*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
番外編-「戦後レジームからの脱却」を私なりに解釈してみました
人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

安倍元総理が講演で話された「靴磨きの少年の話」を皆様はご存知でしたか。そして、こちらの写真を。


ccf88728cfd14f9b96c32ec4779dcce2.jpg


「靴磨きの少年の話」を聞きながら、この「焼き場に立つ少年」の姿が脳裏をよぎった方も多かったのではないかと今は思いますが、私は恥ずかしながら、政治について学び始めた昨年になってようやく、二人の少年のことを知りました。
長くなりますが、産経新聞の記事(2007年11月6日)を転載いたします。
(※前回の記事にも書きましたが、産経のHPがおかしくなっているので、リンクを貼れません)



 81歳、進駐軍兵士だった元ハワイ州知事、ジョージ・アリヨシ氏=写真=から手紙(英文)が、記者の手元に届いたのは今年10月中旬だった。
 親殺し、子殺し、数々の不正や偽装が伝えられる中、元知事の訴えは、「義理、恩、おかげさま、国のために」、日本人がもう一度思いをはせてほしいというものだった。終戦直後に出会った少年がみせた日本人の心が今も、アリヨシ氏の胸に刻まれているからだ。
 手紙によると、陸軍に入隊したばかりのアリヨシ氏は1945年秋、初めて東京の土を踏んだ。丸の内の旧郵船ビルを兵舎にしていた彼が最初に出会った日本人は、靴を磨いてれくれた7歳の少年だった。言葉を交わすうち、少年が両親を失い、妹と二人で過酷な時代を生きていかねばならないことを知った。
 東京は焼け野原だった。その年は大凶作で、1000万人の日本人が餓死するといわれていた。少年は背筋を伸ばし、しっかりと受け答えしていたが、空腹の様子は隠しようもなかった。
 彼は兵舎に戻り、食事に出されたパンにバターとジャムを塗るとナプキンで包んだ。持ち出しは禁じられていた。だが、彼はすぐさま少年のところにとって返し、包みを渡した。少年は「ありがとうございます」と言い、包みを箱に入れた。
 彼は少年に、なぜ箱にしまったのか、おなかはすいていないのかと尋ねた。少年は「おなかはすいています」といい、「3歳のマリコが家で待っています。一緒に食べたいんです」といった。アリヨシ氏は手紙にこのときのことをつづった。「この7歳のおなかをすかせた少年が、3歳の妹のマリコとわずか一片のパンを分かち合おうとしたことに深く感動した」と。
 彼はこのあとも、ハワイ出身の仲間とともに少年を手助けした。しかし、日本には2ヵ月しかいなかった。再入隊せず、本国で法律を学ぶことを選んだからだ。そして、1974年、日系入として初めてハワイ州知事に就任した。
 のち、アリヨシ氏は日本に旅行するたび、この少年のその後の人生を心配した。メディアとともに消息を探したが、見つからなかった。
 「妹の名前がマリコであることは覚えていたが、靴磨きの少年の名前は知らなかった。私は彼に会いたかった」

 記者がハワイ在住のアリヨシ氏に手紙を書いたのは先月、大阪防衛協会が発行した機関紙「まもり」のコラムを見たからだ。筆者は少年と同年齢の蛯原康治同協会事務局長(70)。五百旗頭真防衛大学校長が4月の講演で、元知事と少年の交流を紹介した。それを聞いた蛯原氏は「毅然とした日本人の存在を知ってもらいたかったため」と語った。記者は経緯を確認したかった。
 アリヨシ氏の手紙は「荒廃した国家を経済大国に変えた日本を考えるたびに、あの少年の気概と心情を思いだす。それは『国のために』という日本国民の精神と犠牲を象徴するものだ」と記されていた。今を生きる日本人へのメッセージが最後にしたためられていた。

 「幾星霜が過ぎ、日本は変わった。今日の日本人は生きるための戦いをしなくてよい。ほとんどの人びとは、両親や祖父母が新しい日本を作るために払った努力と犠牲のことを知らない。すべてのことは容易に手に入る。そうした人たちは今こそ、7歳の靴磨きの少年の家族や国を思う気概と苦闘をもう一度考えるべきである。義理、責任、恩、おかげさまで、という言葉が思い浮かぶ」

 凛とした日本人たれ。父母が福岡県豊前市出身だった有吉氏の“祖国”への思いが凝縮されていた。

 終戦直後、米海軍カメラマンのジョー・オダネル氏(今年8月、85歳で死去)の心を揺さぶったのも、靴磨きの少年と似た年回りの「焼き場の少年」であった。
 原爆が投下された長崎市の浦上川周辺の焼き場で、少年は亡くなった弟を背負い、直立不動で火葬の順番を待っている。素足が痛々しい。オダネル氏はその姿を1995年刊行の写真集「トランクの中の日本」(小学学館発行)でこう回想している。

 「焼き場に10歳くらいの少年がやってきた。小さな体はやせ細り、ぼろぼろの服を着てはだしだった。少年の背中には2歳にもならない幼い男の子がくくりつけられていた。(略)少年は焼き場のふちまで進むとそこで立ち止まる。わき上がる熱風にも動じない。係員は背中の幼児を下ろし、足下の燃えさかる火の上に乗せた。(略)私は彼から目をそらすことができなかった。少年は気を付けの姿勢で、じっと前を見つづけた。私はカメラのファインダーを通して涙も出ないほどの悲しみに打ちひしがれた顔を見守った。私は彼の肩を抱いてやりたかった。しかし声をかけることもできないまま、ただもう一度シャッターを切った」

 この写真は、今も見た人の心をとらえて離さない。フジテレビ系列の「写真物語」が先月放映した「焼き場の少年」に対し、1週間で200件近くのメールが届いたことにもうかがえる。フジテレビによると、その内容はこうだった。
 「軽い気持ちでチャンネルを合わせたのですが、冒頭から心が締め付けられ号泣してしまいました」(30代主婦)、「精いっぱい生きるという一番大切なことを改めて教えてもらったような気がします」(20代男性)。

 1枚の写真からそれぞれがなにかを学び取っているようだ。

 オダネル氏は前記の写真集で、もう一つの日本人の物語を語っている。

 激しい雨の真夜中、事務所で当直についていたオダネル氏の前に、若い女性が入ってきた。「ほっそりとした体はびしょぬれで、黒髪もべったりと頭にはりついていた。おじぎを繰り返しながら、私たちになにかしきりに訴えていた。どうやら、どこかへ連れていこうとしているらしい」
 それは踏切事故で10人の海兵隊員が死亡した凄惨な現場を教えるための命がけともいえる行動だった。オダネル氏は「あの夜、私を事故現場まで連れていった日本女性はそのまま姿を消した。彼女の名前も住所も知らない。一言のお礼さえ伝えられなかった」と述べている。
 苦難にたじろがない、乏しさを分かつ、思いやり、無私、隣人愛・・・。

 こうして日本人は、敗戦に飢餓という未曾有の危機を乗り切ることができた。それは自らの努力と気概、そして米軍放出やララ(LARA、国際NGO)救援物資などのためだった。
 当時、米国民の中には、今日はランチを食べたことにして、その費用を日本への募金にする人が少なくなかった。日本がララ物資の援助に感謝して、誰一人物資を横流しすることがないという外国特派員の報道が、援助の機運をさらに盛り上げたのだった。
 こうした苦しい時代の物語を、親から子、子から孫へともう一度語り継ぐことが、今の社会に広がる病巣を少しでも食い止めることになる。(中静敬一郎)

(「やばいぞ日本-忘れてしまったもの」(2007.11.6 産経)より転載)


私は初めてこの写真を見た時、この少年に背負われた幼い弟か妹は眠っているのだと思いました。少年は、親を失い、背負った幼児と二人きりで残されたのだと。
けれど、そうではなかった。
そのことを知った時、この写真の少年の表情が、さらにもう一度、胸に迫ってくるのです。
  
この二人の少年の姿に何を思うかは、人それぞれだと思います。
「焼き場に立つ少年」の姿に、「反戦非核」の思いを新たにされる方もいらっしゃるようです。
もちろん、戦争を避けるために最大限の努力をしなければならないし、このような少年たちを二度と生み出さないために、どうしたらいいか、自分たちに何ができるか、知恵を絞って、ひとりひとりが考え続けていかなければいけないと私も思います。
 
私がいちばん感じたのは、「芯」と言ってもいいほどの「凛とした強さ」でした。
そして、それこそが、今の日本人が失ってしまった大きな大きなものなのだという、「実感」でした。
万の言葉を費やして説明するよりも、そして、戦後、日本と日本人が失ったものが目に見えず、手に入れたものが目に見えるものばかりであろうとも、「そこで果たして、この64年間、昭和天皇がうたわれた松のように、変わらなかったのかどうか」という問いの答えが、二人の少年の姿にはっきりとあるのだと思います。
そして、それは、「ただ一度の敗戦」の瞬間に失ったものではなく、まさに、戦後65年の長い時間をかけて、「日本はその姿かたちを占領軍の手によってつくりかえられたのだろう」と、今は理解できるのです。

安倍元総理は講演の中で、「憲法と教育基本法といった戦後の仕組みをもう一度根本から見直していって、私たちの手で日本を作っていくのが戦後レジームからの脱却だ」と語り、前文を読み上げて、日本国憲法の偽善と欺瞞と空虚さを指摘されるにとどまりました。
けれど、「日本国憲法が戦後レジームの要」だと断言されるもうひとつの理由には、日本国憲法が位置づける「天皇」の問題があるのだろうなと、今の私は思うのです。あの安倍バッシングの最中には、「戦後レジームからの脱却」も「美しい国へ」という言葉も理解せず、マスコミに踊らされていましたが。

講演の冒頭、安倍元総理は「日本の中心線というのはご皇室」であり、「日本の皇室というのは祈りの存在であるということを忘れてはいけない」と話されています。
実は、渡邊前侍従長が出演された時の「プライムニュース」の書き起こしがベンチでスタンバっていて、その記事の中で詳しく書こうと思っていたのですが、アラフォーのこのワタクシ、ついでに、「優等生」と呼ばれ続けて、小中高を過ごしたこのワタクシ、「日本の天皇」が神道の最高祭司であることを昨年、知った んですね。
けれど、他の方も道連れにするようで申し訳ないですが、私のような人って、実は多いと思うんです。

「多くの日本人は天皇陛下が折りに触れ、国民のために祈って下さっていることや皇室の最重要の役割が国家、国民の安寧を願う祭祀であることを意識さえしていない。知りもしない。」
「報道される皇室関係のニュースでは、「一般参賀や地方訪問でのお手振り」などが皇族の仕事だと考えがちだが、実際は全く異なる 。」
( 「 国民に知ってほしい陛下の祈り 」櫻井よしこ氏のブログ より転載)


で、どうしてそうなったかと言えば、これも「憲法」だそうなのです。
「戦後、日本国憲法により、政教分離の原則により、宮中祭祀は国として天皇が行っていることではなく、皇室の私的な行事だという位置づけがなされてしまった。」と。

【送料無料】天皇家の執事

【送料無料】天皇家の執事

価格:2,835円(税込、送料別)


「しかし、この法律的な位置づけとは異なる次元で考えた時、陛下が実際に祈っておられる中身が私的なことなのかという問題があります
祭祀において陛下が祈られることは、一月三日の「元始祭」のように国家国民の繁栄であったり、二月十七日の「祈年祭」のように今年の収穫が豊穣であるようにとの祈願であったり、十月十七日の「神嘗祭」や十一月二十三日の「新嘗祭」のように新穀に対する神々への感謝であったりするわけです。
つまりところ、お祈りになっているのは、国の繁栄と国民の幸せであって、無病息災とか商売繁盛と言った私事とは全く異なるということです。
さらに、そのために、自分は天皇としての務めを果たすとお誓いになるのが、陛下にとっての祭祀であるというのが、掌典職の先輩である鎌田純一御用掛の説かれるところです。
これは陛下が常に国民の幸せを願っておられるということが、一つの形として現れていることであって、陛下のなさっていることの中で、もっとも大事な点だと思います。」

ちなみに、「宮中祭祀」については、こちらの記事もオススメです。とーってもわかりやすいです。



この際、さらに恥をさらしますが、祝日の本当の意味を知ったのも去年です(恥)。
「春分の日と秋分の日が祝日なのに、どうして夏至と冬至はお休みにならないの?」。
政治に目覚めなければ、子供にこんなことを聞かれても答えられない親のままでいたのではないかと思います。
今年のカレンダーに、明治憲法下での祝日名や宮中祭祀を書き込んでみたのですが、これらの名称のまま祝日が続いていたならば、日本人が古来からどのような民族であるのかなど、いちいちむずかしい顔で教えるまでもなく、子供の頃から自然に理解できただろうなと思いました。
「まつりごと女子☆倶楽部」のお仲間のさやーむさんと同じく、私も、祝日を戦前に戻したらいいんじゃないの派です。

「成人の日」の由来~日本の「祭日」の意味 (「タイのち日本の嵐」様)
↑祝日の由来についてわかりやすくまとめられている記事です。オススメ。
さまざまな国難はわが身を通過しますように」って、すごい。

「祝日」の名称一つとってみても意識が変わるのですから、陛下が常に国民に幸せを祈っておられるということを多くの国民が知らないという事実は、日本人としての心の在り方にどれほどの影響を与えているのか。
少なくとも、「陛下の祈り」を知らなければ、安倍元総理の「日本の中心線というのはご皇室」という言葉を理解することはできないでしょうし、戦前は、こうしたひとつひとつのことが「当たり前に知っていること」だったのだろうなと思うのです。
これこそが、戦前はまさに「雲の上」の存在であったご皇室と国民との距離が、戦後、ものすごーく近づいたように見せながら、実は、ご皇室と国民とを決定的に「断絶」しようとしているものであり、まさに、「戦後レジーム」のひとつなのだと思うのです。
 
こう考えていくと、「この少年達こそが戦後の日本の復興、修身を担った」という言葉の重みと、学校で習ってきた「「戦後の奇跡的な復興」という言葉の薄っぺらさが、よくわかるのです。
学校では習いませんでしたが、私は、戦後の復興は「奇跡」などではなく、65年前の日本人には、しっかりとした揺るぎない「日本人としての基盤」があったからこそ、成し得たことなのだと、今は思っています。

奉祝 天長節 (天皇陛下御誕生日) (「花うさぎの世界は腹黒い」様)
↑「昭和天皇の御巡幸」について、国際派日本人養成講座の伊勢雅臣氏が「国柄探訪:復興への三万三千キロ」のテーマでまとめられたものを、花うさぎ様がテキストに編集された記事です。
「石のひとつでも投げられりゃあいいんだ」占領軍の声をよそに、昭和天皇は民衆の中に入っていかれた。
素晴らしい記事です。未読の方は是非。


政治に目覚めた昨年、いろいろな本やブログを読み漁る中で、「日本人は縦軸と横軸を大切にしてきた民族」だという言葉をしばしば目にしました。
つづら織のような日本の長い長い歴史の中心線である「天皇」と、身近な祖先崇拝から命のつながりを身近に感じてきたのが「縦軸」であるとするならば、「生かされている」という感謝の気持ちや自然観、宗教観、倫理観を培ってきた家庭や地域などの「つながり」が「横軸」。
そのふたつの軸を親から子へ、子から孫へと、受け継がせてきたのが「教育」、特に、「家庭教育」だったのだろうというのが、今の私の結論です。

「彼らは特別な教育を受けたわけではない、ごく普通の家庭で日本的なしつけを受けた若者たちでした。そして、今もなお、『日本人は素晴らしい、信頼できるね』という話が伝えられている。日本文化というのはそういうことでいいと思うんです」
(「ウズベキスタンの桜」について語られた中山恭子参議院議員の言葉-拙ブログ「過去現在未来塾」講演会-「目からウロコがぼろぼろ」の巻(其の壱) より)

   
「誰が見ていなくても、お天道様が見ているからと、さぼったりしないのは世界中を探しても、日本人くらいなんです。日本人は無宗教だと思っていらっしゃるかもしれないけれど、素晴らしい宗教観なんです。」
(西川京子元衆議院議員の言葉 )


長い長い間、大切に育ててきた「縦軸」と「横軸」を断絶するような「仕組み」(罠といってもいいくらいの)が、あの「ただ一度の敗戦」によって、日本と日本人の心のいたるところに組み込まれてしまった。

それが、「日本国憲法」を要とする「戦後レジーム」の正体なのだと、私はそんなふうに思っています。
だから、 「戦後レジームからの脱却」はすべてのキーワードであり、どうしても日本にとって必要なことで、それには「憲法」と「教育」をどうにかせねばならないのだと。
今は、民主党政権の正体をひとりでも多くの人に知ってもらいたいという焦りの方が強くて、今の政治だけを追うような記事が多くなっていますが、民主党を政権から引きずりおろしただけでは日本は変わらない、むしろ、民主党から政権を奪い返したそこは、「やり直しのポイント」に戻ったにすぎないのだと、いう思いはいつも私の心の中にあります。
   
そして、開き直るようですが、「日本国憲法が素晴らしい」などというおかしな教育を受けることもなく、初めから日本について「当たり前」にいろんなことをご存じで、「天皇が神道の最高祭司だと知らないとかアリエナイ」「勤労感謝の日が新嘗祭なんて常識」という方々より、むしろ、私のような「元・無自覚左翼」の方が、「戦後レジーム」というものの「こわさ」と、ゼッタイにどうしても何があっても、「脱却」しなければダメなんだよぅぅぅという「必要性」を、アチラとコチラの間に立つような形で、上手く伝えられるかもしれない。
実は、そんな暑苦しい勝手な使命感が私にはあるのです。

   
書きたいことがありすぎて、「この安倍さんの言葉のどこに、あれほどバッシングされるようなおかしなことがあったんかねぇ」という記事も、ベンチでスタンバったままです。
お休み明け、いつになく、記事を書く気力が満ち満ちてきたのはいいのですが、一日中ブログを書き続けているわけにもいかず、下書きの記事がたまる一方です。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑お休みしている間に下がっていたランキングも、皆様のおかげで、回復してきました。
皆様、いつも応援、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。
コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。



人気ブログランキングへ 
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。  


 img.gif flower.gif 
今、地方で、事実上の「外国人参政権」を認めるような動きが拡大しています。
北海道の森林買収問題、池袋のチャイナタウン化、新潟及び名古屋での中国総領事館移転などの問題もあります。
<参考記事>  
「生駒市:外国人地方参政権」市民の意見は無視
【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】
全国要検討制度一覧「ひのもと交差点」様
北海道の森林買収(北海道道議会議員小野寺まさる氏のHP)


気づいたらmy日本 





関連記事

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。