*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金賢姫元工作員来日騒動に思う-ご家族を今も苦しめているのは誰か
昨日のフジテレビの「スーパーニュース」をご覧になった方、いらっしゃいますか。
テレビはほとんど観なくなった私ですが、気持ちに余裕のある時は、夕食の支度をしながら、ワンセグで、「そうじゃないだろ~何言ってんだ、コイツ」とツッコミながら、夕方の情報番組(報道にアラズ)観るようにしているんですよ。
で、いちいち記事にしていると、他のことが何も書けなくなるので、いつもは、ひとりでぶつくさ言っているだけなのですが、昨日のゆとり教育についての取り上げ方は黙ってはいられないものなので、きっちり書いておこうと思います。
 
で、その前に、延々、金賢姫元工作員来日騒動を見ていたんですけどね。
なんなんでしょうかね。
これを見て、「わ~ 民主党のみなさんて、拉致問題にも積極的に取り組んでいるのね~さすが~」とか思う人、いまだに、いるのかね。
ちなみに、菅総理って、拉致実行犯のシンガンスの助命嘆願書に署名をして( 「拉致実行犯」から日本の新総理への祝電 )、ブルーリボンをご家族の方との面談の時だけつけてソッコウ外すヒト( 今度は「キャミソール大臣」出ました-頼むよ北海道・・・)ですけど。
  

こんな具合に、語りだすと、本題の「ゆとり教育」まで行きつかなくなってしまうので、見逃せない記事と、激しく同意できる他ブログ様の記事を紹介するにとどめたいと思いますが、本当に本当に、拉致被害者のご家族の方々を自分達だけの政治都合に巻き込むのはやめてほしい。
そう思った時、昨日読んだ「ぼやきくっくり」様のブログを思い出しました。有本恵子さんのご両親に青山繁晴氏がインタビューした時の言葉です。一部だけ転載させていただきますが、ぜひリンク先に飛んで、全文を読んでいただきたいと思います。

「実はあの、ロケをやってる時にですね、収録やってる時に、有本嘉代子さん、お母さんが、ちょっと、ここカメラ止めて下さいと言われたところがあったんです。それを、ごめんなさい、お母さん、ごめんなさいね。ここで僕、ある程度言ってしまいますが、実はね、この19年の闘いの中でね、拉致議連とかできましたね。国会議員の会で。それからメディアとか、いろんな人が味方するように見えるけれども、じっと眼を見るとね、本気なのか、本気でないのかが、実はわかるんですと。最近、ますますそれがわかるようになりましたとおっしゃったんです。で、お母さんが挙げられた、眼を見て本気でわかる名前、これ、今どういう地位にあるかとか、そういうこと関係なく、お母さんのおっしゃった通り言うと、平沼赳夫さんとか、安倍晋三とか、それから中川昭一とか、そういう名前を挙げられました。で、お母さんはこういうお人柄なんで、じゃあ嘘だとわかる人の名前は、お母さんは決しておっしゃらなかった。」


ここでお名前の挙がっている三人の政治家の方々が今、どのような政治的地位にあるのか、そして、マスコミにどのような扱いを受けたのか、今、総理の座についているのがどのような人物なのかを思うと、その時の私たちひとりひとりの判断とその後の投票行動に思いをはせずにはいられないのです。

「金賢姫元工作員の来日にいくらかけたか事業仕分けしろ」と言いたくもなりますし、民主党のヤツらには腐るほど言いたいことがある。

けれど、拉致被害者のご家族を今も苦しめているのが、私たちひとりひとりの無関心と、それが招いた投票結果であることを何よりも自らに問いなおさなければいけないと思うのです






金賢姫元工作員の来日「逮捕されるべき犯罪者が、要人扱い」-英紙

爆破犯が日本で歓迎… 金元工作員への“超VIP待遇”に疑問 (2010.7.22 産経)

金・元工作員「めぐみさんに会ったのは1度」 (2010.7.22読売)より一部転載
金元工作員が、めぐみさんに会ったのは1度だけで、「猫が好きだった」「周囲を笑わせていた」などと、同僚の工作員から聞いた印象を語ったが、安否にかかわる情報はなく、滋さんは「特別新しいことはなかった」と述べた
早紀江さんは「どこに行っても(周囲を笑わせるということは)忘れなかったと思い、ほっとしたが、期待していた情報は、ほとんどなかった」と話した。


「日本国総理大臣を外国人が決める日」 (夕刻の備忘録様)  より一部転載
↑ 「日本はテロ支援国家に成り果てた。 その責任は全て我々有権者にある。」

拉致家族を“政争の具”にするな!  (軍事評論家=佐藤守の軍事日記様)

「怒!」 拉致問題の政治利用はいいかげんせよ!!  (保守ですが何か?様)
↑私も忘れていましたが、鳩山さんが辞めなければ、参院選7月25日。そう、今度の日曜日だったんですね。
その直前に、自分の別荘で、この「イベント」を仕組んでいた・・・・。
そして、そんな人物がのうのうと「支援者の声にこたえて、政界引退は撤回」とか言い出す不思議な国、日本。




ああ、やはり、本題まで辿りつかなかった
「教育」のお話は次回




にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑ 「ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。
コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。



人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。 



 



↑応援せずにはいられない「やまと新聞」さんの紹介記事は「ねずきちのひとりごと」様の「やまと新聞を守れ!」 



関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。