスルーなんだよなあ。ワイドショー的にも受けると思うんだけど。

第177回通常国会における代表質問 岩城光英総務部会長(自民党HPより)一部転載
(文字強調・改行はワタクシがいたしました)



自由民主党の岩城光英です。
「待てば、海路の日和有り」と言われます。しかし、我が国の現状は、「菅政権、四海波高し」であると、言わざるを得ません。いったい、いつまで待てば、海路が開けるのか。多くの国民の偽らざる心情であります。

 私は、市議・県議・市長として地方行政に携わってまいりました。地方の元気が、日本の活力につながると考えております。
 しかし、今、地方からは悲鳴とも言える声が、ひっきりなしに聞こえてまいります。農林水産業、商工業の事業主、また、行政を担っている市町村の実務者レベルの方々からも、切実な声が上がっております。それは、民主党不況とも揶揄される景気低迷により、地方経済が冷え切っているからであります。
 さらに、子ども手当や、戸別補償制度に代表される全国一律のバラマキ政策の実態や、その制度設計の不備についての不満の声があります。
 政治主導の名の下、地方自治体の行政運営に密接不可分な新しい政策等に係る政治判断が、政権のトップダウンでいきなり決定され、その後、理解を求めていくという手法は、民主党の言う“地域主権”とは相容れないものであり、そのため、様々な混乱が生じております。              

 今、これら、切実な声、不満・憤りの声が47都道府県に渦巻いている、と言っても過言ではありません。
 このようなたとえ話が囁かれております。

一丁目一番地に「乗客のことは乗客が決める」というバスが、停車していた。
47人が期待して乗り込んだ。
しかし、バスは発車時刻を過ぎても動かない。
しばらくすると、運転手は何もしないまま降りてしまった。呆気にとられていると、新しい運転手が、乗り込んできて、行く先は、“一括交付金”と叫び、急発進した。乗客が次々と転倒して車内は大混乱におちいる。
こんなひどい運転は初めてだと言う乗客に、
運転手は「仮免許だから」と開き直っている。
バスが補助金の「総額削減方面」に向かっているようだと気付いた乗客が、降りたいと言っても、運転手は聞こえないふり。
すると突然、「子ども手当の路線を維持するため、料金をいただくことにしました。お支払いください」というアナウンスが流れて車内は騒然となる。
 「話が違う。支払わない」と言う乗客に、運転手は「料金を決めるのは私だ。」とうそぶいている。
「乗客のことは乗客が決める」という言葉に騙されたと気付いたが、バスは暴走していて、とても降りられそうにない。

 菅総理、このバスに乗せられた人たちの気持ちを是非お考え下さい。 

 いったんバスを止め、乗客も運転手も共に自転車に乗り、自らハンドルを握り、ペダルを漕いで一緒に進む ―― そのような姿勢で、地方分権のあり方を目指しては如何でしょうか。


・「仮免許だから」のあたりで、議場は大笑いに包まれました。ワタシも「うまい!」と拍手喝采でありました。 ぜひ動画でもご覧くださいね



正直に懺悔しますと、ワタシ、この日の代表質問する議員の方々のお名前をテレビ欄で見た時に、「せっかくのテレビ中継なんだから、自民党ももっと厳選したらいいのに」と思ったんです 
この日は、有村治子議員(自民党・比例)の代表質問もあったのですが、本当に素晴らしくて、自分の不勉強を棚に上げて、何をエラそうに言っていたのかと、恥ずかしい限りでした




考えてみると、政治に興味もなく、ただ「自民党はダメだ」「日本の政治家はダメだ」と思っていた頃、じゃあ、具体的にどんな議員のどんな活動を知っているかといえば、ほとんど知りはしなかったんですよね。
ただ、マスコミが垂れ流す情報を斜め読みして、自分で調べようともしていなかった。
政治に関心を持ち始めて、気持ちがウツウツとしてしまうことが圧倒的に多いのですが、よかったなと思う数少ないことの一つは、「同年代の政治家や官僚って、こんなにもすごいんだ」という、感動に近い驚きを何度も味わえることです。
有村議員も、丸川珠代議員も、今、ネット界でフィーバー中(←アラフォー用語?)の中野剛志(経済産業省のキャリア官僚)さんも、ワタシとほぼ同年代。
なんというか、自分と年の変わらない方々がまさに「国を動かしている中枢」になろうとしているのを目の当たりにできるのって、幸せなことだなと思います。ものすごい力と勇気と光を与えてくれますね。

あ、話がやや逸れましたが、強引にまとめると、メディアは国会質疑のごくごくごくごく一部を報じているだけですから、気をつけましょうねということを言いたかったんです。
特に、民主党政権になってから、ニュースがスッカスカになったと思いませんか。国会の会期中だというのに、国会の質疑の様子がほとんど取り上げられないって、おかしいでしょ。
メディアに切り貼りされた国会質疑などではなく、国会中継をまるっとご覧になることをオススメいたします
オーソドックスに録画するとか、動画サイトや衆参議院のHPを利用したりとか、いろいろ方法はあると思います。
ちなみに、アナログ人間の私は「文字」の方が頭に入るタイプなので、全文をプリントアウトして、マーカーしながら復習しました。
さすがに、「国会中継される代表質問」だけに、議員の方々が練りに練った内容で、ものすごーく勉強になります。
世耕議員(自民党・和歌山県選挙区)のブログによると、「質問者が集まってブレインストーミングして、質問内容の分担を協議する場も持った。」とのことで、各議員の得意分野を生かし、かつ、各議員の質問内容を通して読むと、今の日本の現状と問題点が網羅されているという、素晴らしい内容だと思いました。
 
以下のリンクはすべて「自民党HP(トップ-政策-国会トピックス)」に掲載されているものです。
自民党のHPには「ダイジェスト」記事しかない、自民党はメディアに取り上げられないのはわかってるんだからさ、とっとと、「国会質疑アーカイブ」を作れと、ぶつくさいってきましたが、HPにありました~アハハ ごめんね~ だって、わかりにくかったんだもん・・・・ (ということに、記事をアップしてから気づいたので、リンクを直して、再アップ)
代表質問だけでなく、予算委員会の分もアップして欲しいなあ


1月26日
第177回通常国会における代表質問 谷垣禎一総裁
第177回通常国会における代表質問 小池百合子総務会長


↑私の頭の中で、「お前なんか、一生ダボスに行ってろ!二度と帰ってくるな!」と脳内変換された小池さんの素晴らしい演説。野次がものすっごかったのですが、にっこり微笑み返しする小池さんの肝のすわりっぷりがハンパない。


1月27日
第177回通常国会における代表質問 中曽根弘文参院議員会長

1月28日
第177回通常国会における代表質問 岩城光英総務部会長
第177回通常国会における代表質問 ありむら治子参議院議員



以前にも書きましたが、人間性や品性が剥き出しになる「国会中継」はドラマよりもおもしろいと、私は本気で思っていますよん
今日は午前中から、衆議院の予算員会で、自民党議員の8連発質問があるようで、民主党をメッタメタにしてくれるんじゃないかと、楽しみです  ぜったい見なくちゃ




にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。
コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ 
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。  



↑メディアが報じないたくさんの情報と、動くヒントがここにあります。

img.gif flower.gif img_convert_20110130011508.jpg
今、地方で、事実上の「外国人参政権」を認めるような動きが拡大しています。
北海道の森林買収問題、池袋のチャイナタウン化、新潟及び名古屋での中国総領事館移転などの問題もあります。
今、地方も危ない!
<参考記事>  
「生駒市:外国人地方参政権」市民の意見は無視 (やまと新聞)
22市町に外国人住民投票権 自治体の無警戒さ浮き彫りに(産経新聞)
【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】
全国要検討制度一覧「ひのもと交差点」様
北海道の森林買収(北海道道議会議員小野寺まさる氏のHP)  

  
 



関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。