*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルーピーズたちの頭は実はこの上なくクリアーなのだと思う説

私のブログでも「岡田大臣、ホント、ダメだ・・・」という記事を書いてきたのですが( 「番外編-日本がどんどんちっちゃくなっていく・・・」 & 「日本の海は大変なことになっています」 )、私、政治家に対して、ここまでの嫌悪感を抱くのは初めてです。もう、本当に、顔を見ることさえ、耐えられない。

まず、こちらの、久しぶりに開かれたという参議院の拉致問題等に関する特別委員会をご覧いただければと思います。




「岡田外相、ブルーリボンを拒否!」

※久しぶりに、過去記事の確認に来てみたら、削除されている動画が多くて、びっくりしています。
てか、コレ、「国会の委員会」なんですけど・・・。
それが削除される日本って、こわくないですか。
という証拠に残しておきます。
代わりに、こちらの動画を見つけてきたので、貼っておきますね。




横田めぐみさんの同級生でもある塚田議員からの「ブルーリボンバッチをつけていただけないでしょうか」という訴えに対して、「信念として、そういうものは最低限しかつけない。私のスタイルだ」と岡田大臣は答えました。横田さんご夫妻と増本さんのいらっしゃる前で。

塚田議員はそれを受けてこうおっしゃいました。

「少なくとも、拉致問題に関わる外務大臣の間はつけてほしい。なぜならば、大臣がブルーリボンバッチをつけて、海外に行くことがまさに日本が拉致問題に全力で取り組んでいることの大きなあらわれになるからだ」と。


けれど、岡田外相の表情を見ている限り、これから先も、着けることはないでしょう。

「友愛」大好き鳩山総理もブルーリボンバッチをつけているのを見たことがありません。


私、岡田大臣の国会答弁を聞くたびに、「何言っとんじゃ~むかっこのボケが~むかっむかっ宇宙の果てまでいっちまえ~むかっむかっと体がわなわなと震えるような怒りがこみあげてくるのですが、このヒト、「ボケ」て言っているんじゃないんだ、「うっかり失言」じゃないんだ、それが「信念」なんだと今日、心の底からわかりましたよ。


この人は、本当に日本という国なんて、どうなってもいいんだ。

自分の信念が正義であると信じて、確信的に、「日本を売っている」んだと


「日本人が日本を売るわけがない」と信じていたい最後の一片が、岡田大臣の表情できれいにこっぱみじんになりました。少なくとも、私の中では。


そして、ルーピー鳩山も眠っているわけでも、ボケているわけでも、ワケがわからないのでもない。

彼とその背後にいる彼らの頭はこの上なく、クリアーなのだと。

ただ彼らの中でだけ明晰であるその思考回路が、一般常識人にとって「ルーピ」なだけなのだと。

私はその思いを強くしています。




「(一党独裁の)中国と一体になりたい。」と発言する岡田外相の狂気

鳩山総理の口からもしばしば出てくる「東アジア共同体」。

彼らにはこれを作り上げることこそが「正義」であり、「国家主権の移譲」や「主権の共有」(民主党の憲法提言中間報告書)をして、中国と一体化する日本をつくるという「信念」のもとに、せっせと動いているのだと。

あの~一庶民から言われてもらえれば、何もかもが、ものすっごい、不思議なんですけどね。


「『アジアはアジアとしてひとつのかたまりとして』って言うけどさ、「アジア」って、要は、中国と北朝鮮と韓国のことでしょう。何が悲しくて、わざわざ反日三ヶ国と組まなきゃならないのあんたたち、みんな、マゾなの

大体、ロシアでも北朝鮮で失敗して、中国でも破綻しつつある共産主義が日本を幸せにするとか信じちゃってんの?それとも、国家というものをなくせば、戦争もなくなるってか?

そもそも、反日で中華思想の共産主義国と日本が一緒になって、日本が-いや、「日本人」である自分たちが-生き残れると思えることが理解できないんだけど。チベットでウィグルで何が起きているのか、いや、戦前に日本人がどれだけ残虐なことをされたか、知らないの?」


普通に考えるだけで、ツッコミどころ満載ですよ。

日本のみならず、世界の常識から考えても、「どうにも理解できないルーピーなこと」だけれど、彼らには彼らなりの信念と正義があると思えてしまうことが、私はおそろしくてたまらないのです。

おかしな「信念と正義」というものほど、国を滅ぼすものはないと思うからです。

しかも、中国というのは、他民族と共生することがきわめて難しい民族であり、国家であると多くの方が指摘されている通りです。


最近、いつも、子どもの寝顔を見ながら、「この子の生きる未来を守れるだろうか」。

そんなことを考えます。

チベットやウィグルで女性がされていること、戦前の中国で日本人の女性がされたこと。

そんなことばかり、想像してしまいます。

一年前には考えもしなかったことです。


私は、参院選直前に、「民主党の正体」のHPを知り、ギリギリ、民主党への投票を踏みとどまることができただけの、政治に無関心なお花畑主婦でした。

その時でさえ、「大げさだなあ。でも、まあ、民主党はやめておくか」と夫と話したものです。

けれど、状況はこの半年の間に大きく大きく変わってしまいました。


さかしらに政治の記事を書いている私ですが、日本について本気で考え始めたのは、ここ一ヶ月くらいです。

調べれば調べるほど、食欲を失い、「私ってこんなにアタマよかったっけ?」(←本人比)というくらい、アドレナリンが体中を駆け巡り、あふれるほどに言葉が出てきました。


こんな短い時間でわかることをなぜ、今まで生きてきた長い長い時間の中で、してこなかったのか。

調べれば調べるほど、「あそこが分岐点だった」という、まさに日本の歴史を変えてしまうタイミングを、無関心なまま通りすぎてきたことがわかりました。

政治の本の一冊でも読まなかったのか。

キーボードに検索ワードのひとつでも打ち込まなかったのか。

強烈な悔いと自分への強い怒りが日々強くなる一方です。


私がのうのうと享受してきたような「日本人でいられる日本」を子どもに守ってあげることができるだろうか。

まだ間に合うだろうか。もうダメだろうか。

そんな思いをしているのが私だけではないこと。

どんどん「日本が危ない」と気づいている人が増えていること。

それだけが今の明るい光です。


「歴史に還る」 (みおぴんさんの「日本が好き」)を読んで、泣いてしまった私です。とてもわかりやすく、心に響く言葉で日本の危機を訴えておられます。

「パトラッシュ・・・もう疲れたよ」の記事もものすごーくわかります。「過去現在未来塾」講演に来賓で来られた中川郁子さんが危惧された通り、帯広市長選で民主が勝ったのを知って、空しくなって、ワタシ、ブログの更新さぼりましたから。だけど、そんなことでいちいちへこたれてはいられない。「生涯一主婦」のこのワタクシも、頑張りますしゃきーん
     


    
にほんブログ村 子育てブログへ
↑ああ。田母神さんの記事はいつアップできるのだろうか・・・○| ̄|_
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいですにゃ

コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。



人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。



関連記事
プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。