*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の海は今、大変なことになっています-「あなたはこれでも上海万博に行きますか?」

前回「上海万博に塩をたっぷり持って駆け付けるルーピー政治家どもをチェックせよ」でも、書きましたが、私の血圧は上がる一方ですわむかっさすがに、ヤフーでも(一瞬)トップに上がったこちら。



「海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で-関係筋」 

(4月20日 時事ドットコム)

中国海軍の駆逐艦が今月中旬、東シナ海で哨戒飛行中の海上自衛隊のP3C哨戒機に対し、速射砲の照準を合わせ、いつでも撃墜が可能かのように威嚇する行動を取っていたことが20日、日中関係筋への取材で分かった。
こうした行動は冷戦時代の旧ソ連も、自衛隊機や自衛艦に対して取ったことがないといい、政府は外交ルートを通じ、中国に対し事実関係の確認を申し入れている。 
関係筋によると、中国海軍の駆逐艦が海自のP3C哨戒機に速射砲の照準を向けたのは、13日午後3時半ごろ。2種類の速射砲の照準を向け、いつでも撃墜できることを示した。P3Cは国際法にのっとった通常の哨戒飛行を行っていた。
これに先立ち、中国海軍の潜水艦2隻を含む部隊が10日夜沖縄本島と宮古島の間の海域を通過し、太平洋の硫黄島方面に進行。8日には、艦隊の艦載機とみられるヘリコプターが東シナ海で、護衛艦に対して水平距離90メートルを切るような近接飛行を行っている。
関係筋は「冷戦時代の旧ソ連さえやらなかったような行動を行っている」と分析。「中国海軍が太平洋や日本近海で何をしようとしているか、慎重に見極めなければならない」としている。 


ちょっとちょっとちょっと。

これ、ものすっごいことでしょ。

私、ものすっごい、こわいんだけど。こわくてたまらないんだけど。

しかも、13日のことがなんでようやく20日に記事になるの。

しかも、テレビでこれ、ちゃんと放送したの。

この「チャンネル桜」くらい、はっきり言ったんかい。




      


そして、今日。


「中国艦艇の近海通過問題 中国艦載ヘリが護衛艦にまた接近」 

(4月21日産経)

防衛省は21日夜、同日午後3時37分から40分ごろまでの間、沖縄本島の南方約500キロの海上で、中国艦艇を警戒中だった海上自衛隊の護衛艦「あさゆき」に対して、中国軍のヘリコプターが約90メートルの距離に接近し、2周ほど周回したと発表した。政府は外交ルートを通じて、中国側に抗議した。

中国軍の艦載ヘリの護衛艦への近接飛行は8日午前にも発生しており、度重なる近接飛行は日本側の監視を牽(けん)制(せい)するねらいがあるとみられる。

また、岡田克也外相は21日の衆院外務委員会で、中国艦艇10隻が沖縄近海を通過し、ヘリが近接飛行した問題について、ワシントンでの12日(日本時間13日早朝)の日中首脳会談で取り上げなかったのは鳩山由紀夫首相の判断だったことを明らかにした。

岡田氏は「ヘリの近接接近は現場で何度も起こったわけではない。中国艦船の日本近海通過も法的には認められた行為だ。そういう中で首相、首相周辺で総合的に判断した結果、首脳会談のテーマにしなかった」と説明した。


   


「時事ドットコム」の記事を最初に読んだ時、一部の軍の暴走だと思ったんです。

上海万博の前に、大事な「カネヅル」である日本にこういうことをして反感を買うのは、中国政府は得策だと判断しないだろうと。

だけど、昨日もまた起きている・・・。

日本がとことんなめられているのか、中国ももうとめる気がないのか。

私はものすごーくこわくてたまらないです。

この衆議院外務委員会を見て、もっとこわくなりました。



4月14日衆議院外務委員会 小野寺五典元外務副大臣質問   


   


「顔がわかるところまで接近されている」

「ここまでされていて、昨日、日中首脳会談でふれたかどうか」

「こんなむちゃくちゃな外交ってありますか」と迫る小野寺議員。

対して、「冷静にきちんと対応している」と岡田大臣。

私、もう、岡田大臣、ホントにホントにホントにダメだ・・・耐えられない・・・

小野寺議員は「どちらが正しいことを言っているかは、ご覧になっている方が判断する」とおっしゃっています。

岡田大臣は「多くの国民の皆さんも私と同じ意見だと思います」とおっしゃっています。

この日、NHKで国会中継があったかどうか知りませんが、ひとりでも多くの方にこの動画を見て、判断していただきたいです。


  


4月21日衆議院外務委員会 武正副大臣が竹島交渉経緯提出拒否

画面右下をクリックして「YOUTUBE」に飛んでください。経緯が文字起こしされていて、わかりやすいです。ムネオも頑張ったのに、中断の間の岡田大臣も副大臣もひどすぎる・・・。大体、あの女の人、誰なの。
   

もう、この民主党の人たち、これ以上、なにひとつ、余計なことをしないで、国外退去してほしい。

どなたかが「普通の国なら、国会議事堂を取り囲んで、クーデターが起きている」と書かれていました。

今、ものすごーく共感できます。だって、これでもルーピーズはウハウハと上海万博に行くのでしょうから、その間にクーデターが起きたって不思議じゃないんだ。よその国なら。

けれど、日本ではそんなことは決して起こらない。

こんなこわいことを多くの国民がいまだに知らないのだから。

政治初心者の私が言うのもなんですが、私はこんな日本という国が何よりおそろしい。


そして、中国の大きなヘリに「顔が見えるところまで」接近された海上自衛隊の方々はどんな思いをされただろうと考えた時、先日の田母神元航空幕僚長の言葉を思い出しました。


「日本は、政府も国会も『武力行使はしない』と言って自衛隊員を海外に送り出すが、これは明らかに間違いなのである。日本が『絶対に反撃をしない国』だと分かってしまうと他国はたちまち日本を侮り始めるだろう。
だから日本は自衛隊を送り出すにあたって『武力行使はしない』『武装も最低限』などと強調することで自衛官を危険にさらしてきたとも言えるのだ。」

   
次回、頑張って、日本の安全保障について書いてみます。
       


<参考記事>


「防衛省が警戒・監視を継続 中国海軍艦艇10隻の沖縄近海航行」
(4月13日産経)


「中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過」
 (4月13日産経)


「日中首脳会談、東シナ海ガス田開発問題進展なし 死刑執行に触れず」 
(4月13日産経)

 ↑反日三ヶ国との「東アジア共同体」なんてありえないからむかっむかっ


「沖縄通過の中国艦艇、その後に沖ノ鳥島近海へ」
 (4月20日産経)


「中国艦艇 沖ノ鳥島近海で活動継続 自民党、発表遅れを追及」
 (4月20日 産経)




にほんブログ村 子育てブログへ
↑昨日の外務委員会での小野寺議員の質問は衆議院TVですべてを見ることができます。もっとめちゃくちゃなことが起きています。

ブログランキングに参加しています。イカってイカって眠れない私にクリックをいただけるとちょっと元気が出ます

コメント&トラックバックは承認制をとっております。
反映されるまで時間がかかる場合もありますが、なまあたたかい目で見守っていただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ
↑お時間のある方はこちらもクリックしていただけますと、小躍りして喜びます。





   

関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。