*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の石垣島子連れ旅-(6)竹富島でゆるゆる島時間?!

お買い物の後は、集落をぷらぷら歩いて、「なごみの塔」へ。

「なごみの塔」は集落の中心・赤山公園にあり、島を見渡せる人気のスポット

ハルにはゼッタイ無理な急な階段だったので、下の芝生でハルを遊ばせながら、テツオと交代で登ることにしました。

私が先にチャレンジした時はちょうど前に3人ほど待っていて、後にもすぐに4-5人並びました(後で前を通った時には誰もいなかったので、そういうタイミングだったのかな)。

            
ドサンコの東京子育て&旅日記
↑うぇーん。どうしてこんなに急な階段にしちゃったの・・・

    

段数は多くないものの、想像以上にものすごーい急で、幅も狭ーい階段なのです。幅なんて10cmあるかな、くらい。

「自己責任でお願いします」という看板もナットク。

高所恐怖症のビビリ+待っている人がいると焦ってしまう私は1-2段足をかけたところでギブ。

竹富島まで行って、なごみの塔に登れなかった人って、100人に2人くらいかしら・・・涙

こりゃ、オンシーズンには行列マチガイなしでしょう。

           
ドサンコの東京子育て&旅日記
↑赤瓦屋根の集落と青い海が見渡せます(byテツオ)

        

「登って下りられなくなるよりいいよ」とテツオに慰められながら、「そば処竹の子」へ。

時間は11時ちょっとと少し早めですが、暑くてハルがくったりしてきたので、ランチ休憩にしました。

    
ドサンコの東京子育て&旅日記
↑竹富島の人気老舗そば屋さん「竹の子」

   
ドサンコの東京子育て&旅日記
↑ソーキそば(800円)と自家製ピィヤーシ

   

あっさりスープに味のしみたソーキが美味しいラブ

竹の子オリジナルの香辛料「ピィヤーシ」をかけるとまた美味しいラブ

この日は気温26度と暑くて、ハルも店内では肌着一枚になりました。

ごはんを食べてハルも復活しゃきーん本日初めて歩いてくれました。ホッニコ       
   

ドサンコの東京子育て&旅日記

↑これぞ南の島きゃー

    
ドサンコの東京子育て&旅日記
↑喜宝院蒐集館

    
ドサンコの東京子育て&旅日記
↑営業時間は30分!びっくりのGS

     

国の有形文化財「西桟橋」にも寄ってみました。

次回は竹富島に泊って、ここから夕陽を見たいなあ。

          


ドサンコの東京子育て&旅日記
↑コンドイビーチを目指して延々歩きます

    

島内バスを利用しようかとも話していたのですが、結局、集落から歩いちゃいました。

旅に出ると、なんだか歩きたくなる私とテツオ。

歩いた方が、島の大きさとか空気とか感じられる気がするんですよねぇ。

とはいっても、海岸沿いだけど海も見えないアスファルトの一本道

歩いているのは我々のみ。時折軽快に通り過ぎる自転車が羨ましい。

白砂が敷き詰められた集落の道をハルを乗せて自転車で走るのは危ないかなと今回レンタサイクルを利用しなかったのが残念。ハルが大きくなってからのお楽しみだなあニコ

        

ドサンコの東京子育て&旅日記  

↑ようやく着きました。コンドイビーチ

      
ドサンコの東京子育て&旅日記
↑どこまでもどこまでも歩いてみたくなる白い砂浜

       
ドサンコの東京子育て&旅日記
↑これぞ南の海お~

   
ドサンコの東京子育て&旅日記
↑ものすごく透明でキレイな海お~

    

ハルはテツオにだっこされてここまで来る間に、おひるねタイムに突入。  

この日は夏を思わせる日差しだったので、日差しを遮ることのできるこちらのベンチがあってよかった~きゃー 

風が気持ちいいいベンチでお昼寝中のハル&テツオでした。

私も座って、サーターアンダギー&いただいたさんぴん茶でおやつにしようとしたら、ネコちゃんがわらわらわらわら。思わずキャッ!(←私は動物苦手の冷血人間なのであります)。

って、ごめんよ~あなたたちのおうちに不法侵入しているのは私の方だね。

    

しばらくのんびりしましたが、ハルが起きる様子もないので、カイジ浜へ向かうことにしました。テツオのだっこ続行汗

      
ドサンコの東京子育て&旅日記
↑「星の砂」で有名なカイジ浜

    

カイジ浜は思ったより小さなところでした。

のんびり島時間を楽しむなら、コンドイビーチが断然オススメ。

ようやく起きたハルと砂浜で遊ぼうと思ったのですが・・・「えーんえーん」汗

ハルと手をつないで白い砂浜をのんびり歩きたかったんだけどなあ。

  
ドサンコの東京子育て&旅日記
↑島には猫ちゃんがよく似合う

     

手の平をぺたっと砂浜につけて、目を凝らして「星の砂」を探したのですが、そう簡単には見つからないみたい。
だけど、大丈夫。

水牛車に乗った竹富観光センターでもらった「星の砂」があるから苦笑

   


ドサンコの東京子育て&旅日記
↑本当にキレイな星の形星

    

暑い中、再び歩いて集落まで戻る気力がなかったので、帰りは島内バスを利用しました。

バスは港→集落→カイジ浜→コンドイビーチを巡回しています。

バス停に書いてある「竹富島交通」 に電話をかけて、乗車したい時間と人数を伝える仕組み。

13時25分の便をお願いしましたが、年代を感じさせるバスに乗客は私たちのみ。

港ではなく、「ぱーらー願寿屋」の前で下ろしてもらいました(料金は300円)。朝はまだオープン前だったので、リベンジえへへ…       

    

           

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
↑ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると更新の励みになります。

    

       

関連記事
プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。