*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「たかじんのそこまで言って委員会SP(2010/8/28)」-(4)朝鮮学校授業料無償化
この日の「委員会」の動画を何回かに分けてアップしようとしている方が苦戦されていて、特に、今回書き起こし部分の石破氏の発言以降がYOUTUBEに「どうしてもアップされない」状況を目の当たりしていたので(現在はすべての動画が削除されている模様)、どれほどマズいことを言っているのかと思いましたが、至極真っ当な発言じゃないですか。税金を納めている日本人が知るべき内容じゃないですか。何がまずいのか、さっぱりわかりません。
ここにも「不思議な国・日本」の一端があります。

<一億人の大決着「朝鮮学校の授業料無償化。賛成or反対」(制限時間10分) >

ナレーター「続いての大決着は、朝鮮学校の授業料無償化。文科省の専門家会議は、この問題の検討結果を今月中にも発表予定。どうやら無償化適用に決まりそうですが、これは専門家会議が『純粋に教育制度として考えた結果』としていますこれに対し、拉致被害者の家族会などは、『朝鮮学校は純粋な教育機関ではなく、朝鮮労働党の工作活動拠点』と改めて反対を表明しています
そこで、一億人の大決着。朝鮮学校の無償化適用。あなたは賛成?反対?」 (制限時間10分)


三宅久之(政治評論家):「反対。母国に忠誠を誓う生徒まで日本人の税金を使うな」
宮崎哲弥(評論家):「反対。そもそも高校無償化に反対」
田嶋陽子(元参議院議員):「賛成。日本と朝鮮を知る若者が両国の橋になるように」
村田晃嗣(同志社大学教授):「反対。金日成崇拝では困る」
筆坂秀世(元参議院議員):「賛成。広い心も必要だ」
北川弘美(タレント):「反対。費用を払うのは当然では?」
勝谷誠彦(コラムニスト):「反対。『クロッシング』を見た人々に聞いてみるがいい」
桂ざこば(落語家):「反対。授業内容が分からない」

原口一博総務大臣(退席):「言えません」
石破茂自民党政調会長:「反対」
舛添要一新党改革代表:「反対」
   
たかじん氏「田嶋先生からまずお伺いしましょうか。賛成ということで」

田嶋氏「賛成ですよ。だって、朝鮮学校に行っている人たちはもう長く日本にいらっしゃる方々で、二世代三世代の方もいるわけでしょ。下手な日本人よりも長い。日本文化の影響もうけているし、同時に朝鮮文化の影響もうけているし、だからある意味で、ちゃんと教育に対してはおカネは出してあげるべきですよ。そしたらこの人たちは、いろんな人もいるでしょうけど、二代の日本と朝鮮との橋渡しになるかもしれないし、いろんな意味でやっぱり」

三宅氏「ならないかもしれない」

田嶋氏「うん。ならないかもしれないけれども、それは人によりけりだし、どういう家庭に育ったかによるし、どういう文化の影響を受けたかによるけど、それは誰にもわからないことで、教育に関しては私はやっぱりきちんと補助を出すべきだと思います。そこで『差別』しちゃいけないと思います

たかじん氏「さあ、もうひとりお聞きしましょう」

筆坂氏「私もそうですね。今ね、朝鮮総連というのは組織、相当弱くなっているでしょ。それほど日本にいる在日朝鮮人の子供たちがね、金日成や金正日のね、影響を受けるとは思わないんですよ。やっぱり、その人たちの多くはこれからも日本で暮らしていくだろうしね、だから、やっぱりここでね。ただ北朝鮮といえばなんでも制裁というだけではなくて」

田嶋氏「そうです」

筆坂氏「やっぱり教育なんだから、そこは、広い心で出すことも必要だろうと私はそう思います

村田氏「筆坂さんの仰ること、よくわかります。在日の朝鮮人の御子弟が必ずしも金日成、金正日に洗脳されているわけじゃない。彼らなりの判断力があるとわかるけれども、問題は学校の側がね、体制として、金日成崇拝や金正日崇拝を押しつけようとしているのなら、そういう政治と教育が分離できていないような機関に、日本のものだったら出さないわけですから、それを朝鮮学校だったら出すというのは、私はちょっとね筋が通らないんじゃないかなと。そのへんのもうちょっと仕組みをね、考えなくちゃいけない

筆坂氏「その理屈もよくわかる。だから、橋下知事が、これ外してくださいといった気持ちが僕よくわかるんですよ。できたらそれがいちばんいいですよ。」

三宅氏「あそこの朝鮮学校っていうのは将軍様からお恵み金が来ているんじゃないですか。何億円か年に。だとするならば、日本人の税金使って、やることはないと思う。」

たかじん氏「(宮崎氏は)そもそも高校の無償化に対して反対だと」

村田氏「僕もまったく同感」

宮崎氏「そうですね。他にも、向学心のある貧しい家庭の子弟に対しては奨学金とか制度の拡充とか、もっと手当の仕方があるわけで、私はこういう風な一律の無償化というのには賛成できないですね。」

(「そうです」という声が他にも)

たかじん氏「朝鮮の学校とかそういうレベルじゃなくて、高校の無償化自体に、僕は・・・」

村田氏「おっしゃるとおり。無償だから高校にくるってね。そうしたらもっとね、早い段階から手に職をつけるとか、いろんな選択肢のある人たちをね、高校に吸い上げてしまって、そのうちの大半が今度大学にも来る。どんどんどんどん学校教育のレベルが下がる。多様性がなくなってしまって、よくないことだと思うよ。」

宮崎氏「多様化社会に反する政策だと思いますね。」

桂氏「むこうの財閥がいてるやんか。こっちにやで。で、むこうにカネ送ってるわけやろ。そういう財閥が学校へ給付したらええやん。それがおかしいやんか。自分らの同志の学校に送ったらええやんか」

石破氏「そもそもね。憲法89条っていうのがあって、公のお金は公の支配に属しない教育に支出してはならない。これ、憲法89条に書いてあるんですよ。で、無償化するってことは税金を使うってことですよね。国民の。では、朝鮮学校は日本国政府の、あるいはそれぞれの教育委員会の謝意に服しているか。絶対服していない。これね、いい悪いは別にして、それぞれの国には教育の方針があって、北朝鮮の教育の方針は金正日体制がいかに正しいかということを教えるのが教育の方針なんです。日本はいかに間違っているかということを教えるわけです。それをなんで日本人の税金を使って支えなきゃいかんのですか。朝鮮民族の誇りから言えばね、北朝鮮国家の誇りがあるとすればですよ、金正日の体制が正しいということは金正日のお金でやるべきなんですよ。日本人のお金でやるべきことじゃない。憲法違反だし、朝鮮の精神にも反するのであって、日本人の税金を使って、自分たちの体質を教えよう。なんで、そのために我々の税金をつかわかなきゃいけないの。」

※日本国憲法89条「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益、若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。」

田嶋氏「だけど、ざこばさんが言ってる内容もわからないでしょ」

舛添氏「憲法について言うと。要するに税金です。これは本当は私立学校にも使っちゃいけないんです。厳密に言うと。ただ、私立学校に関する法律があって、国公立の学校が十分整備されていないから、その部分を私立学校が補っているという名目で、憲法のもとに私立学校に関する法律があって、それで認められてる。しかし、それでもなお、憲法学者の間では違憲だっていうのがあるましていわんや、文部科学省のカリキュラムとかいろんな国の支配に完全に外にあるわけです。そういうものに関してやることは、もっとダメだということです」

辛坊氏「私、今回たちが悪いなと思うのは、4月に支給する前に決めておかなきゃいけないやつを選挙の前だから、これ出すときっと評判が悪くなるだろうと、選挙の前には結論を出さずに、でも、初めから出すつもりで、実は結論があったんじゃないか。というのは、委員会を開いて、その人たちに専門家に話しあってもらいましたって言ったって、どこで、誰が話しあったのか、メンバーもわからないって、こんな民主主義国はないでしょう。ふつう、誰が話し合っているのかぐらい、わからないと、それは適正な委員会の選び方なのかもわからないし、話のプロセスもわからないし、結論以前に、これは政治として・・・」

宮崎氏「プロセスは全くダメです。まったくダメ」

勝谷氏「今月中に出すっていうわけでしょ。こんなことはね、今の極左政権にやりにげされたらたまったものじゃないですよ。これぜったいに野党に阻止していただかないと」

舛添氏「原口さん、いませんよ」(笑)

勝谷氏「専門家会議ってあるんだったら、専門家会議のヤツらに、僕がずっと話している、北朝鮮を描いた『クロッシング』という映画を見せろと言いたい。どれだけ北朝鮮の人たちがあの体制、あの思想のもとで、弾圧されて、殺されて、ひどいめにあっているか。そんな洗脳教育をする学校に日本人のカネを出すということは、世界の人たちに対して恥ずかしいことなの

田嶋氏「でもさ、ちょっと授業の内容なんだけど、石破さんがおっしゃったような授業の内容をやっているのか。たとえば、『クロッシング』っていう映画を私も観たけれども、日本にいる朝鮮の人たちだって、この映画を観た時に、日本で生活をしている人たちがそれでも今の体制をいいと思わないでしょ、普通は。ああいう映画もできてきて。そうしたら、私たちはやっぱり、授業の内容を知りたいじゃないですか。石破さんがおっしゃった通りかどうか、わからないじゃないですか。今。」

勝谷氏「教科書、読んでみたことある?

田嶋氏「ない。読んだの?

勝谷氏「教科書、読んでみてください。」

石破氏「北朝鮮の教科書、読んでから言ってください

田嶋氏「いつ、お読みになったの。何年前の

辛坊氏「いや、今一番新しいの」

石破氏「去年の読みましたよ、一番新しいの」

勝谷氏「僕も読みましたよ。読んでますよ。当たり前でしょ」

石破氏「その上で、おっしゃるんだったらそうです。でも、それはちがいます

勝谷氏「朝鮮戦争は南が攻めてきたそうです」

三宅氏「はい、じゃ、まあ勝負は終わりました。」

(制限時間終了)

辛坊氏「はい、大阪の500人のみなさんの世論調査の結果はこちらでした。反対74%、賛成26%。ということで当番組の結論としては朝鮮学校の授業料無償化・・・」

たかじん氏「決定!!」(笑)(←あれれ。反対って言ってないよ)

辛坊氏「なんで委員会のメンバーを公開しないんだって言ったら、『公開したら、ひとりひとりが嫌がらせを受けるかもしれない』って、そんなふざけた話、ないだろうって」

勝谷氏「その覚悟で引き受けるんだよ、みんな」

辛坊氏「私も、この結論を言って誰かに嫌がらせをされたらイヤだなって思ったら、たかじんさんに言っていただいたんで」

たかじん氏「決定!!」(←あれあれ、またここでも反対って言ってないよ)

辛坊氏「ということになりました~」

※続いての大決着は「日本企業の社内公用語英語化」でした。
これについては一言のみ。
私は、楽天の三木谷社長より、ホンダの伊東社長支持です





た~じ~ま~
おめ~は、国会質疑もみとらんのかっ
我が家のちゃぶ台がイスカンダル星の彼方までスッとんでいったじゃないの
山本一太議員が、噛みそうになりながら、「チュチュ思想チュチュ思想」(正解はチュチェ思想。もっと舌かみそう)って言っとっただろうがっ
しかも、また「個人」の話にすりかえてるし   (詳しくは過去記事「田嶋陽子さんに学ぶ」 )





 川端氏 教育制度に精通する専門家の知見を求め、議論いただく会議だ。
 山本氏 全く専門家会議の話が外に出てこない
 川端氏 静(せい)謐(ひつ)な環境で、技術的、専門的に議論してもらう意味で公開していない。結論が出れば当然、公開する。結論は、判断基準と判断方法であり、それに基づき審査する段階では公開し、審査結果を踏まえて私の名前で告示したい。
 山本氏 日本の高校に類する教育をしているかどうかが大きな判断基準だ。朝鮮学校で使っている現代朝鮮史の教科書には、金(キム)賢(ヒョン)姫(ヒ)(元北朝鮮工作員)に関する記述もある。大韓航空機爆破事件を「南朝鮮(韓国)当局は『北朝鮮工作員が引き起こした』と反共和国騒動を繰り広げ、その女を第13代大統領選の前日に南朝鮮に移送して、盧(ノ)泰(テ)愚(ウ)氏当選に有利な環境を整えたでっちあげだ」と。高校の教科書としては不適切ではないか
 川端氏 指摘の中身に、私が今の立場でコメントすることはない。
 山本氏 大臣が最終決定をする前に(朝鮮学校の)カリキュラムがふさわしいか、読んでいただきたい
 川端氏 今回は専門家会議の評価方法に任せ、手続きを取る。
 山本氏 全く答えになっていない。朝鮮学校は「金元工作員の爆破事件はでっちあげ」という教科書で教育する学校。北朝鮮は、日本の外交・安全保障の最大の脅威だ。独裁者、金(キム)正(ジョン)日(イル)、将軍様を礼賛する教科書を使う学校に、なぜ血税を入れるのか
 菅直人首相 文科相が丁寧な手続きで判断する。文科相の手続きに沿った判断をお聞きしたいと、最終的には思っている。


( 参院予算委 朝鮮学校無償化についての主なやりとり (2010.8.5産経) より一部転載 )









※産経の記事の補足になりますが、一部さっと書き起こしてみました

 山本議員「これは高級2の方なんですけども、全世界のチェチェ思想の共和国人民の闘争という欄に、こう書いてあります。
新たな段階に入った朝鮮革命の要求をお見抜きになった敬愛する金正日将軍様におかれては1974年2月19日に全社会をチェチェ思想化することに関する綱領をお示しなさった
全社会をチェチェ思想化するということはチェチェ思想を指導的指針として革命を前進させ、チェチェ思想に基づいて社会主義社会を建設して完成させることをいう
これは大臣、高校の教科書の記述としては、極めて不適切だと思いますが、どうお考えでしょうか

 川端文科相「現在専門家会議において、うんたらかんたらうんたらかんたらですので、ご指摘の中身等々、私が今の立場でコメントすることはありません

(中略)(「(野次に対して)静かにしてください。質問中なんですから」by一太)

 山本議員「冗長に喋ってますけど、何をおっしゃっているのかまるでわかりません。だって、大臣が最終的責任者としてこれを許可するわけでしょ?これと決めるわけでしょ?例えば、ここは朝鮮高校ですけども、この歴史教科書が高校の授業としてふさわしいがどうかっていう判断をされるわけですよね。その決定をする前に、この高校のカリキュラムを、大臣、きちっと読んでいただけますか。そのことを約束していただきたいと思います」

 川端文科相「繰り返しになりますけれども、うんたらかんたらうんたらかんたら、今回は、専門委員会の評価方法に任せるということでございまして、それを手続き上取るということを申し上げているのでございます

 山本議員「全く答えになっておりません。全く政治主導働いておりません。よく分かりました。この教科書、他にも、いわゆる金正日将軍様を礼賛している部分がいっぱいあります。
私は別に朝鮮高校で学んでいる多くの方々、彼らに何の**もありません。彼らを排除するって言っているんじゃないんです。
でも、金元工作員の爆破事件をデッチ上げだと言い、拉致を極大化するなんてことを書く、こういう教科書をつくる、こういう歴史教科書で教育している学校なんですよ。
これは申し上げるまでもないんですけれども、北朝鮮は日本の外交安全保障にとって最大の脅威なんです。200あるか300あるか分かりませんけれども、日本射程に収めるノドンミサイルが配備されている。核実験を2回引き起こしている。しかも拉致も彼らがやってるんです。独裁国家なんです。その独裁者を礼賛する教科書を使っている高校に何で国民の血税を入れなきゃいけないのか。ここに疑義があるってことなんですけども、それについて菅総理、どう思われますか

※で、これに対する菅総理の回答が産経新聞の記事の最後につながるわけです。




強引で不透明なプロセスといい、圧倒的反対をしめる世論といい、自らの首を絞めてまで、何故にそこまで実現せねばならんのか
その答えはやはりここにあるということなのでしょうね。党員・サポーター票は決定権の1/4を占めるそうですから。
( 「史上初めて日本の総理大臣選出に外国人が関与」 

下の動画の中で、チャンネル桜の水島社長が「外国人参政権が事実上実現することになる民主党の代表選挙は憲法違反。仮処分申請を求める訴えも含めた抗議行動を展開していく」という力強い訴えもありました。
外国人が大きく関与する代表選(=総理大臣選)もそうですし、今回の朝鮮学校無償化問題も、「違憲」とする憲法学者の方々は多いのではないかと素人目にも思います。
「憲法の解釈は時の内閣次第」とはこういうことかと思いながら、それでもまだ、どこかで聞いた言葉をなぞるような、現実感のない気持ちでいたい自分がいます。

憲法の解釈次第によっては、現行憲法下で独裁ができると明言しているわけですから、これは危険な思想です。最も民主的といわれたワイマール憲法下で、民主的手続きを踏んで、ナチスが台頭したドイツのように、いま”平和憲法”の解釈をこっそり大胆に変えて、この日本で、独裁政治が生まれようとしている。 」
 「たかじんのそこまで言って委員会SP(2010/8/28)」-(3)大阪都構想 内で引用した八木教授の言葉)


そして、チャンネル桜は9月1日の菅直人首相と小沢一郎前幹事長の共同記者会見場で、取材を拒否されたそうです。
(この動画の詳しい解説はこちらのブログ様にて~チャンネル桜の取材拒否で露呈した民主党「左翼体質」に抗議せよ(付:チャンネル桜の報道動画)

チャンネル桜のアクセス数が増えているのは本当に嬉しく心強いことですが、このような民主党の横暴にして独裁的な所業を知ると、ここ最近激しくなっているネット界を覆う黒い動きも、「気のせい」などではないのだろうと、またしても暗澹たる思いに駆られます。
それにしても、チャンネル桜が追い出されるのを目の前で見て、既存権益の上にあぐらをかいて、「報道しない自由」を絶賛行使中の大手メディアの「報道」を名乗る人たちは恥ずかしくはなかったのでしょうか。





最後に、宮崎さんが奨学金の拡充ということを仰っていたので、関連して過去記事と参考サイト様をご紹介。



<参考>

文科省の前では金父子「礼賛」封印 総連が朝鮮学校に“授業改竄”指示(2010.8.5産経)

【安藤慶太が斬る】再び朝鮮学校への高校無償化の適否を論じる(2010.8.15産経) 

朝鮮学校無償化、家族会が反対集会 「解決に妨げ」「税金の使用許せない」(2010.8.29産経)









<追記>
「チャンネル桜」を応援する女性グループのブログ「チーム桜子」様の記事で、ワタクシめのブログと「まつりごと女子☆倶楽部」を紹介していただきました。嬉しいです




にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。
コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。
 


人気ブログランキングへ 
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。


気づいたらmy日本


関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : たかじんのそこまで言って委員会

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。