*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「たかじんのそこまで言って委員会-保守再生」(5)
(以下、動画「保守を真剣に考える5 8(YouTube)2分20秒くらいから」)

ナレーター「そこで皆さんに質問です。アメリカは日本の自主独立を望んでいると思いますか」

三宅久之「望んでいない。」
西尾幹二「望んでいない。19世紀以来アメリカの覇権政策は変わっていない」
所 功 「望んでいない。どこの国も自国中心忠義」 
田嶋陽子「?」
桂ざこば「望んでいない。今のままで置いておきたい」
勝谷誠彦「望んでいない。典型的な植民地」
宮崎哲弥「望んでいない。それが覇権国家というものです」
山口もえ「望んでいない。」


たかじん氏「今の向こうのスペシャリストの話を聞いていると、(独立を)望んでいるようなニュアンスで聞こえたんですが、あくまでもあの人の個人的な・・・」

宮崎氏「あの方の、望月さんの話を聞くと、なにか独立を求めているように聞こえるところもあるでしょう。あれがずっと戦後日本をずっと揺らし続けてきたワシントンのダブルスタンダードつまり、日本弱体化派と日本強化派というのがいて、主に民主党と共和党の中に複雑に分布しているんですけど、そういう人たちがいて、日本はずっと影響を受けている。」

勝谷氏「いわゆるツンデレです。ツンデレ国家ですよ、あそこは。」

宮崎氏「だから、その中で、でも結局、アメリカっていうのはアメリカの国益しか考えていない。どっちにしても。そこの部分っていうのを日本は見誤って、保守政治の中でも自主憲法・自主防衛派とアメリカの安保重視派っていうふうに分かれていったんだけど、大きなパラダイムは、アメリカの中で動いているわけ。アメリカのパラダイムの中で。」
勝谷氏「そうそう。アリとアリマキの関係ですね。おしりから甘いのを出して、アリがそれをずっと喰っているけど、外敵からは守ってあげるよ、アリさんがっていう感じで。なんの蜜を出しているかって言ったら、あいつらが紙刷ったら国債刷ったら、僕らが一生懸命働いて貯金したおカネで買ってあげてるわけでしょ。これって昔のイギリスとインドとかの綿花を使った搾取とまったく同じじゃないですか。」

田嶋氏「だからポチだっつってるんだよ」

西尾氏「本当にね、今、この問題だけは大きな曲がり角に来ていますよね。僕が、いちばんけしからんのは、自民党政権、歴代の、特に中曽根以降だと思いますけれども、きわめつけは小泉さんだと思いますけれども。
みなさんは最近、これから税金を消費税を上げなきゃいけない、日本は大変な赤字予算を抱えているということで、800兆円とか850兆円とか。しかしそれをなんとかして仕分けで減らしましょうと言って大騒ぎしていますけれども、いつ、どんなふうにして、あの800兆が積み上がったかということについての研究がないじゃないですか。新聞も書かないじゃないですか。いいですか、平成13年から18年というのは小泉内閣ですよ。その間に286兆円増えているんですよ。」

辛坊氏「あの~言っときますけど、国債の残高で言うと、その前が圧倒的に伸びてるんで、むしろ小泉政権下では実は国債はほとんど横ばいになって、過去の借り換えの部分だけで、実は小泉政権下っていうのは過去20年間で一番借金が伸びなかった時代なんですけど、西尾さん、ご存知ですか」

西尾氏「いや、私の調べた限りでは・・・」

辛坊氏「間違いです!」(笑)

西尾氏「いや、ここに出ていますよ」

辛坊氏「いや、明らかにそれは単純な間違いです、それは。話になりません。プライマリーバランスで法人税収がぐーっと伸びたもんだから、ほぼ最終的にはその年に入ってくる税金だけで、その年に必要なおカネは賄える状況に2006年にはなっているんです。あの前後5年間っていうのは、日本の借金が過去20年で、いちばんのびなかった時代なんですよ。西尾さん、まずね、事実を把握しましょう」

西尾氏「いや、事実を今、申し上げようと思って・・・」

辛坊氏「どこをついたって、これとはちがう事実は出てきません!!勉強しなさい!!」(笑)

西尾氏「いや、あなたに勉強してもらいます。今・・・」

三宅氏「一番借金が伸びたのは小渕内閣の時ですよ」

辛坊氏「まちがいなくその通りです!」

西尾氏「いや、それでね」

辛坊氏「それでねじゃないでしょ!事実をおさえないと話にならないって!西尾さん!」 (笑)

山口もえちゃん「辛坊さんが正しくて、西尾さんがまちがっているかもしれないですけど、西尾さんはお客様ですから。」

西尾氏「お客さまじゃなくても何でもいいんだけども、私が言いたいのは、800兆円というのをみんなが心配しているけれども、その内訳をね」

宮崎氏「そうそう。内訳をね」

西尾氏「つまびやかにするというのが必要で、それをしないで、ただ税金でもってなんとかしたいと言っているけれども、どういう経緯で積み上がったか、たとえば、国鉄が民営化したんで、みんなよかったと言っているけれども、あの時の20兆円くらいのものがそのまま積み上がっていますよね。債務残高になっています。そうすると国鉄の民営化が必要だったのかっていうことも問う必要がありますよね。そういうことが議論されていないでしょう、あまりにも」

桂氏「あのね、国債、アメリカから買いますわね。買い戻さないでしょ、向こうは、アメリカは。ほんならもう買わんとこ、買い戻せやいいやないかと、買われへんやろっていうようなことは言えないんですか」

西尾氏「それをやると、誰かが死んだりするじゃないですか」(笑)

桂氏「だ、誰かが死ぬんですか」

西尾氏「今まであるじゃないですか、そうことがよく」

桂氏「まあ、あの~、大臣がえらいめに、総理、やめなきゃあかんことになったとか聞きますけどね、死ぬっちゅうのはちょっとわからんけども」

辛坊氏「いちばんはっきり出てきたのは、橋本内閣の時に、橋本さんがそんながたがた言うんだったらアメリカの国債売るぞって言った途端に、日本がエライ目にあわされたことは間違いないです」

桂氏「国債、もう買わないよと、日本、ぼろぼろだもんって通らないのかいな。それを僕は言うとるんやけどね」

宮崎氏「たとえばね、米国債を購入する。購入するのは購入するんだけども、円建てにしたいとかって話はあったんですよ。でも、それはダメなの。何故かその話は途中で消えてしまう

勝谷氏「ヤクザなんだよ。みかじめしてもらっている極道だから言えないんでしょ。なかなか。そういうこと」

辛坊氏「ということで、日米関係ということではエキスパートでいらっしゃいます森本先生にお越しいただいておりま~す」






まあ、今回の場面はイマイチでしたね。 議論の深まりがなく、書き起こししていても、楽しくなかったです。
私、テレビというものをほとんど見ないのでわからないのですが、この方、人気があるんですか。よくテレビに出ていたりするんですかね。
私、この方のことを初めて知ったのが、故・中川昭一氏に対する決して許すことのできない発言だったので、このヒトがエラそうにテレビに出続けていることがまったくもって理解できません。
ネットでこんなニュースも見ましたが、フリーになってもやっていけるほどの支持があるということなのでしょうか。

しかも、政界進出って・・・
どこの議員を狙っているのか知りませんが、万が一にも、このような人物が当選するようなことがあったら、私、日本の政治に怒りを持ち続ける最後の気力が失せます。

それにしても、国債の場面はあんなに長く必要でしょうかね。
私、経済の知識がまるでなくて、この件について補足できないのですが、バカにしきった上から目線の辛坊氏のみならず、西尾先生がわたわたと資料を探しているところを何回も何回も映したり、会場の笑い声を何度も入れたりといった空気が堪えがたかったです。
あ、ちなみに、民主党政権下で順調に増え続け、国の借金は「900兆円」だそうです。

国の借金900兆円突破、国民一人当たり700万円の大台超え(2010.8.10 産経)
↑「国の借金残高は22年3月末より21兆1538億円増加」ってすごいわ。


今回、辛坊氏の声を何度も再生するのが苦痛でしたが、次回は、周りをも思考停止の道連れにしようとする田嶋さんの言葉を書き起こすのがこれまた苦痛なんだな。 それではまた




にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。
コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。



人気ブログランキングへ 
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。


気づいたらmy日本



関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : たかじんのそこまで言って委員会

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。