*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
選挙まであと5時間-眠れない夜に
私がこれから書こうとしていることは、多くの方に、「なんか、おおげさな人だな~」と笑われることかもしれません。
けれど、少数かもしれなけれど、わかってくれると信じている方々に向けて、書こうと思います。

私が、子育てと旅のことばかり書いてきたこのブログで、どきどきしながら、初めて政治についての記事を書いたのは、今年の3月14日。「子ども手当」についての記事でした。
それから、4ヶ月弱。
私の生活はすっかり変わってしまいました。
ある事実を知る、調べる、落ち込む、考える、書く、また、新しい事実を知る、調べる・・・の、果てしない繰り返し。
時には、食事の味さえもわからなくなるような事実もありました。
眠れない夜がいくつもありました。
それでも、立ち止まるわけにはいかないと自分に言い聞かせて、一歩一歩進んできました。

そうして、突き進んできたこの4ヶ月の間で一度だけ、私がブログを書けなくなったことがあります。
先月、娘が熱を出したのがきっかけでした。
パソコンばかりしていて、私は何をしていたんだろうという自己嫌悪もあり、きちんと娘と向き合おう、ひとまず、パソコンから距離を置こうと決めたのです。
けれど、それは、ちょうど、菅総理に変わり、民主党の支持率がV字回復を遂げていた頃でもありました。
政治に対して、怒り続けるのはたやすい。
見えない、巨大な誰かに、「訴え続ける」ことの方がはるかにむずかしいのだと、無力感と虚無感にひたひたと体が覆われていくようでした。

けれど、そんな私に、力をふきこんでくださったのも、また、「見えない誰か」の力だったのです。
なんのご挨拶もせずに、「ストライキ」を起こした私のところに、たくさんの方から、心配し、励ましてくださるコメントが届きました。
そのひとつひとつのコメントや拍手が、あたたかく、私の心に広がって、また、ブログを書き始めることができました。
自宅でパソコンと向き合って、ブログを書き続けている私は確かにひとりだけれど、決して一人じゃない。
それは、静かな、けれど、大きな大きな感動でした。

ブログに寄せられるコメントや拍手で、掲示板で、SNSで。
お会いしたこともない、たくさんの方のアツい思いを、とても近くで、感じています。
気づけば、支え合い、応援し合う、大切な「仲間」も増えていました。 

ワールドカップのサッカーの盛り上がりにはついていけない私ですが、今晩、「選挙CAFE」が出没したら、見知らぬ誰かと肩を組んで、大泣きできると思います。 マジです。
コメントを寄せてくださる方々や、励ましあった奥様仲間と、一緒に、「乾杯」したいです。
   
今、たくさんの方が、いてもたってもいられない思いでいることを知っている。
「頑張ってきたみんなと手を取り合いたいよ~」と、たくさんの方が思っていることを知っている。
日本各地に散っているみんなが、この「不思議な、けれど、確かな一体感」の中に包まれて、頑張ってこれたことを知っている。
   
自分が、こんな経験を、想いをすることができる人間だとは思わなかった。
そして、今、日本という国の大きな大きなうねりの中にいる自分を確かに実感できる。
末端に過ぎないけれど、それは、体が震えるような感動です。


私は、自分を特別、幸せだとも不幸せだとも思わないで生きてきましたが、私の心の奥底には、ずっと、どこか捨て鉢な気持ちがあったように思います。
「いつ死んでもかまわない」というのに近い、虚無的な大きな穴でした。
「どうしても生きていたい」というより、親より先に死んではいけない、親を悲しませてはいけないという気持ちの方が強かったと思います。
出産後も、「私がこの子を守らなければ」という思いはあったけれど、その大きな穴を埋めることはなかった。
けれど、日教組教育を受けたことを自覚し、今の日本が置かれている現状を目にするたびに、自分でも驚くほど強く、アツく、体からわきあがってくるような思いがありました。
   
「なにがあっても、なにをしてでも、私がこの子を守っていくんだ」
   
そんな、覚悟にも似た思いです。
何かにとりつかれたように、政治記事を書き続けたこの数カ月は、祖母が母を守り、母が私を守ってくれたように、私がこの子を守っていくんだと、腹をくくっていった時間でもありました。
   
そして、その確固たる思い-「信念」といってもいいほどの-と、「ひとりじゃないんだ」という体を震わすほどの大きな感動と一体感が私の中の大きな穴を埋めていったのです。


いつもコメントくださる「ころさん」が教えてくださった、ある日記があります。 日記自体は非公開のもので、コメントも非公開なのですが、その日記に転載されていた、「夕刻の備忘録」様のこちらの記事をご紹介させていただきたいと思います。





【関係各位】 名も無き英雄達への感謝状 【回覧希望】
  

組織に頼らず、孤立を恐れず。
一切の見返りを求めず、名も告げず。
貴重な時間と費用を掛けて、日々黙々と自らの出来ることをやり抜く。
名も無き英雄達に、満腔の敬意を表して、ここに拙き感謝状を贈る。
願わくば広く回覧され、「魂への燃料補給」とならんことを希望する。


我々の活動には毫も無駄はない。

一議席を争う小選挙区において、一票には途方もない値打ちがある。
二位当選者のいない、「全てか、無か」の世界である。
5万票の当選者も、10万票の落選者も、一票が当落を分ける。

我々は既に多くの支援者を獲得し、人の輪を広げてきた。
今日も、今この瞬間も、オセロのボードは反転している。

選挙戦も遂に最終盤に入った。
闘いは投票箱が閉じられるその瞬間まで続く。

このままでは「日本の秩序が崩壊する」「世界の経済が大混乱する」と熱く強く思いながら、その一方で、行動は冷静に、発言は穏やかに、判断はしなやかに、日本人としての誇りを全身に漲らせて、最後の最後まで身を律しよう。夏が過ぎ、秋になれば、結果の如何に因らず、新しい闘いが始まるのである。我々は決して屈しない。

「降り止まぬ雨はない」という。
「夜明け前が一番暗い」ともいう。
勝利を目前に控えた、今が一番の頑張り時である。
それを実感させる様々な情報がある。
公職選挙法を全く無視したマスコミ。
誇大宣伝、虚偽、捏造。
様々な不正を噂される党幹部。
奇妙な支援をする某国組織。
ネット工作活動の活発化が、一つの証拠である。

決して手を抜かず、諦めず、焦らず、浮き足立たず。
これまで同様に、自らの出来ることを静かに確実に続けよう。

そして、互いに励まし合おう。
名も知らぬ人達の間に、「お互い頑張ろう!」という声を響かせよう。
「お疲れ様」と一声掛けよう。「支援する」と書き込もう。
感謝の気持ち、「ありがとう」の言葉を贈ろう。

 ● MAD-動画の制作投稿を、ありがとう!
 ● 政治経済の解説動画を、ありがとう!
 ● 風刺替歌の制作投稿を、ありがとう!
 ● 街頭演説の画像投稿を、ありがとう!
 ● コメント&マイリスを、ありがとう!

 ● ブログで主張、周知を、ありがとう!
 ● テキスト書き起こしを、ありがとう!
 ● Mail&Fax、電凸抗議を、ありがとう!
 ● 知人へクチコミ拡散を、ありがとう!
 ● 団塊への難しい対応を、ありがとう!

 ● 各種「祭」応援企画を、ありがとう!
 ● 過去記事掘り起こしを、ありがとう!
 ● 海外記事の翻訳提供を、ありがとう!
 ● 様々なソースの調査を、ありがとう!
 ● まとめWikiへの参加を、ありがとう!

 ● チラシの作成&集積を、ありがとう!
 ● 「緑のチカラ」参加を、ありがとう!
 ● パンフレットの配布を、ありがとう!
 ● 掲示板への書き込みを、ありがとう!
 ● 虚実混淆のチラ裏情報を、ありがとう!

  みんな、みんな、ありがとう!


残る数日を悔いなきように、これまで通り全力で、それぞれの目標に向け、それぞれのやり方で突き進もう。未来は若者のためにある。青年層の投票率を少しでも高めよう。青年の覚醒こそ、勝利への必須要件であり、最高効率の戦略である。

最後に、裏方に徹し、文字通りこの国を護る為に、一身を投げ出されている公人の方々に、この思いを伝えたい。「この素晴らしい国を共に護っていきましょう」と。「我々は既に傍観者ではありません」と。

罪を犯した者が速やかに法の裁きを受け、信頼できる政府が国を治め、日本があらゆる穢れを排除した「真の独立」を勝ち得る日が来るまで。名も無き英雄達の闘いが終わることはない。





泣きました。
   
日付を見て、二度泣きました。

2009.8.25




正直なところ、私、参院選が終わったら、結果はどうであれ、燃え尽きるかもしれないと、思っていたんです。 この記事を読むまでは。
けれど、この記事を読んで、政治記事を書き始めて、たかが数ヶ月の私に、へこたれる資格はないと思いました。
もちろん、勝利を祈り続けます。
暑い中慣れないポスティングをし、デモに足を運び、大切な身内や友達と険悪になっても政治の話をし、ありとあらゆる、草の根の地道な活動を続けた日本人の力を信じています。
   
だから、どんな結果になっても、私のすることは、これからも、変わらない。
だって、立ち向かうものは巨大で、やらなければならないことは山ほどあるから。

皆様、これからも、よろしくお願いいたします。




あ、参院選が終わったら、のびのびにしていた「トイレトレ」を本格的に開始する予定なのです。
ブログの更新が滞るかもしれませんが、記事の間隔が空いたら、「ああ、トイレで格闘しているのね」と思ってくださいねん。





にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑応援してくださる方に支えられて、ランキングも上がりました。
特に、ここ1週間は、奇蹟的に、専業主婦カテ」で3位になったり、瞬間的にですが、人気記事で「1,2,3位」を独占したこともあるんです。本当に応援ありがとうございます!!

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。
コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。



人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。




関連記事

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。