*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一フィギュアファンの哀しみと怒り

すみません汗 またまたフィギュアネタです。


まずは、村主選手のことから。

私、ずっと、村主選手の演技が大好きでした。日本の女子選手の中で、一番好きでした。テレビの前で、ジャンプのたびに、手を握り締めて祈り、泣いたこともあります。

ソルトレークオリンピックやGPファイナル優勝した時の演技、そして、トリノ行きを決めた全日本選手権での演技。素晴らしい演技の数々を今もおぼえています。

トリノの時のノーミスの演技も素晴らしかった。ファンの欲目かもしれませんが、もし、荒川選手の前に滑っていたなら、もっと高い得点が出ていたのではないか、メダルをとれていたのではないかと今でも思うことがあります。

だから、バンクーバーへの強い気持ちも理解できたし、トリノ以降、不本意なシーズンが多かった村主選手を心配し、応援してきました。

バンクーバーオリンピックが開幕し、テレビで村主選手の姿を見た時、驚きました。

なんとなく、村主選手なら、ひとり部屋のテレビでフィギュアを見るか、あるいは、リンクの上に立って一切テレビを見ないようにするか。そんなイメージを抱いていたからです。

そして、テレビの向こう側にいる彼女の口からは共感する言葉を聞くことはできませんでした。今回の世界選手権のコメントも同様でした。

そして、スポンサーがつかなければ引退とも報じられた村主選手に10社以上の支援の申し出があったことを知りました。


先日、伊藤みどりさんのブログが閉鎖されていたことを知りました。エイベックス(←調べると、いろいろ噂がある会社のようですね)との契約も三ヶ月で終了していたようです(関連記事 )。

トリプルアクセルと言えば伊藤みどりさんなのに、バンクーバーの時も、真央ちゃんが優勝した今回も、お姿を見ることはありませんでした。

八木沼さんや荒川さんの流れるような危なげのない解説と比較すると、聞いている方がひやひやすることもありましたが、「跳べ!」「真央ちゃん、やった!」と視聴者と一緒に浅田選手を応援するような、そんな、先輩として、人として、あたたかさが感じられる解説でした。

浅田選手に対するマスコミ報道の異常さを目の当たりにすると、このおふたりのことを考えてしまうのです。

自分の生活やどうしても守りたいものの前に、人は無力なのかもしれない。

当たり前のことを当たり前に言うためにはたくさんのものを失う覚悟がいるのかもしれない。

どうしても、そんなことを考えてしまうのです。


もちろん、私は推測するしかできない立場の人間です。

何があったのか、何が本当かはわからない。

けれど、村主選手はリンクに戻ってきても、以前とはなにかが変わってしまっている気がするのです。

少なくとも、私は今までと同じように、彼女の演技を見ることはできない。

それが、ただただ、かなしいのです。



ハイ。すみません。愚痴りました。



気分を変えていきましょう。ニコ

今回の騒動、さすがに、おさまりませんね。

だって、明らかに「やりすぎ」だもの。現場が「ヤケ」になっているのか、「さすがにこれだけやれば、おバカな国民も気づくだろう」っていう「愛のムチ作戦」なのかと深読みしてしまうほどですよ。

もう、おなかいっぱいという方もいらっしゃると思います。

が、19歳の女の子が今まで戦ってきたものの大きさを、オトナのはしくれとして、知らなければいけない、忘れないようにしなくてはいけないと思うので、私のメモ書きと言うことでお許しください。

とりあえず、真央ちゃんの支援続行を表明した「森永製菓」を一主婦のワタクシ、全っ力で応援します。

それにしても、牧野トレーナー、ホント、イケメンラブ 珍獣ハンターのイモトが牧野トレーナーに会いに行く番組を観たのですが、そのお人柄にもハート②


さて、まずは民放の許すまじ所業からおさらい。今日もイカりますしゃきーん


浅田真央とキム・ヨナは友達?日テレが記者会見を捏造

http://www.tanteifile.com/newswatch/2010/04/04_01/index.html


動画をご紹介しようと思ったら、なんと、昨日は見ることができた「日本テレビZEROのひどすぎる捏造」が今日は削除されていました。記事と関連するので、「フジの不可解な解説削除」を入れておきます。




さらには、BSフジで堂々と放送された(地上波ではカット) 「そして、このあと、浅田真央。場内の大歓声はブーイングに変わりました」のアナのコメント。コレ、コストナー選手の点数の低さに対してのブーイングでしょうがむかっむかっしかも、この時、画面右下にコストナー選手、映ってないかい(動画の40秒付近)?すごい悪意のある編集だと思うのですが。




そして、「なんか~ものすごい批判がきちゃってうるさいし~とりあえず答えとくか」のこちら。こんなんで、納得できるか~むかっむかっ




そして、話だけは聞いていたフジの転倒パネル事件をさっき見て、ぷるぷると怒りに震えておりました。




ちなみに、この時、真央ちゃん、優勝しています。なのに、このパネルって、明らかにおかしいでしょう。

にこにこ笑ってインタビューしている安藤さんが本気でこわいし、真央ちゃんを呼ぶまで、誰も「これおかしくないですか?」って言いださなかったフジテレビがもっとこわいよ。



ここまでやるかの民放ですが、NHKも負けていません

「バンクーバーオリンピックの公式練習で起きていたこと」。

文章だけで、動画を紹介するのは遠慮していたのですが、そのような場合ではありませんね。これもすぐに削除されるかもしれませんが、一応載せておきます。




今までの数あるフィギュアのびっくり動画の中でも3本の指に入るもの。

「今、頭の中でイメージしているのでしょう」の言葉でうっかりスルーしてしまいましたが、この時、浅田選手が何をされていたのか。

知った時、「私、見てた見てたよ!」と叫びました。そして、泣きました。

これは、国を代表するアスリートとして、オリンピックという舞台に立つ者として、あり得ないアンフェアな行為です。大きく報道された、どっちが悪いのかわからない練習妨害とはレベルが違います。

何故、目の前で「自国の選手が自分の曲かけの時間にもかかわらず、ステップを踏めないでいる」ことを隠すのでしょうか。

何故、浅田選手が集中していた演技を中断せざるを得なかったのかを「日本の公共放送」が伝えないのでしょうか。

何故、その時に、五輪マーク輝くリンクの中央でステップを踏んでいる人を映さないのでしょうか。

もう、つっこんでくれなかったから、気づかなかったじゃないの。

「あれ。珍しいですね。公式練習ではこういうことは珍しいんですけどね(というか、初めて見たよ)」くらいのコメントをすっとぼけてしておけむかっ

でも、ありえない事態を目の前に、とっさにあのコメントを言えるってすごいよ。日頃の訓練のタマモノだね。

このアナウンサーの方、表彰式で「よく言った!」と思う発言をした後、すぐに慌てて訂正していましたよね。この人も組織の中で、できる範囲で戦っているのかもしれない、これが精一杯なのかもしれないとつい思いをはせたりするのです。


なんか、最近のフィギュアって、いろいろ勘繰ったり、深読みしたりして、演技を楽しむことができないなあ。

というあなた、海外の素晴らしい解説で真央ちゃんのSP&FPを楽しみませんか。

って、なんで、日本選手の素晴らしい演技をほめちぎる解説を「海外のテレビ」で見なくちゃいけないんだよってハナシですよね↓↓↓↓

日本で仮にも「テレビ局」を名乗る皆様、こちらがドン引きするくらいの、真央ちゃんびいきの解説をしてみやがれしゃきーん







そして、最後は真央ちゃんと大好きな翔くんのほのぼのトークでしめます。気持ちよく、おやすみなさい。ニコ






にほんブログ村 子育てブログへ


↑ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいですニコ


    

関連記事
プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。