*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事業仕分けをカクレミノに、「放送法改正案」を強行採決

ブログの更新がホント、追いつかない。

    

「おかしいですよ。こんなこと、おかしい。」

     

こう訴える野党議員の声を聞くのは、何度めだろう。

  

さて、事業仕分けの胡散臭さとインチキさには、もう、多くの国民が気づき始めていると思いますが。

( 「事業仕分けのむなしさ」-メディアパトロールジャパンのコラム  )

事業仕分けをテレビで見て、私が感じるのは、ふたつだけ。

「政治家もルックスだ」という民主党の手法は、他の政党より、唯一、ぬきんでているところだなあということ

党の顔のレンホウさんと、名前わからないけど、民主党の中でも「さわやかイケメン」なのであろうという男性議員が何度もアップになっていますよね。これって、「印象操作」に近いんじゃないのかなあ。

レンホウさん、参院選改選組だそうですが、この事業仕分けがご本人にとって、吉と出るか、凶と出るか(なーんて、本音は「凶と出ないと、日本、おかしいっしょ。」であります)。

   

そして、ふたつめは、マスコミが事業仕分けを盛んに報道している時は気をつけなければならないということで す。  

案の定、一昨日(25日)、放送法改正案が総務委員会で強行採決されました。

今日、衆院本会議で与党の賛成多数で可決される見通しだそうです。

  

             
<関連記事はこちら>

      

 放送法改正案 総務委員会で与党が採決強行  (2010.5.25 産経)

    

 放送法修正案:与党、衆院委で採決強行し可決  (2010.5.25 毎日) より一部抜粋

  放送の自由への制約の恐れが指摘されている放送法改正案の修正は、総務相の諮問機関・電波監理審議会(電監審)の調査・提言などの権限を強化する条項の削除にとどまった。25日の衆院総務委員会での強行採決によって、番組への介入など多くの懸念を抱えたまま改正放送法は今国会で成立する見通しが強まった。

 審議で浮かび上がった残された問題点の一つは、電監審の権限強化とは別に総務相の権限強化がある改正案では、放送法に定められた政治的公平など地上放送の番組編集準則に違反したと判断すれば、総務相が放送業務の停止を直接命じることができる条文が盛り込まれた(既存免許の地上放送事業者は除く)。

 野党や参考人は番組介入の根拠規定になりうると反発したが、原口一博総務相は「私には理解できない」と議論はかみ合わないままだった。

 欧米の先進国では政府から独立した機関が放送行政を所管し、日本のように総務相が直接処分できる仕組みは異例だ。放送法制定(50年)以来の大改正がうたい文句にもかかわらず、衆院では公聴会さえ開かれず、議論不足は明らかだ。

 原口総務相は就任以来、太平洋戦争で言論の自由が犠牲になった歴史を引き合いに「言論のとりでを守るためには何をすればいいか」と繰り返し口にしてきた。会期末まで残された時間は少ないが、放送の自由を保障するため、参院では残された問題点についてより徹底した審議が求められる。


 日弁連の「放送法改正案に関する会長声明」  (2010.5.17) より一部抜粋

  総務大臣は、改正法の電監審について、放送局に対する総務省の規制・監督を監視する組織とし、番組内容などへの不当な介入を防ぐ役割を持たせるものであり、法1条の趣旨に合致する旨説明している。
 しかしながら、電監審は政府からの独立性が担保されていないうえ、その委員が総務大臣によって任命されることから、電監審が、総務省を効果的にチェックすることができる監督機関として機能していないと考えられ、総務省が電監審を隠れ蓑として正面から主張できない政策を審議会の建議という形で推し進めることが強く懸念される

  

<関連動画はこちら>


 60年ぶり【放送法改正】 質疑時間2時間30分で打ち切り 【強行採決】 15/15

   
強行採決の場面だけは、ぜひ見ていただきたいと思います。

本当に、こわいです。こわくて、悔しくて、涙が出ました。

しかも、私、アタマから見ましたが、民主党のあまりにも乱暴でオキテ破りの国会運営をめぐって冒頭から大荒れで、音声が途切れる時間も長くて、「質疑時間2時間30分」ていうけど、この法案についてのまともな質疑の時間はいったいどれだけあったんだろう。
     

 2010年5月25日 放送法改正案強行採決

 ↑こちらはニコ動。最後のテロップ、「次の選挙の日などこない」が本当におそろしい。

  

ホント、この、ツイッター遅刻大臣・原口、とんでもないよ。

このヒト、爆笑問題の「私が総理大臣だったら」の常連で、民主党のイメージアップに相当貢献したと思うけど、ホント、とんでもないよ。

   

これがすぐネット規制につながるわけではないらしいですが、日本が「グーグルの中国撤退」を笑えないおかしな方向にものすごい勢いで走っているという、いや~な空気はものすご~く感じます。

    

「放送法改正はネット規制!?」

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/505


「放送法はネット規制!?に重要な訂正」

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/507

    

私は自民党議員の、「権力は腐敗する。乱用の余地のある制度を作ったら、やる余地が出てくるんです。こういったことは自分から率先してなくしていかなきゃいけないということを大臣にはぜひ理解してほしい。」というのが正しいと思いましたし、それを鼻でせせら笑うような原口大臣の態度にネットユーザーが危機感を抱くのは当然だろうとも思いました。現実に、記事や動画の削除が頻繁になっているわけですから。


それに、ネットの自由が風前の灯であることにかわりはないわけですし。     

「水間条項」様の「いよいよ大転換時代到来 良貨が悪貨を駆逐する(インターネットがテレビを駆逐する)」 を読んで、ホッとした半面、(超大物ブログ様に、私などが言うのも僭越ですが)「そんな都合のいいことが通るかな」と思ったのですが、上記の放送法はネット規制!?に重要な訂正」 説によると、つまり、日本国民の救いの星・「インターネットテレビ」は「放送法改正により規制対象になる」ということでしょうか。

    

いずれにせよ、民主党が中身の議論をさせずに、急いでごり押しする法案にはぜったい何か抜け道がある。

だって、なんで、わざわざ、「既存免許の地上放送事業者は除く」なの?

今後、もし、民主党政権を倒すことができても、彼らは「法の抜け道」を知り尽くしているわけです。

ある意味、敵に手の内をすべて知られていることになる。

「ためしに一度やらせてみるか」

そういう意味でも、この代償は、あまりにも、あまりにも、あまりにも、大きい。

    

   

余談になりますが、ニコ動の「次の選挙の日などこない」のテロップがこわかったという話をちょっとします。

だって、末端ではこんな不安も上がっているけれど、上の人たち、全然危機感なくないですか。

なんで、あんなに民主党の人々、自信満々なの。

根拠のない自信とは思えないのがこわいんです。それか、単に、余程の愚か者なのか。

民主参院議員が悲鳴「世論の逆風をしのげない」(2010.5.26 産経)

 

  

<おまけ-その1>
「日本のマスコミ、おかしい。」と思われている方に、こちらのサイトをご紹介にゃ

    

「メディアパトロールジャパン」(MPJ)

「やまと新聞」  ← これが「真の報道」だと感動することしきりのワタシ。

「チャンネル桜」  ←某テレビ局、大赤字らしいから、いっそつぶれて、「チャンネル桜」で買い取れるくらいまで、買いたたかれないかしら。



<おまけ-その2>

今さら、民主党議員のトンデモ発言をいちいち取り上げるのもなんですが、マスコミはスルーだろうし、見過ごすこともできないので。ホント、調子乗ってるなあむかっ

↓   

 首相、中井氏の「宮崎県民は頑固」発言を擁護  (2010.5.26 産経)


<おまけ-その3 ドラマオタクからひとこと>
昨日も書いた、パソコンでラジオが聴けるこちらのサイト(http://radiko.jp/ )。いいわ~すごくいい。

「JET STREAM」って、あの渋~い声のお方から、今は大沢たかおさんになったんですよね。声を聞けて、嬉しいハート②

「深夜特急」は今でもおぼえているし、「仁-JIN-」も(最終回を除けば)ホントよかった。

それにしても、一日中、韓国ドラマばっかりな上、日本のドラマにも韓国の俳優さんや女優さんが出ているらしいし、日本の芸能人の方々のお仕事がどんどん少なくなっているのは確実ですね。

不景気で、広告収入も減っているから、ギャラが高い日本の素敵な芸能人は敬遠され、お笑い芸人ばかりが重宝されている。

私は日本の俳優さん、女優さんを応援したいし、テレビで見たいなあ。

日中のドラマの再放送も、「池中玄太」とか、「熱中時代」とか(←そこまで古くなくてもいいかもしれないけど)、もう一度見たい日本の良質なドラマが、たくさんあるので、今のテレビの状況が残念でならない私です。

   

    

  

ドサンコの東京子育て&旅日記
↑「参院選までなんて悠長なことを言っていたら日本は持たないよ~」という方はこちらをクリック。

参議院議員西田昌司氏のHPへ飛びますニコ

   

     

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

↑「おまけ」が多くて、なんだか、まとまりのない記事ですね。すみません汗

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、嬉しいですニコ

     


↑現在24,000人にまで増えたSNSニコ

「my日本」は集まる場です。

特定の政党や思想、信仰などを持った人の集まりではありません。

相手を論破したり、必要以上に価値観を押し付けることは禁止されています。

「なんか日本、おかしくなってる」と気づいた方はまずクリックニコ




関連記事
プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。