*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと元気が出る話-おQ層、マツコ・デラックス、サッカーもろもろ
日本の現実に気づいた方々。
勇気を出して、お身内やお友達に、お話をされて、だけど、わかってもらえなくて、心が折れそうになることも多いことと思います。
こんな記事を見つけました。


おQ層を説得する『たった一つの冴えたやり方』 -情報戦戦術01- (日本情報分析局)
 

「おQ層」 って、初めて聞きました。
そっか。そういう意味なんだ。 ぷぷぷ。
この方の文章、ユーモアがあって、肩に力が入っていたのがふっと抜けます。
あと1週間、ぎりぎりまで、あきらめずに、頑張りましょう。 


この動画も、ものすっごい爽快感があります。
ばっさり切りのマツコ・デラックスさんと、うろたえる男性アナの対比が見事。
「日刊ゲンダイ」、消えてくれて、なんの問題もナシ。
再生回数の多さがそれを物語る。  。
  







( 【追記】日刊ゲンダイが1面トップで民主党へ投票誘導 前代未聞の重大な選挙違反) 







サッカーW杯でもっとも感動した場面 (MPJのコラム)


文/石平(作家・評論家)

 サッカーW杯で奮闘していた日本チームは、6月29日のパラグアイ戦に惜敗してベスト8進出にはならなかったが、大会開始以来の「予想外」の善戦ぶりと、若き選手たちの全身からみなぎった「サムライ闘魂」の凄さが多くの日本国民に多大な感動を与えた。

 私自身は別にバリバリのサッカーファンでもないが、6月15日のカメルーンとの一戦以来やはり、日本チームの一勝一敗に一喜一憂する日々となった。そしてテレビの画面を通じて本田選手や遠藤選手の素晴らしいシュートの醍醐味を味わいながら一人での声援を送ったりすることもした。が、私がその中でもっとも感動した場面は、実は試合中ではなく、むしろ試合外のものであった。

 6月25日未明に行われたデンマーク戦の当日の夜、私は地方講演のために名古屋のホテルに泊まった。部屋のテレビにスイチを入れると、地元のテレビ局はデンマーク戦関連の番組をやっていた。この歴史に残る試合の名場面を繰り返し放映しながら、名古屋市内の人々が徹夜にして応援する光景の数々を取り上げた。

 その中で私は、今でも心に焼き付いている感動の場面を目にした。試合開始の前、日本チームの選手たちは肩を組んで国歌を斉唱する時であった。テレビの画面は遠い南アフリカの試合場から、名古屋市内のスポーツバーに集まって応援する若者たちの方へ移った。そしてその時、日本チームの国歌斉唱に合わせて、バーに集まった若者たちも肩を組んで大きな声を上げて「君が代」を歌っていた。

 ホテルの一室に座っている私は、テレビを通じて彼らの歌声がはっきりと聞こえた。「…さざれ石の巌となりて…」との個所であった。

 
彼らは肩を組んで夢中に歌っていた。その歌声はすごく上手で流暢で、「君が代」に馴れていない人の「ごまかし」はいっさいなかった。その態度も堂々としていて国歌斉唱にたいする抵抗感や違和感のようものをいっさい感じさせなかった。彼らは明らかに、夢中になって顔を輝かせながら、わが「君が代」を堂々と歌っていた。

 ホテルの中でこの場面を目撃した私は、思わず涙ぐんだ。日本チームの奮闘にたいするそれ以上の、中田選手の無回転シュートにたいするそれ以上の、大きな感動を覚えた。

 
日教組やマスコミによる反日教育があれほど盛んであるこの国においても、そのような立派な日本の若者たちがそこにいるのだ。日本の未来もまさに、そういう若者たちの心構えから生まれてくるのではないか。日本の未来への希望は、またまた捨てるものではないと、つくづく思った。





自分でも、打たれ強いんだなと思うこの頃。
「悪夢」としか思えない記事や動画を見ても-時には、書き起こしのために、何度も見るという、ドM行為を繰り返しながら-、ものすっご、へこんでも、それでも、まだ、終わりじゃないと、ぴょこんと起き上がる。
   
こんな嬉しい記事を読むと、まだまだ、頑張れると思う。
(しかも、 「中国国防動員法と観光ビザ規制緩和-今日からマスコミにしかけられる罠」の石平さんが
   
コメントをいただくと、徹夜してでも、記事を書けそうな気がしてくる。
   
なんだか、体中に、アドレナリンが駆け巡っている。
こういうの、「ランナーズハイ」っていうのかな(←いや、ちがうって)。
選挙速報を見ながら、倒れこむかもしれない。
ここまできたら、いっそ、それが本望じゃ。
がんばろう!
だって、ひとりじゃないから。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、励みになります。


人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。



関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。