*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「自衛隊は暴力装置」仙谷官房長官の発言だけじゃない参院・予算委員会書き起こし(其の壱)
人気ブログランキングへ
↑ご支援をぽちっとお願いいたします  励みになります


仙谷官房長官の「自衛隊は暴力装置」発言に至るまでの、質疑を書き起こしました。
改めて読むと、追いつめられて、焦って、思わず、うっかり、「ぽろり」と本音が飛び出してしまったというのがよくわかりました。
北澤防衛大臣が、その同じ「本音」を隠しつつ、一生懸命、自衛隊を持ち上げる発言をしてきたのに、一瞬にして水の泡ッス。
もちろん、この発言と仙谷官房長官の態度にはものすごーくハラが立ちますが、そこだけ大きく取り上げると、事の本質を隠すのが得意なマスコミの戦術にまんまとはまるのでは、と思ったのが、書き起こしをした理由です。

いつもながら、国会の紛糾ぶりと夕方の情報番組(←もはや「ニュース」とは言えまい)の落差は目を覆うばかり。
夕食を作りながらのチェックでしたが、日テレはひどかった。
「ふたつおぼえておけばいい」発言で柳田法務大臣が謝罪する場面を映し、「背筋を伸ばして真摯に謝罪」とする一方で、「野党は攻勢を強め」を何度も繰り返し、「こんなことで辞任はかわいそうな気がする」という地元の方の町の声を流し、挙句の果てには、「いろいろな問題もある今、こんな横道にそれてる場合じゃないのに」みたいなこと言って、アナが〆ましたよ。
ええ~攻撃する野党が悪いのぉぉぉぉ
しかも、仙谷官房長官の発言はスルーだったような気が・・・。

フジもねぇ、産経新聞が仙谷官房長官から陰湿なイジメを受けても、これだけ頑張っているんだから、「フジ・サンケイグループ」として気概を示せないものかと思うんだけど、「放送しましたよ」程度の取り上げ方で、しかも、ノーコメント。オイオイオイ。
が、今回の件も、「テレビにだまされないぞぉ」のさくら様がしっかりチェックしてくださっていますので、安心です

止まらぬ失言また・・『自衛隊は暴力装置』 【スーパーニュース】

「石破氏も『暴力装置』という言葉を使っていた!」とテレビ朝日 【やじうまテレビ・スーパーモーニング】
↑これはひどい。まったく次元の違うはなしをどうしてこうも引っ張り出してくるかなあ

テレビがどれだけ平和に、ウィリアム王子の結婚やら、斎藤投手の涙やら、グルメ情報やら流そうが、国会は閣僚の相次ぐ失言により、菅内閣は自爆状態。政界は風雲急を告げていることが、国会中継を見れば、一主婦にもわかりますから、今日もせっせと書き起こします。

「事件」は昨日の参議院予算委員会
自民党の世耕弘成議員(和歌山選挙区の質問の時に起こりました。 
こういうことがあり、野党は連日追求をしていたわけです。

秘密国家」へ?…政府の情報統制着々 民間人にも矛先!? 事務次官通達で批判封じ込め
 
表現の自由と入間基地での航友会会長あいさつ
 (国を憂い、われとわが身を甘やかすの記)


世耕議員
「では、次に行きます。今もうひとつ、新しい問題が昨日から起こっています。
入間基地での問題です。テレビをご覧の方でまだご存じない方がいたらいけないので、概要だけ言います。
入間基地の航空祭りで、民間団体の長が来賓として挨拶をして、民主党政権の批判をしました。
そして、出席した民主党議員が怒って、防衛省側が対応を求められていた。
そして、防衛省は事務次官名で通達を出し、自衛隊主催敷地内で開催される行事に外部の団体が参加する場合には、政治的行為を行っていると誤解を招くようなことはないように要請しろと、当該団体の行為により、政治的行為をしていると誤解を招くおそれがある時は参加を控えてもらえ
また、さらにですね、自衛隊の施設の外で、部外の団体が主催する時の参加依頼があった時も、政治的行為に抵触する内容が含まれていないことを確認し、確認できない場合には参加するな、そしてさらに、相手に対する依頼文の文例までついていて、自衛隊の施設内において、自衛隊の政治的中立性に誤解を招くような発言を控えていただくようお願いする、という通達が流れているわけです。
これまさに、民間人の自由な発言を制限する行為だと思いますが、菅総理、どうお考えでしょうか」

(「総理にきいているんだ!」)

北澤防衛大臣
「昨日もお答えしたところでありますが、防衛省の基本的な考え方をご理解いただければありがたいと思います。
自衛隊は厳格なシビリアンコントロールの原則の下に置かれた実力集団でありまして、自衛隊法で規定する政治的中立性が確保されることは極めて重要であると、このことはご理解いただけると思います。このような趣旨から、自衛隊員は自衛隊法により、特定の政治的行為を禁止されておるわけです。
(「民間人だろ!」)
たとえば、特定の内閣を支持し、またこれに反対する目的で、国の庁舎、施設等を利用させることは禁止をされておるわけです。
そこで、先般、自衛隊施設内で行われた行事において、部外の団体の会長が特定の内閣に反対する旨の発言を行ったわけでありまして、このことについて申し上げますと、この会長の発言であります。

菅総理は、自衛隊の最高指揮官であるが、このような指揮官の下では、自衛隊員は、身を挺して任務にあたれない。
(「そのとおりだ!!!」&拍手)
皆さん、どう思われますか。
(「そのとおりじゃないか!」)
領土問題がこじれたのは、民主党の責任。
(「そのとおりだ!!!」&拍手)
菅政権は冷静だと言われているが、何もしないだけ。
(「そうだ!!!」)
(柳腰外交、中国になめられている等の現状に対する対応がなされていない。このままでは、尖閣諸島と北方領土が危ない。←ここ、読み飛ばしたらしい)
こんな内閣は間違っている。
(そうだ!」「そのとおりだ!」)
現政権の顔ぶれは、左翼ばかり。
(「そうだ!」)
(まだ、自民党政権の内閣の方がまともだった。←ここも読み飛ばしたらしい)
みんなで、一刻も早く菅政権をぶっつぶして、
(「そうだ!」「いいじゃないか!」)
昔の自民党政権に戻しましょう。
(「そうだ!」「いいじゃないか!」&拍手)
皆さんそうでしょう。
民主党政権では国がもたない。
(そのとおりだ!」&拍手)

こういう発言であります。ここのところは冷静に、国全体のことを考えていただきたいと思うんでありますが、自衛隊施設内におけるこの発言により、自衛隊がですよ、自衛隊が特定の内閣を支持し、またこれに反対する目的で、国の庁舎、施設等を利用させたと誤解を招く恐れが生じた(多数の野次&机をたたく音)ものと考えられます。
従ってですね、防衛省としてはこうした誤解を生じさせるような事案が再度起こらないようにするために、事務次官通達を発出して、各種行事に、主催し、または施設を提供する自衛隊の施設の責任者に対して、防衛省自衛隊が主催し、またはその施設内で行われる行事に部外の団体が参加する場合は自衛隊側が法律で禁止された政治的行為を行っているとの誤解を招く恐れのある行為をすることがないよう、部外の団体に対して、要請することなどを求めたところであります。
したがって、この通達は部外の団体の言論を統制するものではなく、いわゆる自衛隊の政治的中立性の確保の重要性について理解と配慮を求めたものでありまして、まったく撤回する考えはございません。」

(「なにばかなこと言ってるんだ!」)

世耕議員「あのねぇ!来賓で挨拶されているんですよ。自衛隊の人が挨拶したわけじゃないんですよ。その場に来て何を発言するかは自由でしょう。じゃあ、テレビの番組で自民党批判してたら、そのテレビ局は自民党批判したことになるんですか。ちがいますよ。出てきた人は自由に意見を言っていいんですよ。それ、どういうふうにお考えですか

北澤防衛大臣
「あの~ここのところがねぇ、あのぉ、誤解をされているんでおりまして、私はそのぉ、個人がどういう思想信条で発言されても、我々は全くそのことに関与すべきではない。ただですね、自衛隊の施設の中で、政治的行為は禁止されているわけであります。61条と87条をよくご理解いただいた上で仰っているとは思いますけれど、私は自衛隊が政治的中立性を担保するということは自衛隊の国民に対する信頼の基礎になるわけでありまして、そのことは是非ご理解いただきたい。」

世耕議員
「あのねぇ、施設内で開かれた行事で挨拶して、どこが政治的行為なんですか。この自衛隊法が禁止している行為は施設内でビラを配ったり、そこで選挙運動をやったり、特定の候補者の演説会をやったり、そういうことを禁止しているという解釈だと思っていますが、大臣、どうでしょう」

(「法務大臣に聞いてやれ!」)

北澤防衛大臣
「見解の違いを申し上げさせていただきたいんですが、自衛隊法施行令86条で、『特定の内閣を支持し、又はこれに反対すること』を政治的目的と規定しております。また、87条で『庁舎、施設等を利用させること』を政治的行為と、(野次に対して)いや!法律で!規定をされております。

(参考-自衛隊法施行令


そこで、自衛隊法61条は政令で定める政治的行為をしてはならないと規定されております。」

(参考-自衛隊法


世耕議員「この挨拶をした来賓の人はきわめてフェアな人なんですね。自民党政権時代も同じお祭りに来て、自民党政権に厳しい発言をしております。靖国神社に総理大臣が参拝しなかった時も大変厳しい批判を、挨拶をされております。まったく私は問題のないまったくフェアな人の発言だと思います。
じゃ、この通達でいけばですね、来る人が政治的な行為をしていると誤解を招く行為がある時は控えてもらえと書いてあります。政治的行為をしていると誤解を招くおそれがあるかどうか、どうやって知るんでしょうか。自衛隊の人は。」

(「検閲!」)

北澤防衛大臣
「これは自衛隊の施設の中で発言をされる方にあらかじめ自衛隊法の趣旨を、あの~・・・、理解していただくと、そういう意味であります」

世耕議員
「じゃあ、『来るのを控えてくれと、参加を控えてもらってくれ』と書いてあるんですが、どういう場合に参加を控えてもらうんですか」

北澤防衛大臣
自衛隊としての自衛隊法に基づく趣旨に反して発言をしたいと、こういうような人に対しては、そのものが法に違反するんで、控えていただきたいと、こういうことであります

世耕議員
これね!国による事前検閲ですよ!個人の発言に対する!これ、一応、法制局長官役は官房長官がやることになっているんですね、憲法との関係で。どうお考えですか」

仙谷官房長官
「あの~法律論、一般論でありますが・・・、言論の自由とか、あの~私どもは表現の自由とか持っています。
しかし、ある一定の場所とかですね、時間帯とかですね、対象人員を相手にした時の表現に、ある種の制約があり得てもそれは甘受しなければならないという場合があると
こういう・・・いやいや(激しいヤジ&委員長からの注意)。法律論というのはそういうことだと思います。
したがって、自衛隊法の範疇ではですね、先ほどから防衛大臣が申し上げているように、86条87条で、とりわけ政治的な目的による行為は、まずは隊員はやってはいけないと。61条の主語は「隊員は」となっておりますが、『この行為に関与してはならない』と書かれています。
で、わたくしは、今度のことを拝見しましても、世耕議員が奇しくも仰った、この人は自民党も批判した人であると。わたくしは、自民党を批判した、そういう発言がやっぱり、そのことに、隊舎の中で、防衛庁の施設の中で、自衛隊員を対象に、その種の議論をしたことがあったとすれば、それも!それも!本来は、ご遠慮いただくような、話だったと思います。
つまりっ!!じゃあ、これ、選挙期間中にですね、彼が何らかの催しに来て、どこかの政党を批判し支持するということがいいでしょうか。
だから、ある期間は制限をされるとか、民間人であろうとも、隊舎の中では、自衛隊施設の中では制限されるとか、そうしないと、自衛隊員が関与したという誤解を受けるような恐れがあると、だから、ご遠慮いただきたいという通達を出したんだろうと、わたくしは今度の通達を拝見しております。」

世耕議員
「あのねぇ!言論の自由というのは憲法の中でも一番大切にしないといけないところ。これを制限するときというのは明確な基準がないといけないんですよ。これは最高裁の判決でもはっきりしています。海外の判決でもはっきりしています。基準を示してください。どういうところがダメなんですか

(激しいヤジ「市民の航友会ですよ」「おかしい!」)

仙谷官房長官
「今回はたまたまですね、あの~菅内閣、民主党政権をぶっつぶせというはなしでありましたけれど、これは菅内閣、民主党に批判的な発言であろうと、他の党を批判する発言であろうと、自衛隊施設の中で、中で!多くの隊員がおる場でですね、それは、おのずから、政治的な行為に、関与させたとか、あるいはもう少し言えば、自衛隊員を、ある一定の政治的方向に、向けさせようとする発言はご遠慮いただきたいと、いう程度の通知通達は、わたくしは許容されると思います。」

世耕議員
まったく許容されません!航空祭りに、来賓の人が赤いリボンをつけて、いつも自衛隊を一生懸命応援している人が自分の気持ちを語ること!これまったく。表現の自由を規制するような、明白かつ現在の危険がなければだめなんですよ。
完全に過剰だと思います。
じゃあ、防衛大臣に伺います。市ヶ谷の防衛庁の施設。あれは自衛隊の施設内。入間基地と同じ解釈でいいですか」

北澤防衛大臣
「基本的にはそういうことであります。」

世耕議員
「では、市ヶ谷の施設に、防衛大臣、あるいは政務三役の後援会の皆さんとか来られたことはないですか」

北澤防衛大臣
「防衛省は防衛行政、え~自衛隊について、国民の理解を得るために、わざわざ二時間のコースを作って、中を見学するようなコースを作っておりますので、たくさんの皆さんがおいでになります。」

世耕議員
「いやいや。大臣室に後援会の方、こられましたか」

北澤防衛大臣
「もちろん、あの~私に面会を求めておいでになるかたもおいでになります」

世耕議員
「防衛大臣の部屋は別に見学コースに入ってないですよね。一般の人は行けないですよね」

北澤防衛大臣
「もちろん、見学コースには入っておりませんが、あの~私と面会をしたいという人は、わたしは、あの~どなたでも、極力、お会いするようにしています」

世耕議員
「大臣の選挙を応援している人がですよ、大臣室に来て、大臣と記念撮影したりする。これまさに、選挙運動、政治行為そのものじゃないですか。入間の基地でダメだっていうんなら、防衛省の施設内でも禁止すべきだと思いますが、いかがでしょう」

北澤防衛大臣
「これはねぇ、少し、広げすぎたお考えであって(笑い)、十分わかっておはなしされていると思いますが、このことと今回の事案はまったく、あの~ちがうわけでありまして。
しかもですね、私もこの報告を受けた後、深刻に受け止めて、あの~お~この問題をどうするかということで、局にも、統幕の諸君に、この問題について、自衛隊法に基づいてどう処置するか、議論をさせて、ほぼ!ほぼ・・・(委員長「お静かに願います」)、きわめてね、わが国にとって重要なことをご質問していただいているんで、私も、防衛省の立場をしっかり理解していただきたいと思っているんですよ。
ほぼ1週間議論して結果をあげてきていただいて、政務三役と幹部との間で議論をして、この通達に至ったわけでありまして、民主党が批判されたからやったなんていうことではないんですよ。
一番大事なことは、一番大事なことは!菅総理は自衛隊の最高指揮官なんですよ。
その最高指揮官を自衛隊員の前で誹謗中傷と言いますか、やめさせなきゃだめだと、規律を大切にする自衛隊という組織の中にあって、そういうことがまかりとおれば、規律が崩れていく。そのためにこの自衛隊法があるわけでありますので、ご理解いただきたい。」

(其の弐に続く)





・・・・これって、コメディ?
北澤大臣が、航友会会長さんの挨拶を読み上げたのはオウンゴールとしか思えないんだけど。
コレ、テレビの前で、みなさん、拍手喝采でしょう。
さすがにまずいと思ったのか、北澤大臣が読み飛ばしたところ、もう一度書いておきますね

「柳腰外交、中国になめられている等の現状に対する対応がなされていない。
このままでは、尖閣諸島と北方領土が危ない。」

「まだ、自民党政権の内閣の方がまともだった。」


それにさ~
「一番大事なことは、一番大事なことは!菅総理は自衛隊の最高指揮官なんですよ。 」
って、頑張るほどに、みんなが思い出してしまうのはコレだと思うなりよ。

「改めて法律を調べたら自衛隊に対する最高の指揮監督権を有していた…」
首相、4幕僚長と初面談 「弱点」安保で右往左往 石破元防衛相の指摘に過敏反応 安保懇の報告書は宙づり (2010.8.19産経) より)


さすがに、どれだけ日本を貶め、国益を損ねようが、何をしようが、何を言おうが、だれひとりとして責任を取ったことがない、民主党政権です。
さすがに、柳田大臣は辞めるかなあと思ったけど、やっぱり辞めないようです。
自民党時代、「派閥が悪」だって、ぼろくそ叩かれていたけど、あれはあれで、党内の自浄能力があったんだなあ。



あの小沢氏がこのような発言をしていますし、念願の「解散総選挙」は思いの外、近いのかもしれません。
ああ、だけど、実現したら、これほど、開票速報が怖い選挙はないだろうなあ。

小沢氏、解散・総選挙「いつあってもおかしくない」 新人議員の会合で(2010.11.18日経)
より一部転載

小沢氏は「国民のためにともに頑張ろう」と応じたという。同時に「いつ解散・総選挙があってもおかしくない。常在戦場だからしっかり頑張れ」と激励した。







にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑もったいつけているようで、すみません
記事が長くなったので、ふたつにわけました。書き起こしは終わっているので、体裁を整えて、続きを早めにアップします
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。
コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。



人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。


気づいたらmy日本


関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 書き起こし 参議院 予算委員会

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。