*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、ひとりひとりにできること

人気ブログランキングへ
↑ご支援をぽちっとお願いいたします  更新速度がどぴゅーんと上がるかもです


どれだけ民主党が国会を軽視しようが、いや、軽視するほど、「国会質疑」の重要性は高くなる。
けれど、どれだけ国会で、野党が懸命に閣僚に迫ろうが、テレビが取り上げなければ、多くの日本人にとって、それは「なかった」ことになる。

「どうしてこんな日本になったんだろう」

「これからどうしたらいいんだろう」

漠然とした不安を抱いている方は多いと思います。
けれど、今の状況をとりあえず打破する方法は、私は簡単だと思います。


・ひとつでも多くの国会質疑を見て、聞いて、自分自身で考えること。

・自分の考えとマスコミの意見、あるいは、自分が重要だと思った質疑とマスコミの取り上げ方を比較すること。

・自分の選挙区の議員について、「誇れる人物」なのか、「全国の皆様、うちの恥が申し訳ありません」と言わざるを得ない人物なのか、判断すること。


NHKが国会中継をしなくても、ネット環境さえあれば、委員会も見ることができますし、動画サイトにも国会質疑はアップされています。
私は、閣僚の答弁を聞くのが苦痛でたまらない時はニコ動の罵詈雑言コメントをオンにして見ることがあるのですが、「〇〇の恥が本当に申し訳ありません」というコメントを見かけることが最近、本当に多くなったなあと思います。他のネットの場においてもよく見かけます。

ひとりひとりが、自分の選挙区に責任感を持ち、「オラのムラのアレが申し訳ない」という「恥」の意識、もしくは、「ウチのとこのアレはなかなかすごいっしょ」という「誇り」を持てば、間違いなく、日本の政治は変わっていくと思います。

私は、小泉進次郎議員のブログをちょくちょくのぞきに行くのですが、地元の方々のお話がよく出てきます。
印象的だったのは、国会質疑に立った翌日に、国会見学に訪れた地元の方から「もっときびしくやってもよかったねぇ」と言われたというおはなしです。
「オラのムラ」のために何をしてくれるかではなく、「国のため」に何をしているかを、地元の有権者がしっかり見ているということ、そして、それが小泉議員の何よりの励みになっているということがよくわかり、とてもいい関係だなあと思いました。
そして、地元の方々が若い小泉議員を「育てていこう」と暖かく見守っているとともに、小泉議員を「誇り」にしているのだろうなあとブログを読みながら感じて、北海道選出の議員について謝ってばかりいるドサンコの私は、羨ましくもなったのでした。

そうはいっても、お仕事されている方やお忙しい方はなかなか国会質疑や数十分の動画をご覧になる時間もとれないかもしれないので、今の政治を考えるひとつのきっかえになれたらと思い、これからも国会質疑を書き起こしていこうと思います。
二週間くらい待っていれば、衆参それぞれのHPにアップされる会議録もあるのでしょうが、それだと折角の「旬の情報」が伝わらないこともあります。要は、セッカチなんですかね
昨日の「アンカー」を見て、検察の内部においても、民主主義を法治主義を守ろうと現政権と戦っている方々がいることを知りました。どれだけマスコミに検察が叩かれようが、表には出てこないところで、今も、必死に戦っている方々がいる。
これはぜったいに諦めるわけにはいかない、私なりの戦いです

ちなみに、ちょっと前にご紹介した斎藤健議員のラップ動画、再生回数が16万回を超えたそうですよ
ホント、テレビもさ~そろそろ本気で考えないと、置いていかれるよん。

ネットで話題沸騰中「言っちゃった☆」斎藤健議員の予算委員会を書き起こしちゃった☆の巻 (拙記事)



にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑昨日は、「アンカー」での仙谷官房長官の検察介入のはなし&言論統制が明らかな北澤大臣の答弁。ふたつ重なって、きついっス。本当に、日本はおそろしい国になってしまいました。
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。
コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。



人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。


気づいたらmy日本

関連記事

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。