*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
授乳時の痛みにお困りの方へ-乳腺炎対策

授乳中、「乳腺炎」になった方も多いのではないでしょうか。

これもまた、なりやすい方とそうではない方がいるんですねえ。

初期から、ケーキを食べても大丈夫という羨ましい方もいれば、ちょっと脂身のあるお肉を食べただけでもしこりができて、乳腺炎にまでなってしまう私のような人もいる。


私は4回乳腺炎にかかりましたなく

患部が赤く腫れて熱を持ち、歩くだけで響くような痛みを感じて、家事をするのもつらかったです。

乳腺炎は、高熱や関節痛などインフルエンザと似た症状が出て、急に熱が上がるのが特徴。

朝、胸が痛くて、おひる頃「なんかだるいなあ」と思っていると、夕方には38度を超える熱が出たりします涙

         

乳腺炎になってしまったら、まずは冷やす

私の場合は、ハルの発熱に備えて購入したこちらが大活躍でした。


 冷えパック400

     

ケーキを買った時などについてくる小さな保冷剤も重宝します。

ちなみに、冷凍庫だと冷え過ぎてしまうそうなので、冷蔵庫で冷やしたものを使ってくださいね。

昔ながらのキャベツ湿布(=キャベツの葉を熱をもったところにあてる方法。葉がシナシナになります)もお試しを。

      

そして、とにかく赤ちゃんに飲んでもらう

間隔を開けるとしこりも固くなって余計に痛くなるので、赤ちゃんに吸ってもらうのがいちばんです(授乳が痛いとこれもつらいんですけどね・・・)。

乳腺炎の時のおっぱいは美味しくないようで、赤ちゃんがおっぱいを飲みながら、自分の髪をかきむしったり、ママをたたいたりして、美味しくなさを訴えることもあります。ごめんね~汗

ちなみに、ママの熱が38度を越えるとおっぱいの味が変わるとか、おっぱいをあげてはいけないとか本に書いてありますが、桶谷では38度を超えても、ママがつらくなければ授乳してもいいと言われました。

         

また、乳腺炎になった時は、湯船につからず、シャワーだけにするのがよいようです。

        

    

つらい乳腺炎にはできればなりたくないもの。

乳腺炎を何度かすると、「あ。まずい」というぴりぴり感がわかるようになります。

要注意の気配を感じたら、早目に葛根湯を飲んだり、マッサージを丁寧にしたり。

お肉は出がよくなって、しこりができやすいそうなので、食べ物にも気をつけたり。

(左胸がつまるのは乳製品・小麦、右胸がつまるのはお肉やお魚のとりすぎだと聞いたことがあります)

あとは、普段から、授乳前に肩甲骨や肩を動かしておいたり、体を冷やさないようにするのも大切ですね。

    

     

ちなみに、私は乳腺炎の痛みとは別に、授乳の合間にずっとキリで刺すような痛みが四六時中ありました。

夜中、痛みで眠れないことも。

桶谷式でも相談しましたが、特に問題のある痛みではなく、私の他にもそういう痛みを訴える方がまれにおられるそうです。

母乳育児が軌道に乗り始めた4ヶ月頃には気づくとなくなっていました。

私は勝手に「母乳がつくられる時の痛み」と名づけていましたが、あの痛み、なんだったんだろうなあ・・・・




にほんブログ村 子育てブログへ
↑新年明けましておめでとうございますきゃー

久々の更新ですが、今年もよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると更新の励みになりますきゃー    

関連記事
プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。