*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「中国人48人が来日直後に生活保護申請」-むしろ日本人に狭き門?
自分の中でふくれあがる一方の真黒い不安。
どこか探せば、それを打ち消してくれる言葉があるんじゃないかと、パソコンから離れられない毎日。
けれど、結局、ますます息苦しくなる。

今日もこんな、税金を納めるのが本当に本当にかなしく、虚しくなるニュースを見てしまった。
「日本をなめとんのか~!」って、叫びたくなるけれど、なめられているんだろうな、完全に。






中国人48人が来日直後に生活保護申請 大阪市、受給32人(2010.6.29産経)
      
大阪市西区に住む70代の姉妹2人の親族の中国人48人が5~6月に入国した直後、市に生活保護の受給を申請し、32人がすでに受給していることが29日、分かった。市は「入国直後の外国人がこれほど大量に申請した例は初めて。非常に不自然」として調査を始めるとともに、法務省入国管理局に対して入国管理の厳正な審査を求める。
市によると、姉妹2人は残留孤児とみられ、平成20年7月、中国・福建省から来日、11月に日本国籍を取得した。今年5~6月、姉妹の介護名目で同省から親族48人を呼び寄せ、大阪入国管理局が審査した結果、48人は1年以上の定住資格を得たという。
48人は外国人登録後、平均6日間で市内5区に生活保護の受給を申請。いずれも日本語は話せず、申請窓口には同じ不動産業者が付き添っていたという。



   
生活保護目的に入国?中国人32人に支給決定
 (読売) より一部抜粋 
  
市によると、日本人女性2人は、ともに同市西区在住で、中国から帰化したという。
中国人48人には、子どもや高齢者も含まれ、いずれも2人の介護を目的として入国した。48人は5月6日~6月15日に在留資格を取得。外国人登録後3日~26日以内に西、港、大正などの5区に「仕事がなく、収入がない」として保護申請した。申請には、いずれも市内の同じ不動産業者が付き添っていたという。
在留資格があって要保護状態にあれば、生活保護制度を準用できるとの国の通達に従い、市はすでに32人について保護費の支給を決定。しかし、特定女性の親族と称しての中国人の大量申請には不審点が多いことから、6月7日以降の決定を保留にした。不正請求と断定された場合、市は、すでに認めた32人の保護の取り消しを検討する。
    
  



つまり。
   
平成20年7月
 残留孤児と思われる中国人姉妹来日。
同年11月  
 日本国籍取得
平成22年5月6日-6月15日
 親族48人が介護名目で中国から来日。全員が1年以上の定住資格を得、平均して資格取得後8日間で生活保護を申請。内32人は既に生活保護を受給。


う~ん。スピーディ。
中国って、「ひとりっこ政策」の国だと思っていたんだけど、48人の親族って、どの範囲までなの。
しかも、5区に離れて住んだんじゃ、「介護」できないじゃん。
  
で、今回は、人数が多かったから、こうして記事になったけれど(NHKニュースは案の定スルーでしたが)、これはまちがいなく氷山の一角。
「彼ら」はこれまで何度もうまくいったことに味をしめて、調子に乗って、墓穴を掘ったんだと私は思っています。
で、子ども手当もきっと同じこと。

  

  
これだって、あまりにもアタマが悪すぎるから、マスコミも記事にしたけれど、「なんか、これって、おかしいよね」って現場の人が感じながらも、国が定めた法律や制度上、通してしまったものが、どれだけあるだろう。
問題は、「貧困ビジネス」なんかじゃなく、もっともっと根が深い。
偶然ですが、昨日、 「JSN沖縄とともに自立国家日本を再建する草の根ネットワーク」でも、中国人の生活保護に関する記事を読んだばかりなので、余計にその思いが強くなりました。




JSN■皆様が支払った医療保険も中国人にむしり取られている!? より一部抜粋。
     
■突然病院を訪れた中国人

先日NPO関係のボランティアと名乗る日本人と中国人夫婦が突然当院を訪れました。その中国人夫婦は来日して一週間しか経っておらず、全く日本語が話せないため、そのボランティアと名乗る日本人が通訳していました。

その通訳によると、中国人男性は病気で、診療希望しているとのこと。そして、具合が悪いので今日入院させてほしいというのです。対応した医師が、全くコミュニュケーションがとれない方を入院させても処置・対応とも困難であり、引き受けられないと話したところ、ものすごい剣幕で中国語でまくしたてたそうです。

とりあえず翌週検査を予約し帰宅してもらったそうですが、その後病院側と市の福祉担当者が連絡を取り合い中国語の対応可能な病院へ行っていただくことになりました。

■貧しい中国人でも日本にくれば無料で医療が受けられる!?

ボランティアから担当医師がきいたとの事ですが、中国の医師からは異常がないので様子をみるよういわれましたが(当院へきたときは病気であるのは一目瞭然でした)、ますます病状が悪化するためボランティアを通して来日し、生活保護申請をして認められすぐに病院へきたそうです。

担当医師は、 「恐ろしい話だ、なんでお金もない、仕事の当てもない中国人が日本にやってきて生活保護が認められるのだろう?」 「これでは、日本人が中国人のためにお金を払っていることになる。」 とおっしゃっていました。

生活保護申請が受理されると、どんな高額医療でも100%医療費は本人にかからず税金からの支払いとなります。
医師というのは通常政治に関心が薄いものなのですが、この事例は肌身で中国の恐ろしさを感じることでした。
この事実は、医師にも中国の間接侵略の危機を知っていただく最大の機会となるものと思います。
このような中国人が大挙し、すき放題タダで、医療をうけまくったら、医療現場は大変なことになります。


■ 中国人の生活保護申請を支援する団体が存在する可能性

最も不可解な事は、このような中国人を支援している日本の団体が存在しているようだということです

医師は、生活保護者の要否医療意見書を書くのですが、医師の立場から見てもこのような中国人に対して行った医療を生活保護の対象と認めるいうのは非常に奇異な事に感じます。

医師が書類で認めれば生活保護者はどんな高度な医療を受けても無料になってしまうのです(生活保護申請をした市の税金で払う)。






中国では、貧しくて、病院にはかかれなくても、日本に来れば、高度な医療を無料で受けることができる。
日本語が全く話せなくても、おカネがなくても、仕事がなくても、日本に来さえすれば、「楽して暮らせる、バラ色の生活が待っている」。

こんな話が中国人の密なネットワークの間をかけめぐるのに、そう時間はかからないでしょう。
こんな美味しい国は世界でおそらく日本しかなく、しかも、近いのだから、彼らには超ラッキー。
まして、今の日本の政権が推し進めている、外国人参政権や外国人住民基本法、人権擁護法が成立したら、外国人にとっては、パラダイスになること間違いないのだから。

「中国人の生活保護申請を支援する団体」と、日本の政権の利害が一致した今、この流れはどうなっていくのでしょうか。
7月1日から、中国人ビザの発給要件が年収約350万円から、ゴールドカード保有者(年収約85万)に大幅に緩和され、おまけに、世帯主が発給要件を満たせば、世帯主が来日しなくても2親等以内の家族にビザを発給できるようになります。対象者は一説には4億人ともいわれていますが、どれほどの経済的効果を生むものか、甚だ疑問です。むしろ、デメリットの方が大きいのではないでしょうか。
昨年7月には団体パック旅行に限定していたビザを個人観光にも解禁されていますから、日本で行方をくらましてもわからない。
たとえば、片道切符で日本に来て、「帰るお金がない、病気で働けない」と訴え、生活保護を申請する中国人が各地で激増するということも考えられる。だって、あの48人には、定住資格も与えられているのだから。

そして、このブログでも何度か書いてきたように、有事の際、日本在住の中国人は皆、中国政府の指示に従って動かなければならない」ことを定めた中国国防動員法も、同日の7月1日に施行されます。
有事の時には「中国人解放軍の兵士」となる大量の中国人を日本人の税金で養う可能性もあるということでしょうか。
こういう感覚なのですから、彼らが生活保護を申請することを躊躇するとは思えないし。






「もらって当然」生活保護費詐取で中国籍夫婦逮捕(2010.6.7産経)
     
収入があることを隠して生活保護を申請し、大阪市から約510万円をだまし取ったとして、大阪府警国際捜査課は7日、詐欺容疑で、ともに中国籍の人材派遣仲介業、高(ガオ)大●(ダチョン)(58)=大阪市港区=と妻、江(ジァン)祖欽(ズウチヌ)(40)=同=の両容疑者を逮捕したと発表した。大阪地検は同日、詐欺罪で2人を起訴した。府警によると、高被告は、視覚に障害があり「ただでもらえる金はもらって当然」と容疑を認めている。
起訴状などによると、高被告は平成17年6月~22年4月、人材派遣会社に中国人を斡旋(あっせん)して月12万円前後の収入があったことを隠し、大阪市に定住者として生活保護を申請。保護費約510万円を不正に受給したとしている。府警によると、高被告の収入で受給できる保護費は約615万円だったが、約1125万円を受けとっていた。
大阪市は府警から情報提供を受けて告訴。今後は不正受給分の返還を求める。市は「障害があり、仕事ができないという申し出を信用していた」としている。

●=王へんに京





我が家はサラリーマン世帯なので、一円の狂いもなく、「勘弁してよ・・・」と言いたくなる額の税金と保険料が天引きされるわけですが、こういうニュースを見るにつけ、税金を払うことが虚しくなるわけです。 しかも、前総理は「平成の脱税王」。
今回の参院選も、消費税を争点にしてみたり、やっぱり、争点じゃないよってことになったりしていますが、そもそも、特定国への優遇をやめたら、消費税なんて上げなくても、いいんじゃないって思うんですよ。





「ただ乗り」させぬ仕組みを 大阪市生活保護外国人1万人突破(2010.6.14 産経) より一部抜粋
    
生活保護受給世帯が全国最多の大阪市で、外国人の受給者が初めて1万人を突破したことが13日、市への取材で分かった。10年前の2.2倍で、市内の外国人登録者の12人に1人の割合。最も多い在日韓国・朝鮮人で国民年金に加入していない「無年金世代」が高齢化したことが理由とみられる。






日本で、生活保護を受給している外国人も増えているようですし、国別の統計を公開してほしい。
(この記事を読んで、うっかり、在日本大韓民国民団(民団)の大阪での新年会で、民主党議員が「当選は皆様のおかげ」とへこへこ頭を下げ、「外国人参政権の実現」を約束している動画を思い出しました

生活保護制度そのものを見直して、実施状況をきっちり精査しないと、働き者の日本人だって、支えきれないよ~
だって、前にも書いたけど(新宿御苑のお花見で考えてしまったこと-日本人大学生と留学生のふところ事情)、 「国費外国人留学制度」もあるんだよ~
(月額170,000円もしくは134,000円の奨学金を支給して、さらに、授業料免除、往復渡航運賃の支給や医療費補助もしているというもの。留学生の出身国別は中国が圧倒的に多く、次いで韓国)
  
日本人は、中国人と韓国人のために働いているんじゃないって、当たり前のところに立ちもどれば、ものすごい額になる。
ここは「無駄」じゃないの。
ここをきっちり「事業仕分け」して、子ども手当にせめて国籍要件をつけたら、党内で消費税論争しなくても、おカネ、足りるんじゃないの。

だけど、ムリだろうな。
だって、日本には、政財界、法曹、マスコミ。
あらゆるところに、反国家思想的な社会主義者がもぐりこんでいるから。

今回のことで、民主党の描く国家像がくっきり見えてきた気がします。
一部の特権階級と、優遇される中国人・朝鮮人、そして、搾取するだけの日本人。

日本の政治には言いたいこと、山ほどあるけれど。
一番、空しくなるのは、精神を摩耗させるのは。
搾取された税金がこんなつかい方をされ続けていても、「政治に関心がない」と言える人の多さです。


そして。
今日のもうひとつのショックなニュースはなんといってもこちら。
久々のフィギュアのおはなし。





プルシェンコの資格剥奪=国際スケート連盟 (6/29 時事通信)
   
国際スケート連盟(ISU)は28日、バンクーバー五輪フィギュアスケート男子の銀メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が規定に違反したとして、競技会への出場資格を剥奪(はくだつ)したと発表した。3~4月にロシア連盟の認可なく国内外のアイスショーに参加したことが理由。
 トリノ五輪の金メダルや世界選手権3度優勝を誇るプルシェンコは、この処分に対して3週間以内にスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議を申し立てることができる。 




私はフィギュアが好きなだけの一ファンなので、詳しいことはわからないです。
ですが、このニュースを目にした時、真っ先の思ったのは「制裁」という言葉でした。
ロシアのスケート連盟を飛び越えてのISUの処分。


私はこれらのこと、ぜんぶ、心の底から、「おかしい」と思います。
だから、「おかしい」と書くし、言います。
けれど、「おかしい」と思うことが多すぎる。
こうして、「おかしい」ことが「当たり前になっていくのかな。
そして、「おかしい」と言うことさえ、できなくなっていくのかな。



<過去の参考記事>
    
新宿御苑のお花見で考えてしまったこと-日本人大学生と留学生のふところ事情

中国人観光客のビザ大幅緩和-「経済効果」と引き換えに私たちが負うリスクとは

アンカーの青山さん、キーワードは「餌食」ってこういうことですか

口蹄疫-(6)一家の主婦として家族を守りたいから

↑我が家には2歳児がおりますので、幼児の間に大流行している、手足口病は本当に気になっています。重症化しやすく、中国で流行しているものと型が一致していますよね。ビザ緩和はこういう面でも不安があります。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
↑削除されるネット記事が多いので、なるべく文中に引用するようにしたら、記事が長くなりますね
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
クリックしていただけると、励みになります。




100nin_bnr_mynippon2.gif
関連記事
プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。