*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「国は国民を守ってくれる」という幻想-政治に無関心でいられた時代の終焉
指先が冷たくなるような、あの参院選の夜から、1週間以上が経ちました。
自分でも不思議なほどに、溢れる言葉が止まらなかった選挙前の数日間を抜け、自分でも可笑しいんじゃないかと思うくらい、寝てばかりいます
その合間に、今まで知識もないのに勢いで突っ走ってきたこの数カ月を穴埋めしようと、たまっていた本を読んだり、久しぶりに、マンガを読んだり、DVDやドラマを観たり(←松潤のキラキラっぷりにくらくらします)、の1週間でした。
けれでも、片時も、心が晴れる時はなく、どこかに希望はないかと、一筋の蜘蛛の糸を探すがごとく、パソコンの前に戻ってしまう。
気づけば、ブログに書こうと思う記事だけがたまっていきました。政治記事を書く力は戻らないままに。


東京選挙区 蓮舫の得票数 1,710,734票
比例区での民主の得票数 18,450,140票
 第一位 有田芳生 373,834票
 第二位 谷亮子  352,594票

政治家に対して、怒り続けることはたやすい。
けれど、この圧倒的な得票数を前にした時の無力感、徒労感、やりきれなさ。
その虚無感を怒りに転換させるのに、少々、時間がかかりました。
その分、いつもより言葉が激しくなるかもしれません。

「子どもにいい教育を受けさせたい 」
「子どもにかわいい服を着せたい」
「子どもに安全な食べ物を食べさせたい」
「子どもと一緒にいろいろなところに旅行したい」

という同じ口で、「政治に関心がない」「政治なんてわからない」という親がいたら、私は心の底からこう言いたい。

ア~ホ~か~ 

どんな高い教育を受けさせることよりも、どんな贅沢をさせることよりも、親が子どもに負う最大の、そして、最低限の義務は、いい国を残すことなんじゃないの。
個人の幸福や生活など、国の思惑の前には、とてもとてもちっぽけなもの。
過去、現在、そして、未来に至るまで、守りたい大切な人の生活が国の政治と無関係なんてことは、あり得ない。
子どもに、ずっと幸せで、健康で、元気でいてほしいと願うなら、「政治に興味がない」なんて言えるはずはない。

ほんの数ヶ月前まで、「日本」について真剣に考えることもなかった私ですが、ツラの皮を厚くして、思い切って、言い切りました。だって、間に合わないから。



たとえば、 子ども手当 。
民主党に投票した人で、子ども手当を評価している人が6割近くいるという悪い冗談のような記事を読みましたが、正気ですか。
あなたが手にする現金と引き換えに、あなたの大切な子どもが、日本に来たこともない外国人にまでばらまかれた大きなツケをずっしり背負うことになりますが、それでも、うれしいですか。
しかも、家計は助かりませんよ。ほとんどの家庭で「減収」になるんですから。とんだ国家的サギですけど。 「評価できる」理由を教えてほしいものです。
( 「子ども手当で減収?!」-驚きのシュミレーション 

たとえば、教育
「日本は教育にお金がかかる」と嘆くなら、どうしたら、公教育を立て直せるか、考えませんか。
日本の教育がここまでダメになったのも、やはり、すべては「自民党」のせいですか。
「日教組」が何を考え、何をしてきたか、知っていますか。
あれほど叩かれた安倍元総理が、どのような教育改革を行ってきたか、知っていますか。
そもそも、子どもにまともな教育を受けさせたいと思う親ならば、日教組を支持母体とする民主党から立候補などするはずがないのです。自分の子どもは私学に行くから、庶民の子どもなんて関係ないわという方なら別ですが。

民主党と日教組

民主党と日教組

価格:1,575円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
民主党最大のタブー、「政治とカネと教育」の問題を炙り出す。ついに「北教組事件」で民主党と日教組の違法な関係が明らかとなった。しかしそれは氷山の一角にすぎない。山梨県教組の半強制カンパをはじめ、学校内での選挙活動、授業は自習、日の丸・君が代闘争…その全記録を報告する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 民主党と日教組と輿石東氏(殺される─現場教師の命がけの告発/関係者が罰金刑を受けても参院議員会長に ほか)/第2章 選挙活動と山教組(「支援者処分」でもまったく懲りない輿石氏/輿石氏支援選挙活動の動かぬ証拠 ほか)/第3章 山教組事件の「現場」(山梨では組合が人事を握る/教員異動マル秘資料と口利き採用 ほか)/第4章 日教組の正体(国会前の教職員と革マル/教育委員会と教職員組合の一体化 ほか)/第5章 必然だった北教組事件(北海道で行われた過激な性教育/許し難い北海道教組のいじめ隠蔽 ほか)


中山成彬はなぜ日教組と戦うのか

中山成彬はなぜ日教組と戦うのか

価格:1,680円(税込、送料別)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「日教組の強いところは学力が低い」のは正しい。組織率はたとえ低くとも、学校内で国旗国歌への反対運動など反国家的なイデオロギー活動ばかりしていたら「まっとうな教育」なんて望めない。学力テストにも反対。悪平等主義。学力が落ちるのも当然だ。道徳教育にも反対して、社会のモラルも地に堕ちた。やはり「教育のガン=日教組」をぶっ潰さなければ日本の再生はない。




たとえば、食の安全
宮崎の口蹄疫で、民主党政権が何をしてきたか、何をしてこなかったか、知っていますか。
やまと新聞の20万部もの口蹄疫号外がボランティアによって配布されてことを知っていますか。
新聞、テレビに消される東国原知事の声を、ムッチー牧場さんの悲痛な声を、泉谷しげるさんのアツい声を知っていますか。

そして、これらの情報も。



農薬汚染野菜が大量に出荷 中国、禁止農薬も放置 (2010.6.24 産経)


銅山の汚水流出で魚が大量死 無期限の操業停止に 中国福建省 (2010.7.14 産経)


・豚肉熱処理加工品、日本輸出を再開 (2010.7.20 中央日報)

農林水産食品部は1月に口蹄疫(こうていえき)の発生で中断された豚肉熱処理加工品の日本輸出が再開されると18日、発表した。 豚肉熱処理加工品は70度以上の温度で30分以上加工した豚カツ・ハム・ソーセージなど。
農林水産食品部は「日本で輸入再開が承認されたことで、国内で消費が振るわなかった低脂肪部位の需給不均衡問題がある程度解消されるとみられる」と述べた。
輸出作業場として承認された京畿道竜仁(キョンギド・ヨンイン)の(株)ウェルソムは19日、ソーセージなど熱処理加工品8トンを1次として日本に輸出した後、物量を拡大する計画だ。




たとえば、旅行
既存メディアは、中国人観光客のビザ緩和を大歓迎する論調に終始していますが、このような情報はご存知ですか。




「ウィルスの蔓延を許す中国の混沌」 (日経新聞電子版書評)

乳幼児の手足口病が急増 重症化タイプ流行か

中国人の半数が「結核の保菌者」、抗生物質効かない耐性菌増加

中国:エイズ発症3割増、死亡者数もトップ―死亡率では狂犬病1位

未知のウィルス」=エイズに似た怪病、中国で急速に拡散か

China's mystery HIV-like disease may be all in the mind (BBC NEWS)


上の記事の内容と重複しますが、7月15日号の週刊新潮の記事を転載します。

「実は今、中国では梅毒が流行しています。09年時点で約33万人の患者がいると、中国の国家機関が報告を出しています。そればかりか、工程院という国家機関の研究者が、中国には450万人の活動性結核患者がおり、保菌者は5億5000万人いると見られる、と明かしている。そんな中国人たちが日本に来て、たとえばこれからの暑い季節ならプールに入る。彼らはプール内で痰を吐き、手で鼻をかんでプールの水で洗う。どれも感染の危険を高める行為ですよ。」





うげげ~ もう勘弁して~

いつも、「次はどこに行こう」ということばかり考えて生きてきた私ですが、最近は、お出かけする気が失せてくるばかりです。
個人ができる対策って、人混みを避けて、手洗い、うがいを徹底するくらいでしょうか。
後は、関係省庁や各政党・議員に意見を送るとか。
いちばん効果的なのは、「中国人観光客の買い物に期待を寄せているところ」に、日本人が寄りつかなくなる(=お金をおとさなくなる)ことだと思うんですけどね。
こんなこと言うと、「差別だ」とか、閉鎖的でよくないとか叩かれそうですが、そんなことを言っている間に、どんどん蝕まれてきたのが今の日本の姿ではなかろうかと思うので、国がしっかりとした対策をとらない限りは、ここは引かずに、自衛するしかないでしょう。
文化や衛生観念が歴然としてちがうわけだから、国がそこを踏まえて、事実関係を確認調査したうえで、区別し、線引きするのは当然のこと、むしろ、一刻も早くそういう姿勢に転じなければ、日本も日本人もただ、呑みこまれていくだけだと思うんですけどね。

それにしても、これだけ多くの中国人を日本各地で無防備に招き入れているからには、中国の口蹄疫は完全に確実に絶対に終息したんでしょうね と、政府関係者の胸倉をつかみたくなります。そうでなければ、宮崎の方々が多大な犠牲を払って、県内で食い止めてくれたことが無意味になりかねない。

さらに、宮崎県川南町の動物病院の方のブログにこのような記述がありました。
「(今回発生したのが)狂犬病の発生でなくてよかった。この状況で日本に狂犬病が侵入したら!?想像を絶するパニックになることは間違いないと思います。」


危機管理能力も-危機管理しようとする意識さえも-あるとは思えない民主党政権だから、これ以上の災害が起こりませんようにと祈るばかりです。


そして。
実は、政治について学び始めてからずっと、私の心に巣食う重苦しい予感があります。
それをぴたりと言い当てた記事です。

民主党政権は戦争を招いている  (西村眞吾の時事通信)


どれほど高い教育も、どれほどの贅沢も、戦争の前には、一瞬でふきとんでしまうだろう。
それでも、「政治に関心はない」と言えますか。
日本にぜったい戦争は起きないと断言できますか。


国が国民を守ってくれるなんて幻想。
政治に無関心でいられる時代は、もうとっくに終わっている。
今、あなたが無関心でいることこそが確実に、日本を崩壊へと向かわせている。
ちっぽけなブログですが、私が記事をひとつ書くことで、そのことに気づいて、行動してくれる人がひとりでも増えると信じて、書き続けていこうと思います。
これからもよろしくお願いいたします。



<オススメブログ様>

いつも秀逸な記事に感動すらおぼえる「夕刻の備忘録」様 より

東京に五星紅旗はためく時:蓮舫都知事の悪夢
↑いやだ~だけど、ありそうでホントこわい・・・

参議院選挙の謎:二位じゃダメですよ、谷さん!
↑「彼等の何を知って、何に期待して投票されたのですか。 」




にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑ 「ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。
コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。



人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。



↑やまと新聞が広く読まれていたならば、有田芳生氏が比例一位で当選などということにはならなかっただろうと残念でならない。 私も会員です。
応援せずにはいられない「やまと新聞」さんの紹介記事はコチラ。
「ねずきちのひとりごと」様の「やまと新聞を守れ!」 




関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。