*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三宅議員の転倒騒動-「スッキリ!!」にスッキリしないワタシ

時間を割いて書くのもバカバカしい三宅議員の転倒騒動ですが、今日、朝の情報番組「スッキリ!!」に、電話出演した三宅議員に、加藤さんとテリー伊藤さんが国民の声を代弁して、いろいろ聞いてくれたそうですね。

  

05-18-2010 三宅雪子スッキリ電話生出演

(再生回数も急増していますし、削除される可能性があります。お早めににゃ

   

クサレマスコミに慣らされているので、私もうっかり、おふたりが素晴らしいように錯覚をおぼえてしまいそうでした。

が、ここで、「加藤さんもテリー伊藤さんも、よく言ってくれたよ。ホント、スッキリ!!」などと三宅議員だけを叩いて、あっさり終わらせてはいけないのですよ。

  

ここで突っ込むべきは、

   

・本来いるべきでない三宅議員が何故あの場にいたのか。

・民主党が大量の応援部隊を動員してまで、強行採決した法案がどのようなものであったのか。

   

であり、せめて、最低限、このふたつは突っ込んでいただかないと、「スッキリ!!」とはならないのですよ。

少なくとも、「何故、松葉づえを使ったか」なんてどうでもよいことに貴重な時間を割いている場合ではない。

   

まあ、マスコミは突っ込んでくれそうもないので、私がひとりツッコミに答えますと、「そもそも、三宅議員は衆議院内閣委員でもなく、傍聴席にいることはできても、あんな場所に入る資格はない」そうです(民主党政権は確実に保険をかけてきます 」をご参照ください。)

この指摘、唯一、共産党がしたらしいですが、「共産党がまともに思える民主党」って、すごいわ。


また、三宅議員が動員された時に、強行採決されたのは「国家公務員法改正案」 です。三宅議員のことが心底どうでもよくなる、トンデモ法案です。

朝日新聞では、「公務員制度改革関連法案」として記事が書かれていました。試しに、両方の名称で、グーグルで検索をかけて、結果を較べてみてください。朝日のずるさに気づきます。

ちなみに、「スッキリ!!」でも話が出てきた、「共産党・宮本議員による自民党・馳議員の裏付け証言」とはこちらの内容ですね。

   

【三宅転倒】馳浩議員のブログはおおむね事実です-共産・宮本議員

  

それにしても、このヒト、どうして、電話生出演なんて応じたんだろう。

「サンジャポファミリーなのに、ひどいじゃないですかぁ、ははは」なんて笑えるくらいだから、「かばってもらえる」と思ったのかな。ホントに不思議な人です。

        

以上、三宅議員についてはコメントを終了します。

こんなくだらないことに、労力と時間をとられるのは相手の思うツボです。

こんな騒ぎに陽動されずに、その隙に民主党が何をしようとしているのかをこそ、考えた方がいい。

マスコミがつまらないことで騒ぐ時ほど、おそろしいことがこっそり行われようとしている。

民主党政権はきわめて有能で、私たちにはやるべきことはたくさんあるのですから。

   

「マスコミが、芸能ネタなりスキャンダル事件を連日連夜、執拗に報道している時は注意しなさい。
国民に知られたくない事が必ず裏で起きている。
そういう時こそ、新聞の隅から隅まで目を凝らし小さな小さな記事の中から真実を探り出しなさい。」
(竹村健一氏の言葉として紹介されています → http://2chcopipe.com/archives/51469189.html  )

     

竹村氏がこの言葉を仰ったのがいつなのかはわかりませんが、おそらく、今はその当時より、マスコミと政治のクサレっぷりはどうしようもないことになっていると思います。 

なので、こんなニュースを聞いても、「私のメールもお役に立ったのかな」と素直に喜べない私です。  

国会法成立断念へ 小沢氏示唆  

民主党の小沢一郎幹事長は17日夕の記者会見で、官僚答弁の禁止や副大臣、政務官の増員を柱とする国会改革関連法案について今国会での成立を断念する意向を示唆した

 小沢氏は「個人的には通過させてもらいたい」とした上で「全体の政治状況やら、国会運営の状況やら、いろいろある。この法案のために会期を延長して何が何でもというのは、幹事長の判断としては必ずしも妥当ではない」と述べた。

 一方、自民、公明、共産、みんなの党の野党4党は17日、国対委員長会談を開き、法案の撤回を求めることで一致した。たちあがれ日本を加えた5党の幹事長が18日に会談した上で、横道孝弘衆院議長に申し入れる。5党に新党改革を加えた6党の参院国対委員長も、法案の撤回を求めることで一致した。

 法案は民主、社民、国民新の与党3党が14日、衆院に提出した。(2010.5.17 産経)

    

     

この「国会法改正」については、たくさんの方々が動いていることがパソコンの画面からひしひしと感じていました。

けれど、まだまだ、こんなにやっつけなければならない法案がある。これらを残らず、もぐらたたきのように一個ずつつぶしていけますか。

   

「銀色の侍魂」様の「まだまだある反日請願達!外国人住民基本法以外にもまだある! 」

    

「ムリだよ~」とくらくらした方は、今すぐ、参議院議員西田昌司氏のHPへ、直行してください。

  


ドサンコの東京子育て&旅日記

↑ 「博士の独り言」の「署名 解散総選挙を求める」の記事 に、個人情報の取り扱いなどについての問い合わせ結果が載っています。

 


そして、「他には何をしたらいいの~」 という方は、こちらをご存知でしょうか。

    

 「水間条項」様のこちらの記事

    

 「まさか、右翼と呼ばないで」様

   

他にも素晴らしいサイトはたくさんありますニコ


<おまけ>

小沢氏も管氏も、「民主党の支持率が下がっているのはマスコミのせいだ」なんて言ってるらしいですが、「おまえら、持ち上げ方が足りないんだよ。」と仰りたいのでしょうか。

私がマスコミの一員なら、「これだけ持ち上げて、情報操作もしてやっての、この数字なんだよ。」とそのものすごいヤツあたりぶりに、キレますが、それでも腹を立てずに、従順に民主党擁護に徹するマスコミの皆様もすばらしい忍耐力です。

と思ったら、産経がキレてました。


支持率下落で菅氏が八つ当たり「報道がしっかりしていれば国民に理解される」  (2010.5.18 産経)   

  

↑「『八つ当たり』との指摘も出そうだ」って、それ、あなたの意見でしょ。

いいぞ~どんどんやれ~仲間割れしろ~(←最近、「産経よ、お前もか・・・」のうっぷんがたまっていたワタシ)  


小沢氏会見要旨  (2010.5.17 産経)

   

↑(「ご自身の政治資金の問題は世論の理解が十分ではない。幹事長の思いと世論のギャップはどういう点から生じていると思うか」という質問に対して)

あんた方の報道でしょうね。地方に行っても、去年の同じ時期の状況と変わらず、みんなから『頑張ってくれ』という声を多数かけられている。皆さんに理解していただけるように常日ごろ努力してまいりたい」
この記事の3ページ目でも、産経のキレっぷりを垣間見ることができますので、ぜひ、最後までお読みください。ちょっと笑えます。

    

    


<過去の関連記事>

「どこの国の人でも日本の国家公務員のエライ人になれる法案」が通ったってホント?

やられた-国会法改正案提出

民主党政権は確実に保険をかけてきます

   


<コメントをいただいたポテコさまへ>

申し訳ありません。私の不手際でコメントを削除してしまいました。本当にごめんなさい。

国会法改正についてはまだまだ油断できないこと、その気になれば、数の暴力で一瞬で通過してしまう状況にかわりはないこと、存じているつもりですが、誤解を招く書き方になっていたようですね。ご指摘ありがとうございました。

   

  
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

↑「櫻井よしこさん=日テレ」だった時代が懐かしい。今の若い人たちはこのこと、知っているのかな。あの頃はまだ、マスコミも今よりマシだったということなのだろうか。

日テレも土下座して、櫻井さんにまた夕方のメインキャスターをお願いするくらいじゃないと、国民の信頼は取り戻せないと思うけど、日テレさん、どうですか。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。


   
関連記事
プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。