*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
授乳時の痛みにお困りの方へ-授乳のコツ

「授乳が痛い=赤ちゃんが浅吸い&浅飲みしているのが原因」だと育児本には必ず書いてあります。

ハルの場合もまったくその通り。

小さい&おちょぼ口のためか上手に飲めず、浅吸いするのに加えて、乳首を引っ張って飲む癖があったので、授乳時の痛みはハンパなく、傷や白斑もよくできましたなく

ハルには「え?前歯?」というくらいの立派な吸いだこが何度もできました。

別名「さぼりだこ」とも言うそうで、浅吸いの子によくできるみたいですね。

                

授乳時に痛みがある場合は「授乳の姿勢&吸いつき方を見直すべし」とこれまた育児本には必ず書いてあります。

「授乳指導を受けるのがよい」ともあったので、もうアップアップ溺れて、ワラにもすがりつきたい心境だった私は、区の助産師訪問の他、お世話になった助産師さんに個人的に家に来てもらったり、桶谷式の門をたたいたりしました。

そんなこんなで、私が試行錯誤してたどりついたことをいくつかご紹介します。

まずは、ワタシ流の「授乳ステップ」

    

1. 赤ちゃんに大きく口を開けてもらう

いきなりくわえさせるのではなく、乳首や指で赤ちゃんの口のまわりを刺激して、お口が開いたところをすかさず狙います。

        

2. 赤ちゃんの後頭部をしっかり持ってぐぐっと乳首に引き寄せる

これが私的にはポイントでした。

授乳に慣れてない頃は、ママも必死で余裕がなく、つい自分が前のめりになってしまいがち。

ママが赤ちゃんの方にいくのではなく、赤ちゃんを自分の方に引き寄せて、慌てず落ち着いてくわえさせる。

これって結構大切ですよ。


この時に、乳房や乳輪部分の上下をつぶして横長にして、赤ちゃんの口に押し込むといいようです。

赤ちゃんの下唇を乳輪の下に合わせるような気持ちで、「ぱくっ」(つい声に出して言っていたなあ苦笑)。

「赤ちゃんの口の中いっぱいにおっぱいを押し込むわ」くらいの勢いが大事です。

授乳指導を受けた時、私の想像以上に赤ちゃんの口の中に押し込むことに(ハルがかわいそうになるくらい・・・)びっくりしたものです。 

       

3. 赤ちゃんの口を外向きに直す

これまた育児本には、授乳で痛みを感じる方、赤ちゃんの口が朝顔の花やドナルドダックの口のようになっていますか」とある。

案の定、ハルの口は100%は内側へ巻きこんでいたので、いったんくわえさせてから(=痛みに耐えつつ)、指で唇をめくって外側へ出してあげていました。

この直す瞬間に飛び上がるほどの激痛が走ることもよくあるんですなく

私の場合、赤ちゃんの下あごをさげるようにしてお口を直すと痛みがマシな気がしました。  

 

4. 授乳中も姿勢を見直す

ママも赤ちゃんに吸わせることに一生懸命になってしまいがち。

授乳中にも姿勢を見直すといいですよ。

赤ちゃんとママが離れるほど、浅吸いになりがちです。

基本は「赤ちゃんのおへそとママのおへそをくっつける」です。


           

次に、授乳の回数と時間についてです。
桶谷式で習った「3分-5分-5分-5分」のリズムがいいようでした。

なので、慣れるまで時計とにらめっこの授乳苦笑

姿勢を代えるのが面倒だったり、珍しく痛みがなく上手に授乳できている時は代えるのがもったいなく思えるのですが、この時間を守った方がハルも効率よく、コックンコックンしていたように思います。

おっぱいにもわいてくるタイミングがあるので、長い間吸ってはいても、実は、量を飲めていないことが結構あるらしいです。

(ハルの場合は特に上手に飲めない子だったし)。

また、授乳初期はやはり夜中に一度でも起きないとおっぱいの出が悪くなったり、乳腺炎も起こしやすくなったりしました。   

     

最後に、抱き方についてお話します。

私は右利きなのですが、右はフットボール抱き、左は横だっこが多かったです。

授乳クッションをスライドさせれば抱きなおさなくてすむというのが、面倒くさがりの私にぴったり。

私の場合、脇にしこりができやすかったので、フットボール抱きをしてハルにごくごく飲んでもらうとしこりがとれやすいような気がしました。

しこりができた時は、いつもとは抱き方をかえて、しこりに軽く手をあてて抑える気持ちで授乳しました。

乳腺はストローと同じなので、乳腺の出口をふさがないように、軽く抑えるというのがコツです。

ついつい、強く押してしまいたい気持ちになるんですけどね~苦笑

   

ちなみに、やはり授乳クッションは使った方が楽でしたにゃ

「カモンベイベーお買い物大作戦-授乳部門(1)」  もよろしければどうぞ)

     

ランデブー ガーゼマルチクッション (B)

     

      
にほんブログ村 子育てブログへ

↑またまた久しぶりの更新です汗

先月には「子育てINDEX」の年内コンプリートも見えていたというのに、この体たらく・・・↓↓

クリックしていただけると更新の励みになります。

関連記事
プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。