*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一フィギュアファンのつぶやきです

女子フィギュアで燃え尽き、脱力しておりました。

本日、久々の更新です。ハイ。

エキシビションも終わり、明日は閉会式。

いろいろと思うところのあるオリンピックではありましたが、終わってしまうとさびしいなあ。

フィギュアを見るのにいろんな意味でこんなに気合と気力を必要とするのは初めてでしたからね。とほほのほ・・・涙

エキシビションは純粋に楽しもうと思っていたのですが、華やかさとインパクトに欠けるような・・・。

順番もばらばらでアンコールもなく、どこかちぐはぐなまま、あっさり終わってしまいました苦笑

もちろん、素晴らしいなあという演技もありましたが。

    

       

男女フィギュアが終わった後、モヤモヤを消化できず、ネットの旅に出ておりました。

掲示板で多くの意見を読んだり、フィギュアファンの方の素晴らしいブログを読んだり、昨夜は夜中3時過ぎまで、「You Tube」で過去の素晴らしい演技の数々に見入っては心を震わせておりました。

ソルトレークの男子フィギュアを今見ると、プル様のお怒りもごもっともと思わずにはいられません。

プルシェンコとヤグディンの演技はひたすら、「すげすぎ・・・お~すげすぎ・・・お~すげすぎ・・・お~」とひれ伏すしかありません。

そして、ジャッジの国名が明らかなのが本当になつかしい

すごい昔のような気がするのに、8年しか経っていないんだ・・・↓↓


女子フィギュアのメダルについては、大会前から少なからぬ人たちが予想していたであろう結果になりました。

点数の疑問もあげていけばキリがありません。

「ジャッジがどう判断するか」という部分がありすぎて、もはや素人にはまったくついていけませんなく

匿名ジャッジの皆さん、ひとりひとり前に出て、加点の根拠を説明して~

それか、エッジに塗料でも塗って回転不足かどうか誰が見てもわかるようにするとかさ。

スパイラルなんて分度器でもつけて、角度測るとかさ。

つーか、この時代、そんな原始的なことしなくても、十分わかりそうなものじゃない?(実際、ネットにこれだけ動画が溢れているんだし)

ああ、世の中、不思議なことばかりなり。


あたしゃ、そもそもフィギュアって一体何を競ってるかさえ、わからなくなりましたよ。

スピードスケートだとコンマいくつの秒差とか、カーリングだとストーンの位置が何センチ差とか、すっごーい僅差でも悔しいけど納得できる。

ハーフパイプも、ショーン・ホワイト選手の技には「なんじゃこりゃ」と初めて見た私でさえそのすごさに衝撃を受ける。

それがフィギュアだと、技術的にはものすごいことをやってのけた浅田選手が大差で負けてしまう。

「表現力の差」だと言われても、私の感性が鈍いのでしょうが、金メダリストと4位の選手の差が40点つくことが理解できない。

しかも、巷の人々の意見を見ても、どの選手の点数が高いの低いのと、個人の印象と主観によるものがあまりにも大きすぎる。

「素人は黙っとけ」と言われたらそこまでですが、一般人の見て感じるものと順位や得点があまりにも乖離してしまったら、もうフィギュアは衰退するしかないと思うんですよねぇ。

    

今回のことでよかったことがあるとするなら、過去のメダリストを含む、多くの人々が採点に疑問を抱くきっかけになったということ。

今までは「ただ見るのが好き」レベルの一ファンの私でさえ、いろいろ調べたりして、オリンピック前よりはフィギュアについて知ることができました。

実は、オリンピック前には「3年間頑張ってきた選手に勝ててうれしい」とか、「妻に金メダルとれるんじゃないといわれて戻ってきた」みたいな発言から、プルシェンコ選手には正直いい印象は持っていませんでした。すみません汗

が、今回、彼の復帰がなければ、これだけ4回転論争や現行の採点制度への批判が高まることはなかったのは確かです。

彼にしかできなかったことです。大好きだよ、プル様ハート②



今回のバンクーバーでは、フィギュア大国ロシアが徹底的に敗北しました。

フィギュアで金メダルをとれなかったという表面的な事実だけでなく、4回転を跳び続けるプルシェンコ選手や「オリンピックで頂点に立てるのは限界に挑戦してそれを乗り越えたものだけ」というタラソワコーチが持つ、ロシア的価値観、美意識の敗北。

私はこちらの考え方の方がずっとずっと好きです。

四回転に挑戦した場

関連記事
プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。