*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉進次郎議員はキムタクになりえるのか

おバカなタイトルですみません汗

私って、つくづく「ドラマ&オタク脳なんだわ」と思うこの頃。

この記事を読んで、ふと、「キムタクが総理になるっていうドラマあったよな~」と思い出したのです。「CHANGE」でしたっけ。


ふたたび「小泉進次郎総裁なら自民は勝てる」


私、小泉改革ってどうだったんだろうとイマイチ懐疑的なので、このイケメン新人議員さんに対しての関心も薄かったのですが、早速、先日の安全保障委員会での質疑を見てみました。すごかったお~

小泉孝太郎&進次郎兄弟は、石原慎太郎&裕次郎兄弟の再来になり得るのかということにも、ミーハーな私としては今後注目していきたいです。あら、この兄弟ズって名前も似ているのね。





安住委員長の「小泉純一郎く・・・、あ、失礼、こ、小泉進次郎くん。すいましぇん・・・ご、ごめん、まちがった」という一連の場面は今年のNG大賞でしょう。気持ちはわかるけど、それ、パパの方だから。


この質疑は誰が見ても、本物の「小泉チャイルド」の圧勝でしたね。すばらしかったラブ

ただ、この質疑を見ながら、先日の講演会で、「今回の政権交代はあまりにもタイミングが悪かった」とどなたかがおっしゃっていたのを思いだし、深~く納得してしまいました。

安倍内閣の教育改革がまさに実を結ぼうとしていただけでなく、こういう「一歩ずつ積み重ねてきた基地問題」もそうだったのかな。基地問題に関してもあまりにも今まで無知すぎました。


そして、「カリスマ性」というのはこういうことかと、つくづく思いました。

自民党もこの小泉議員を総裁にして、まわりをベテラン・中堅・若手を含めた保守系議員でしっかり固めて、大切に守っていけば、参院選挙は勝てると思うんだけどなあ。

逆に言うと、それくらいやらないと、もう、自民党はダメだと思う。頼むから、まちがっても、マスゾエさんはやめてね。


で、話は変わりますが、私、世襲議員に対しての認識が変わりつつあるんです。

今までは、まるで政治に無知なくせに、世襲議員には否定的だったのです。

が、いろいろ政治について勉強したり、国会質疑を見ているうちに、世襲議員というのはある意味、国民にとって財産なのではないかと思うようになりました。

「政治家」というのはきわめて特殊な職業であるが故に、身内に政治家がいることでしかできないものすごく貴重な経験を彼らは子供の頃から山のようにしているんだなあと、つくづく感じることが多いのです。

もちろん、なにごとにも功罪はあります。

支持基盤を受け継ぐ世襲議員は資金面でも有利でしょうし、特定の企業や団体と癒着しやすいという面もあるかもしれない。ろくでもない二世三世議員も確かに多い。

けれど、利害関係の絡む一部の有権者より、一般庶民の方がずっと多いのです。

要は、国民が政策で、政治家を選ぶように勉強すればいいのではないのか。

「ろくでもない政治家」ばかりになっているのは、有権者にも責任があるのではないか。

そんなことを最近よく考えるのです。


それにしても、この北澤防衛大臣という方は、石破議員には「私、あなたより何倍も知っていますから」と言われ、はるか年下の小泉議員にも惨敗し、ホント、情けない。こんな人が日本の「防衛大臣」なんて、こわすぎる・・・○| ̄|_




ひどすぎて、かわいそうになるくらいだけど、田母神さん(この方については「過去現在未来塾」発足記念講演の記事でご報告します)を国会に参考人招致した時に、ことごとく発言を封じた、外交防衛委員会の委員長がこの北澤氏だったことを知り、同情の余地なしと判断 します。


まあ、「サギ」であり、「チキン」であり、「カモ」であり、「アホウドリ」であり、「ガン」でもある鳩山総理の発言のつじつまを合わせるのは、ものすごーい至難のワザであることはまちがいありませんが・・・。

あ、NYで流行っているとまことしやかに伝えられるこちらの言葉から引用しました。


「日本人が鳩山首相のことを『サギ』だと言ったら、アメリカ人は『チキン』と言う。中国人は『カモ』だといい、ヨーロッパ人は『アホウドリ』だと言う。本人は『ハト』だと言っているけど、本当は『ガン」なのではないか」   


で、この「政府のひとりとして、あ、総理だった」発言もすごいなく

そうなんですよ、日本国民の一人として、まったく恥ずかしいことですが、なんと、ボクちゃんが日本国の総理なのですよ。


参考記事はこちら → 「鳩山首相が実践する父の遺訓『政治家はバカ者』」


この記者の方がぎっくり腰で呻吟しながら、「この、この・・・」と怒りにぷるぷる震えるお姿を想像すると、不謹慎ですが、笑ってしまう私です。


   

にほんブログ村 子育てブログへ
↑ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいですニコ


     

関連記事
プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。