*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「みんなの党」は第二民主党?!

このブログでも何度か、政治若葉マークの私ががんばって、新党について記事を書いてみました。

  

で、 「たちあがれ日本」>「みんなの党」だったのです。


新党「たちあがれ日本に関連して」 では、年長者に敬意を払えない渡辺代表の人間性を疑い、

「過去現在未来塾講演会ご報告 」では、朝日が「たちあがれ日本」を↓↓「みんなの党」をうえなことを疑い、

「アンカー青山繁晴氏について思うこと」  では、橋下知事が支持する道州制の考え方を疑い、

「過去現在未来塾講演会-目からウロコがぼろぼろの巻其の弐」  では、民主党が漁夫の利を得た多摩市長選に怒りました。

    

このような選挙結果は、自民党もみんなの党も恥ずべきことです。これで、みんなの党が「うちの党もワッハッハきゃー」と喜ぶようなら終わってるなと思っていたのですが、なんと、予想通り、 みんなの党が福岡で自民離党の県議を擁立」  だそうです。

沈みかけたボロ船から、流行りの一見立派なクルーザーに乗り換えるという、志のなさがいやらしい。恥ずかしくないのかと思うのですが、こういう議員はこれからもあとを絶たないでしょうね。

というわけで、ますます、「たちあがれ日本」>「みんなの党」の私です。

政治初心者の私を元気づける記事を見つけたので、ご紹介します。


第二民主党「みんなの党」  ( 「メディアパトロールジャパン」のコラム参照)

「みんなの党は「第二民主党」であり、まごうかたなき民主党の補完勢力である。「自民党はダメ、民主党の無能と悪政にも嫌気がさし始めた」という人々が、みんなの党に期待しているようだが、それは絶対にやめた方がいい。

みんなの党は、民主党の政策の中から、地域主権型道州制を抜き出し、党の目標をその実現に絞ったワン・イシュー(単一争点)型の政党である。この党の政策の中心は、中央集権の解体であり、地域主権の導入である。地域主権型道州制が、日本国解体論でしかないことは、既に私のブログ上で指摘してある。」 

(↑最初の数行だけご紹介。ぜひ全文を読んでみてください。)


日本という国は、愛国心が育たないように教育された、極めて国家意識の薄い人々が集まってできているという前提を忘れないようにしなければ、大変なことになるではないでしょうか。

     

ちなみに、このコラムを書いた藤井厳喜氏はブログ上で「鳩撃ち猟」を展開中です。

紹介動画はまったくいただけないですが(「愛国心→軍国主義→戦争」という連想ゲームをしがちな人々がいまだ多いというのに、本当に心配してしまいます)、内容はきわめて画期的かつまじめなものだと思います。

民主党が4年間、衆議院を解散しなければ、日本がなくなると思う方々は検討の余地アリだと思います。

  

あ、話がそれました。

「過去現在未来塾」講演の主催者のおひとりでもある水間政憲氏も「朝日新聞が認めた保守政党」 という逆説的な記事で、「たちあがれ日本」を評価しています。

いちばん避けたいのは、私のような(にわか)保守層の票が分断されることだと思うのです。

もっとわかりやすく、政党を超えて、まとまってくれないと、最悪の結果になりはしないかと不安でしかたないのは私だけではないと思います。

    

ちなみに、「メディアパトロールジャパン」には、「たちあがれ日本について思うこと」という批判的なコラムも載せてあります。本来のマスメディアってこういうものでしょと言いたくなります。

http://mp-j.jp/modules/d3blog/tb.php/76

   

        

<おまけ>

【Web】「たちあがれ日本」がネットで好評?

   

そっかひらめき電球 オタク脳が刺激されると思ったら、「ガンダム」なのねキラキラ


    
にほんブログ村 子育てブログへ
↑「朝日の社説と反対のことが正しい」という認識でいいらしいとわかりました。

参院選が終わるまで、参考書代わりに、購読を継続しようかな。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいですニコ

   

と一刀両断でばっさり。自分が北海道で教育を受けた経験から、「道州制を導入したら、日本がばらばらになる」と私が感じるようになったのは正しかったのだとちょっと嬉しかったです。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。