*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「議員の妻ですら見放す民主党」=とにかく選挙に勝てる党に行け

政治について勉強し始めてまだ日が浅い私ですが、調べるほどに不思議なことがひとつ。

  

民主党議員は皆さん、天蓋孤独の身の上なのだろうか、守りたい家族はいないのだろうか、と。

   

そりゃ、鳩山・小沢クラスなら、日本が中国に売り渡された後も、一代に限っては、守ってくれる可能性もあるけれど、末端の議員とその家族まで、あれだけ反日感情の強い中国人が守ってくれますかね(←マスコミの方々にも同じ疑問を抱きます)。

と思っていたら、櫻井よしこさんのブログで、こんな記事を見つけて、思わず、大きく頷いた私。


いま民主党で活躍する中堅議員の妻たちが今年夏の参議院議員選挙では、絶対に民主党には投票しないと断言する。夫たちに、党を割って出て新党に合流し、政界再編の先鞭をつけろと鼓舞する。こんな話が複数の議員たちから聞こえてくるようになった。いまや身内の妻たちさえ見放しつつあるのが鳩山民主党だ。」
(櫻井よしこブログ-「 『保守分裂』『新党乱立』滅びの危機を回避せよ 」  より一部抜粋)

     

「そりゃそうだよね。

思想・信条・信仰を超えて、「家族を守りたい」という気持ちは一緒だもの。

家族を守りたい、大切な子どもが幸せでいられるように、日本の未来を守りたいって言う気持ち、議員の妻でも同じだよねかお

  

けれど、その一時間後、こう思った自分のアタマを「ばかばかばかばか」とぽかぽか殴りました。  

甘いよ。甘すぎるよ。

    

私もそうですが、家計を預かる主婦と言うのはきわめて現実的でシビアなものじゃないですか。
議員なんて「選挙に落ちたらただの人」なんですから、生活を守るためには何より「議席」が大切。
「党を割って新党に合流し、政界再編の先鞭をつけろと鼓舞する」=「選挙に勝てそうな新党とくっつけ」と。そういう意味じゃないですか。

ワタシ、どんどん性格わるくなっていっていますね。

けれど、妻たちには生活がかかっているのですから、

「あなたねぇ、このまま民主党になんていたら、選挙落ちるわよ。ようやく、『中堅』て言われるところまで私が支えてきたのに、どうしてくれるの。今、みんなの党がアゲアゲじゃないの。ぐずぐずしないで、さっさと乗り換えて。政策なんてそっくりなんだから、なんの問題もないでしょ。生活かかってるんだから、しっかりしてちょうだい」
とおしりをたたく議員の妻がいても、なんの不思議もない。
この方もおしりをたたかれたクチでしょうか。
  
みんなの党 宮城で民主県議を擁立  (2010.5.16 産経)」
みんなの党の渡辺善美代表は16日、仙台市内で記者会見し、参院選宮城選挙区(改選数2)に宮城県議で民主党県連選対委員長の菊地文博氏(50)を擁立すると発表した。菊地氏は「民主党は幹部の金銭問題が発覚しても誰も発言できず、欺瞞に満ちている」と批判。民主党県連は同日、菊地氏を除名処分とした。
       
「みんなの党、民主の宮城県連選対委員長を参院選に擁立」  (2010.5.14 産経)
みんなの党の渡辺善美代表は14日夜、仙台市を訪れ、民主党の菊地文博宮城県議(50)と会い、夏の参院選宮城選挙区に党公認で出馬するよう要請した。菊地氏は応じる方向で、16日に正式に表明する。

 菊地氏は仙台商高卒。平成7年に県議に初当選し、通算5期目。現在は民主党宮城県連の選対委員長を務めているが、15日に離党届を提出する見通し。

 渡辺代表は「菊地さんを皮切りに、民主党を見限る人がどんどん出てくるだろう。地方から声を上げてほしい」と話した。

   
    

いや、ここで、この菊地さんが飛びこんだ先が「たちあがれ日本」とかだったら、私もここまで意地悪な見方もしませんが、「みんなの党」ですから、辛口にもなるというもの。

  

それに、「まさか、右翼と呼ばないで」様 のコメント欄で読んだのですが、「参院選前に小沢幹事長を下ろして、クリーンなイメージに戻して、みんなの党とくっつき、選挙に勝った後で小沢氏が何くわぬ顔をしてもどればいい」という意見が民主党系ブログや2chなどでも出ているとのこと。

確かに、民主党とみんなの党の政策はそっくりなのですから、くっつくのは容易であるだけに、日本にとっては、ものすごく危険で怖いパターンです。

それにしても、どこまで国民を愚弄すれば気がすむのだろうか。

これにだまされる人って、いまだにいるんだろうか。

みんなの党と民主党のマニフェストを作成したのは同一人物だという話、どのくらい認知されているんだろう。

ご存知なかった方、 「みんなの党の正体は第二民主党だ」(「正論」編集部の彷徨記)  をぜひ一度、お読みください。  


      

<過去の関連記事>

「これがホントの内閣支持率なのだ」説

「民主党の支持率=民主党+みんなの党」でカウントしてくださいね(1)  (2)

      

 


ドサンコの東京子育て&旅日記
 ↑民主党の詐欺マニフェストの中でも、最たるもののひとつ「子ども手当」。

衆議院解散が実現すれば、子ども手当という名目で、海外に日本の財源が流出するのをぎりぎり防げるか(支給は6月)、最小限に食い止めることができます。

「子どもに借金を残すだけの子ども手当なんてやめて~」と思われていた方は、今すぐ、参議院議員西田昌司氏のHP↑へ、直行してください。

ちなみに、 「博士の独り言」の「署名 解散総選挙を求める」の記事 に、個人情報の取り扱いなどについての問い合わせ結果が載っています。

あ、その前に↓クリックしていただけると嬉しいです。

   

   

  

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村



関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。