*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蓮舫大臣の事業仕分けの「裏」に注意せよ
人気ブログランキングへ 
↑ランキングアップのため、ご支援をぽちっとお願いいたします


空模様もどよ~んとして、寒くって、子供も鼻水ずるずるで、私も風邪もらっちゃったみたいで、超テンション下がってます
そんな私のテンションなんて、世の中の動きにはまーったく関係ないわけで、昨日も一日、ネットをつなげば、あふれる記事。
こんな時は、ネガティブかつ攻撃的なことばかり言っちゃいそうなので、連載はお休みして、「本日のオススメ」シリーズを書くことにします。

なんといっても、一番はコチラ。怠け者の私とちがって、さくらさんは常に素晴らしいお仕事ぶりです 尊敬
ホンット~に、蓮舫大臣の顔がテレビ画面にアップになっている時は決まって、「裏」の国会では超超超重要な質疑が行われているのですよ。
今、訴えるべき&マスコミがスルーし続けている日本の危機をほぼ網羅する質問に拍手喝さいのワタシ。
こちらの浜田和幸氏(鳥取選挙区)(公式HPはコチラ)。
参院選で初当選された1年生議員だというから、ビックリです。自民党の底力、すげ~
対して、前原大臣と北澤大臣の、危機感がまーったく薄い答弁が心底おそろしい。


国防動員法、超限戦、中国総領事館の広大な土地取得問題(浜田和幸氏質疑)
(「テレビにだまされないぞぉ」様)



関連記事として、こちらをご紹介しておきますね

中国に貢ぎ続ける日本(2010.10.13産経)
↑貢いだお金は軍拡に使われ、そして、そのミサイルと銃口は日本に向いている可能性大ではないですか。

【音源あり】中国総領事館移転に伴う新潟市役所住民説明会
↑こちらもぜひぜひご一読を

新潟市議会議員山田ようこさんのHP
↑11月14日に新潟市長選挙があります。負けられない大切な選挙に、「唯一の保守」として立候補された方。「救う会新潟」の副会長さんとのこと。

中国国防動員法と観光ビザ規制緩和-今日からマスコミにしかけられる罠(拙記事)
↑この法律についてご存じない方にぜひ読んでいただきたいです。



「超限戦」という言葉を初めて聞いたという方にはこちらの本をオススメ。
「超限戦的戦争こそ、第四次世界大戦の戦争形態であり、その始まりがあの9.11テロである」
NHK捏造事件と無制限戦争の時代

NHK捏造事件と無制限戦争の時代

価格:2,100円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「無制限戦争」とはいったい何!?本書はこれを解き明かす初の本格的教科書である!多岐にわたる「情報戦争」の専門的内容を超平易に徹底解説!裁判史上最大規模、1万人のNHK集団訴訟はなぜ、起きた─。


そして、昨日は「参議院内閣委員会」での西田議員の質問がありました。
いや、すごいわ。
岡崎さんって、筋金入りで、ウソつきで、ずるくて、卑怯で、売国なんだね。


この質疑の最後の方、ちょこっとだけ、書き起こし。




西田議員「今も、昨日も、この水曜デモというのは行われているんですよ。ご存知ですね。何をやっているかというと、従軍慰安婦のことだけじゃないんですよ。いわゆる竹島問題。日本と韓国の間でさまざまな国益上の対立が出てきたときに、いち早くその問題について日本を糾弾する運動、デモをしているのがこの水曜デモじゃないですか。警備局長、そのことをご存知でしょう。」

警備局長「なんたらかんたらで、情報収集に努めておりますが、今後の警察活動に支障をきたす恐れがあることから、お答えは差し控えさせていただきます。」

西田議員「まさにはばかられる問題ですよ。だって、そうじゃないですか。今、トップにいる国家公安委員長があなた方(=警察庁)が情報収集する対象者なんですから。それはそのまま答えられないんですよ。水曜デモの中では、竹島は日本のものじゃなく、韓国のものだと言っているんですよ。公安委員長は、竹島はどこの国のものだと思っておられますか。」

岡崎国家公安委員長「日本国だと思います」。

西田議員「それをちがうと言っている方々と活動を共にすること自体が日本の国益に反することじゃないですか!それがわからない!それがわからないということ自体が私はわからない!
あなたはその時点ですでに、大臣としてはもちろん、国会議員としての資格さえないと私は断言します。ただちにおやめになるべきだ。そのことをお伝えしまして、私の質問を終わります
。」







拍手がまばらに聞こえましたが、ここは「拍手喝采」すべきでしょううが。「日本」の国会であるなら。
こういう国に弱味を見せ、媚びへつらっていく。西田さんが仰ったように、「売国」以外の何物でもない。



中国との歴史認識の対立で韓国は、日本に対するのとは違っていつも腰が引けている。日本には官民挙げて「歴史歪(わい)曲(きょく)」「妄言」と大騒ぎし、すぐ外交問題になる。しかし中国に対しては今回、「歴史歪曲」や「妄言」の非難はない。



続いてはこちら。この記事、「日本のために戦う方々シリーズ」で、元気が出るわ
前回記事でも書きましたが、金城てるさんの行動力には頭が下がります。国を思う、アツいアツい、ひたむきなものが伝わってくる動画です。ひとりでも多くの方に見ていただきたいと思います。
今の日本で、沖縄の方々の声を正しく聞くためには、ネットの海を注意深く見ていかなければなりません。
JSNの活動は今の日本において、とても貴重なものです。

JSN■【拡散依頼】10・24「尖閣諸島・沖縄に自衛隊の緊急配備を求める要請書」提出:金城てる より一部転載

「私達、沖縄県民は、日本国の主権と自由を守るために、尖閣諸島・沖縄へ自衛隊を緊急配備する事を強く要請致します。」
「一日でも早く、配備するようご尽力を更に強くお願いいたします。」
「私たち沖縄県民は、国民の立場から、自衛隊の配備が実現するまで、国会に対して請願活動を行い続ける覚悟です。
自衛隊の皆様が沖縄に増強配備、駐屯される時には、沖縄県民総出で日の丸を振って、大歓迎で迎えさせていただきます。」


日本のために懸命に戦う方々がいる一方で、日本を貶めることに血道を上げている人々もいる。
さて、あなたは、日本人として、どちらの側に立ちますか。


天皇皇后両陛下への敬意を表せなかった式典への疑問-高市早苗先生のブログより(「やまと新聞」)

高市早苗議員のブログはコチラ 一部転載

天皇皇后両陛下がステージ上にお出ましになる前に、司会者から「会場の皆様は、お座りのままでお願いします」というアナウンスがあり、「えっ?」と驚きました。
 国会開会式では、天皇陛下が議場にお出ましになる前に起立し、お言葉を賜る間も含めて陛下が議場を出られるまでは、全員が起立したままでいるのが普通でしたから、「何故、起立して両陛下をお迎えできないのだろう」と怪訝に思いました
。」
遠路はるばる奈良県までお出まし下さった天皇皇后両陛下を、ごく当然の作法でお迎えできなかったことが情けなく、世界各国の特命全権大使が来賓としてご臨席の中で、日本人が両陛下に敬意を表さないという印象を与えてしまった様にも思えて、悔し涙が出そうでした。
 
そして、私の怒りに更に火をつけたのが、最前列から2列を占めて座っておられた宮内庁記者会の方々の態度。
 国歌斉唱の時に、頑なに口を結んで歌おうともしない記者が数名。天皇皇后両陛下の御前で、足を組んでだらしない姿勢で座っていた最前列の記者が数名
。」


・宮内記者会(くないきしゃかい)は、宮内庁の中にある記者クラブである。

・天皇・皇后をはじめとした皇族らの会見や外出、宮中行事などの皇室に関する取材を行っている。

・記者会は、宮内庁庁舎2階に部屋をもっており、読売新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、産経新聞社、日本経済新聞社、東京新聞社(中日新聞社)、北海道新聞社、共同通信社、時事通信社、日本放送協会、日本テレビ放送網、TBSテレビ、フジテレビジョン、テレビ朝日、テレビ東京の15社が常駐として加盟している。

おいおいおい。道新、入ってるよ 地方紙なのに。
この言葉に尽くしがたいほどの憤りをおぼえる「記者数名」の中に、よもやと思いますが、道新の記者が入っているんじゃないでしょうね。
あのねぇ。北海道ってねぇ。今、こういうふうに見られているんですよ。行動は慎重に願いますよ。



あ、最後の記事には笑いました。ネタだと思ったわ。
だって、北海道で産経取っている人、どれくらいいると思ってる?
「一日遅れ」の配達なんだよ。それでもいいと購読している産経愛読者の方は、おなかをかかえて笑ったと思うわ。

あのねぇ~
北海道は~北海道新聞なのぉ~誰が何と言おうと、ガリバー道新に勝るものはないのぉ~全っ開で「自民サゲ民主アゲ」キャンペーンやってるけど、それでも落ちちゃったっていうのが今回なのぉ~

仙谷官房長官にツッコみたいことは多々あれど、この安倍さんにかなう人はいないでしょう。


『失態繰り返す 仙谷官房長官』(安倍晋三公式HPより)

『あきれ果てた人物だ。』

仙谷官房長官の事です。

かで無能である事は既に書いてきました。
日本と中国の国益がぶつかっている時、記者会見でなんと過去の歴史を持ち出し、逆に日本国民に反省を求める お馬鹿さんです
最近この人物の言動は、空虚で無内容、事実誤認に満ち、立ち居振る舞いの卑しさは見るに耐えません
国会に於ける自らの発言で謝罪、撤回を連発しているのも無惨ですが、それに関する記者会見での質問にはノーコメントを繰り返しています。
酷い時は6回もノーコメントと答え、自分の子供のような若い記者達の失笑をかっていました。自民党政権時代の官房長官は、とてもそれでは通りませんでした。
恫喝的答弁も乱発で、まるで進退極まり、開き直ったサル(笑)のようで情けない。

予算委員会で、山本一太議員の質問に対し、「新聞記事をもとに質問するのは拙劣だ」と説教したところ、本人が何回も新聞片手に質問していた事が後で明らかになり大恥かいていましたが、私が副長官の時、彼は新聞どころか週刊誌の記事を取りあげ核問題で私に質問していました。
本人はわからないだろうと、高を括っていたのでしょうが救い難い浅はかさです
国会答弁における間違いも多い。
これだけ愚劣な官房長官はあまりいませんが、どういうわけかマスコミはこの人物に甘く、あまり書かない。
しかし、いくらフタをしても腐臭は漂ってくるものです。
私もこんな人物の非難の為に筆を費やしたくはありません。
しかし国益が損なわれている中黙っているわけにはいきません。



あと、こわいなと思ったのはコチラ。
過去記事にも何度か書いています(「たかじんのそこまで言って委員会SP(2010/8/28)」-(3)大阪都構想)が、私は、今の「橋下知事人気」をとーっても危ういものだと思っていますので、余計に気になりました。

韓国で教育を学ぶ前に、まず、日本でこっちの問題をしっかりやってほしいわ。

<お知らせ>

創生日本が「尖閣諸島問題-東シナ海ガス田掘削問題に関する反対する声明」の賛同者署名を集めています

さて、今日は寝ます。
おやすみなさい。


<関連拙記事>

事業仕分けをカクレミノに、「放送法改正案」を強行採決

「山」を愛する者は「事業仕分け」許すまじ



にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。
コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。




人気ブログランキングへ 
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。


気づいたらmy日本


関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。