*All archives* |  *Admin*

2011/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京マラソンと都知事選
この記事はブロとものみ閲覧できます
本日の国会&マスコミはフェアにいこうよ~(切望)

人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

いや~今日の予算委員会、ひどかったですね。テレビ中継がない時の中井ハマグリはホントすごいわ。ニコ動の生放送の視聴人数も少なかったし、想定内だけど、ニュース番組(自称)はスルー この許すまじ所業をどうやったら世に知らしめることができるのだろうと地団太を踏んでおります。
さて、「本日の国会シリーズ」の前に、どうにも腹が立って仕方がないことから。

精神的に余裕がある時は、テレビがどう世論を誘導しようとしているかをチェックするために、夕方は「スーパーニュース」(フジ)、19時から「NHKニュース」、20時から「プライムニュース」(BSフジ)をながら見しています。
まつりごと女子仲間のkuriさんから早速コメントもいただいていますが、今日は、「プライムニュース」がホント、ひどかった もうね、子供の教育上よくないと思いつつ、ものすごい悪態をつきました 日本のマスコミを叩き潰さないことには未来はないっスね
毎回、反町キャスターの「今日気になったニュース」みたいなコーナーがあるんですけど、そこで取り上げたのがコレです。
 


麻生元首相、小沢氏処分は「生き埋め」 また問題発言(産経新聞)より転載

 自民党の麻生太郎元首相は24日の麻生派総会で、菅直人首相のニュージーランド地震への対応に触れ「日本人が埋まっているとのうわさがある中で救出作業を優先すべきだった」とした上で「民主党の常任幹事会を優先し、党内の一部の人を生き埋めにしようとした」と述べた。
 小沢一郎民主党元代表の処分を地震対応より優先したとの指摘だが、発言は被災者や家族への配慮を欠くと批判を招きそうだ。
 麻生氏は「地震で多くの方が被災している現状に心からお見舞い申しあげる」とも述べた。



この記事をネットで見た時に、「あ~あ。またテレビは喜んでタロちゃんバッシングをするだろうな」と覚悟したのですが、「スーパーニュース」では取り上げなかったんです。なのに、私がちょっとはマシだと思っている「プライムニュース」で出てくるとは。
「この前までこんな人が総理だったんですよね。は~嘆かわしい・・」「こういう時だからこそ、言葉は慎重に使わなければいけないのに・・・」と、自分たちのことをちゃっかり棚に上げて、表向きは正義感あるマジメな顔で、心の中では待ってましたとばかりに麻生さんバッシングをする反町&八木コンビ・・・
そりゃ、タロちゃんも悪いさ。どうして、こういうこと言うのかなって思うよ。隙あらばメディアが叩こうとしているってことも、もっと自覚してと、微力ながらも、自民党の頑張りを広めようと日々、ブログを書いている私は脱力しそうだよ。
   
でもさ。TVタックルで安倍元総理も仰っていたけど、 「フェア」にやってくれないかなあって、思う。
麻生さんの発言を切り貼りして非難するなら、前原さんの軽々しい発言も非難しようよ。
(前回記事でも書いたけど、この件ね。 「富山市長が政府批判「家族を失望させた」 専用機同乗が一転、不可で」
党首討論で一番最初に、谷垣さんが「昨日、民主党はいろいろ党内のもめ事やってたけど、昨日からきっちり取り組んでたら、昨日の夜にはもう発って、今朝から行動できたんじゃないの」と政府の対応を追及したことも、自民党がいち早く「ニュージーランド地震邦人被害者救出対策本部」を立ち上げたことも、きちんと報道しようよ。
さらに、根に持つようだけど。
口蹄疫の時の自民党と民主党の対応の違いとか、民主党議員の信じられない野次とか。
(拙記事-国会のみならず、災害についての報道もおかしいと思う件
事業仕分けで公立小中学校の耐震工事の予算をがっつり削ったこととか 。
(拙記事-「親が政治を知ろうとしなければ子供を危険にさらしてしまう」というおハナシです
新燃岳の被害の視察に谷垣さんは自ら足を運んでいるけど、菅さんはいっつも豪華なごはんばっかり食べて、どこ吹く風で優雅に暮らしていることとか。
さらに、くどいようだけど。
麻生内閣の実績とか、このお正月に、ブラジルに行ってくれたことだとか、きちんと報道しようよ。
たくさんの国民が知るべきことには「報道しない自由」を行使しまくって、自分たちの叩きたい人の発言だけは切り取って、大きく報じるって、なんなの一体。おかしいでしょう、どう考えても。
ちなみに、韓国の口蹄疫がもんのすごいことになっているけど(拙記事:国会のみならず、災害についての報道もおかしいと思う件の時より事態はさらに悪化している模様)、そんなことは一切報じずに、連日連日、韓国タレントのどうでもいいことばかり流し続けている日本のメディアはまた日本で口蹄疫が発生した時、どう責任取りますか。 
NZのこういう対応(韓国の救助隊派遣「拒否」口蹄疫が理由?ニュージーランド政府 産経)も「報道しない自由」を行使するんだろうなあ。
そもそも、「被災者や家族への配慮を欠く」っていうなら、それこそ、麻生さんの発言を報道しなければいいんじゃないの。おうちにまで押しかけて、ピンポンして、今のお気持ちはどうですかなんて、マイクを向けるのは「配慮」を欠かないの。ホント、いやだ、もう。

反町さんと八木さんは石原都知事にも一喝されていたし、先日、小池百合子さんと早稲田の河野教授にも「日本のメディアは中東情勢をもっと伝えるべきだ。テレビをつけて何を報じているかと思えば相撲ばかり」とチクリと刺されていましたが、まーったく「他人事」みたいです。もうね、日本人はメディアを見捨てましょう。

すみません。冒頭から、愚痴っぽくなってしまいました。
本当にメディアの人たちは、「72時間の壁」を繰り返し言い、倒壊現場の映像を繰り返し映しながら、「ああ、早く、日本のレスキュー隊を一刻でも早く派遣して~」と思わなかったんだろうか。政府の対応は十分だったと思っているのだろうかと、歯噛みをしたい思いで、ニュースを見ているだけに、余計に、マスコミの身勝手さにアタマに来てしまいました。不快な思いをされた方、申し訳ありません。

さて、「本日の国会」です。時間の関係上、自民党議員の動画だけご紹介させていただいています。
今日の午前中の予算委員会は四名の議員が質問に立たれましたが、近藤三津枝議員と佐田玄一郎議員の動画が見つかりませんでした。衆議院TVをご利用くださいませ 

続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : 衆議院 予算委員会

今週の国会
人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

「本日の国会」シリーズも、インフルエンザとともになし崩し的になってしまいました 先週分はともかく、今週に入ってからの分はまとめて、記事にしてしまおうっと。
今週はNHKの国会中継もあり、家事の合間に見れるので助かっています。
パネル担当で、小泉進次郎議員が大活躍ですね。スッカラカンと閣僚のふざけんなよ答弁に対する視聴者の怒りを分かち合うように、小泉議員の怒り顔が画面にしっかり映っています。うん。いい作戦です 自民党はなりふり構わず、きれいごとを言わず、小泉議員を前面に押し出す作戦を続けたらいいと思いま~す

まずは、2月21日(月)の予算委員会
この日は見ごたえがありました。国会中継を見た方は皆様、「(自称)ニュース番組」のクサレっぷりを改めて感じられたことと思います。 「え?これを取り上げずに何がニュース番組?」という内容 ばかりでした。こんな感じです。



前原外相と北朝鮮の気になる関係 訪朝で「よど号」実行犯と接触 (やまと新聞) より転載

前原誠司外相(48)と北朝鮮の気になる関係が、21日の衆院予算委員会で取り上げられた。国会会期中に訪朝し、日航機「よど号」乗っ取り事件の実行犯と会っていた事実。また、前原氏の講演録に、元北朝鮮工作員や総連幹部と接点があると書かれていることも暴露された。
 これまで、前原氏は1992年(京都府議時代)と99年(衆院議員時代)、2回の訪朝歴を認めている。
 自民党の稲田朋美議員は99年の訪朝時、国会が国旗・国歌法案などで紛糾していたことや、前原氏が直前に「日朝間の経済交流を進めるべき」などと発言していたことを指摘し、「訪朝目的は」「よど号犯との面会を事前にセットしていたのか」「(北朝鮮に工場を持っていた)企業の顧問としてビザを申請し、その名刺を配ったのでは?」などと追及した。
 前原氏は「私は外交安保が専門。北の事情を知るいい機会だと思った」「国会に請暇願を出して堂々と行っている」「(よど号犯とは)高麗ホテルの玄関で偶然お会いした。写真も一緒に撮った」などと答えたが、ビザと名刺の件は「調べて答弁する」とした。
 稲田氏は「前原氏の対北朝鮮観には違和感を覚える」といい、2003年3月の労組系雑誌に掲載された、前原氏の講演録の一部を読み上げた。
 「新宿で商売をされている元工作員の方、あるいは総連幹部で財務局長までやった人。私の国会での質問のネタは基本的に在日の方から聞いている」
 ぜひ、前原氏の答弁を聞きたかったが、中井洽予算委員長は「これで質問を終わります」と打ち切った。



前原外相「よど号犯と一緒に写真撮った」明かす 11年訪朝時(産経) より転載

前原誠司外相は21日午前の衆院予算委員会で、野党時代の平成11年に北朝鮮を訪問した際、日航機「よど号」乗っ取り事件の犯人と一緒に写真を撮影していたことを明らかにした。自民党の稲田朋美氏の質問に答えた。
 前原氏によると、11年6月、北朝鮮で工場を展開していた地元・京都市の織物会社経営者の誘いで「国情視察のため」に訪朝し、平壌市内の高麗ホテルで、昭和45年に「よど号」を乗っ取って北朝鮮に滞在する実行犯4人と「玄関でばったり会った」と説明。その際、一緒に写真を撮り、帰国後に「公安調査庁に提出した」と答弁した。
 実行犯であることは一緒にいた北朝鮮側の通訳らに教えてもらったとして「まったくの偶然だった」と強調した。面会したのは若林盛亮容疑者ら4人とみられるが、前原氏は実行犯について「公安調査庁に話したのは事実だが、名前は忘れた」という。
 前原氏は訪朝について「堂々と国会議員として入った」と説明。ただ、稲田氏が「北朝鮮で織物会社の顧問の肩書の名刺を配ったのではないか」と指摘すると、前原氏は「調べて答える」と述べるにとどまった。


旧自由党15億円問題で藤井氏「認識ない」 衆院予算委でパネル使い“筆跡鑑定”(産経) より転載

藤井裕久官房副長官は21日の衆院予算委員会での「政治とカネ」をテーマにした集中審議で、旧自由党幹事長を務めていた平成14年に党の組織活動費約15億円が藤井氏あてに支出された問題について「15億円のお金が出たこと自体知らないし、もちろん受けていない」と述べ、受領した認識がないとの答弁を繰り返した。公明党の大口善徳氏に答えた。
 組織活動費の支出が政治資金収支報告書に記載されたことに関して、藤井氏は「私は事後に知った」と強調した。その上で「そういうことは止めなければいけないと当時から思っていた」と語った。
 一方、自民党の柴山昌彦氏は透明なパネルを使い、組織活動費の領収書に記入された「藤井裕久」との署名を、旧自由党が12年1月に自民、公明両党と衆院定数削減を確認した合意文の同氏の署名と重ね合わせ、「一致していると思わないか」とただした。
 透明パネルで筆跡はピタリ一致したが、藤井氏は合意文の署名を自筆と認めたものの、領収書については「(組織活動費を)もらっていない以上、署名を書いたかは、まったく認識の中にない」と強調。第三者が記入した可能性を聞かれても「本人が書いた認識がまったくない」の一点張りだった。
 菅直人首相は2つの文書の藤井氏の署名を「私は筆跡鑑定をする立場でもないので、コメントしない。(民主党と)自由党の合併前のことであり、違う党のことを言うのはふさわしくない」と判断を控えた 。




これをスルーって、さすがにもうムリでしょうよ。さすがにおかしいと気づいちゃう人も多いと思うなりよ 国会中継を見ている人は確実に増えているしさ。マスコミはもはや民主党政権と共倒れする覚悟なんだね 新聞も、頑張ってるのは産経とやまと新聞だけのような気がしてくるのが泣ける・・・

お忙しくて、国会質疑をまるっと見ている時間がないという方は、こちらのチャンネル桜の動画をオススメ。国会映像は「やまと新聞」さん提供で、見慣れたNHKの国会中継とは一味違う臨場感あるものになっています。野次(というか怒号)やら机をたたく音やらすごいです。ちなみに、西村幸祐氏の解説付きですよん。




時間の関係上、いつものように、自民党議員の動画だけとりあえず貼ります。

続きを読む

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 衆議院 予算委員会

本日の国会&おススメテレビ番組
人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

今日は朝からNHKの国会中継がありましたね。テレビ放送があると、家事をしながら見ることができるので、助かります。早く、インターネットTVが一般的にならないかなあ。
今日の「衆議院予算委員会集中審議」からオススメをご紹介します
とはいっても、時間の関係もありまして、私が紹介する議員はいつも自民党に偏ってしまいます。他の野党がどういう立場で質問をしているかは、「衆議院TV」などで、ご確認くださいませ。
わたしはどちらの政党も支持していませんが、公明党と共産党の質疑も結構、おもしろいです。特に、公明党は今国会、がんがん攻めています。自民党に対しては小馬鹿にしたような態度をとる民主党の閣僚たちも、味方につければ一気に状況をひっくり返せる公明党にはそうムゲにはできませんから、低姿勢だったりします。で、それを知っている公明党はすごい強気でいってます。

さて、今日の午前中、質問に立った自民党議員はコチラの三名。攻めたと思います。それにしても、中井ハマグリ委員長の、テレビ中継がある時とない時の変わりっぷりには脱帽です。

茂木敏充議員(栃木五区選出)




↑しっかりデータを用意して質問。閣僚の中では「マシ」であるはずの野田財務大臣を立ち往生させてました。
「自民党 らしくなったね 民主党」(by小泉純一郎元首相) には議場から笑いが(ちなみに、パネラー担当は小泉進次郎議員でした)。小泉元首相は、相変わらず、言葉の使い方が上手いですね。
茂木議員のHPには、過去の質疑がテキストでアップされていますので、今日の分も後日アップされるかもしれません。
 

棚橋泰文議員(岐阜二区選出)




↑枝野官房長官に続き、菅総理にもJR総連からの団体献金疑惑が発生。動揺したのか、「いろんなところからたくさんもらっていて、ぼくちゃん、おぼえきれないの」と、墓穴を掘る答弁をする菅総理。
「口パク人形」「詐欺フェスト」などなど、インパクトのある短い言葉を要所要所で使っていくのが、とても上手な議員さんだと思います。
最後に、「国民の皆さんは無能な総理より1ヶ月の政治空白の方がはるかにマシだと思っている」と全国放送で言い切ったのは素晴らしい 今、自民党が有権者にいちばん理解を求めなければいけないポイントはコレだと思います。


小泉進次郎議員(神奈川十一区選出)




↑昨日、地方財政審議会議事録の提出を小泉議員が求めた時、中井委員長が珍しく仕事して、「今すぐ配れますか」と片山総務大臣に求め、大臣もいったん「既にオープンになっているものだから」と了承したにもかかわらず、「やっぱり出せない」と180度答弁を変えたことから、委員会が紛糾したということがあったんです。ニコ動の生中継は「捏造する気か」「やばい部分は削除されるぞ」などなど罵詈雑言の嵐が吹き荒れました。
で、今回は、昨日のその流れを受けて、小泉議員が再登板したのですが、質問の途中、11時54分で地上波のNHKが中継を切れました。見ていた方々が一気にニコ動に流れたのか、その時間「一般会員」枠がなくなりました。
ちょうど、地上波の中継が切れてから休憩に入るまでの5分ちょっとの間、理事が委員長席に集まって、結構荒れたりして、おもしろい場面だったのですが。BS2はそのまま中継を続けますので、地上波で中継が終わった時は、「BS2」もチェックしてみてくださいね。


ところで、今日も民主党の謎の拍手が多かったですが、彼ら、「フラワーロック隊」って呼ばれているんですね。ニコ動のコメントで知りました。こういう人たちのことです。


続きを読む

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 衆議院 予算委員会

本日の国会&今日は北方領土の日
人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

今日は13時から小野寺五典議員(自民党・宮城六区選出)、14時から小泉進次郎衆議院議員(自民党・神奈川11区選出)予算委員会の質問がありました。
ついつい、全部見てしまい、出かけられなくなってしまった こんなにお天気がいいのに、本日は引きこもりデーとなりました
今日も民主党の時間稼ぎのぐるぐる答弁はひどかったです。拍手の意味も相変わらず全然わかんないし。「マニフェストの工程表通りに進んでいないという答弁に対する拍手って何ですか」と小泉議員も呆れていましたね。
小野寺議員に対する前原大臣の答弁もひどかったし、一年生議員の小泉くんに、民主党閣僚が総出で答弁してましたが、コテンパンでした。アフォ~っぷりがハンパない。
さて、テレビではどこの部分の質疑を切り貼りするのでしょうかね。
それにしても、民主党のみなさんは花粉症なんでしょうか。みなさん、えっらい鼻声でした。












続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : 衆議院 予算委員会

本日の国会

人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

日本のテレビは、もう暴動を起こしてもいいくらいのクサレレベルに達していますね。
火砕流の発生が心配される新燃岳の噴火や、大分の養鶏場でも感染が確認された鳥インフルエンザや、もう81人もなくなられて、重軽傷者も971人を数えている豪雪被害に対する政府の対応を求める国会質疑よりも、相撲の八百長騒動を延々流し続けることや、「旧正月で中国人爆買!」や「KARAの来日!」を報じることの方が重要だという、日本のテレビはね、もう、民主党と一緒に共倒れする覚悟ってことでいいんだね。 「そんなことどうでもええわ~」とちゃぶ台をひっくり返す気力も失せてきました。
昨日、大紛糾した金子議員の質疑に続き、今日の自民党議員3連発も、国会中継がなかったわけですけどね、これは放送してほしかったわ~
自民党が「TPP反対」にしっかり舵を切って、きっちりしたデータを示して、「TPPは農業問題だけじゃないよ、日本の国そのものの形が代わっちゃうよ、どれだけ国益を損なうか解ってんの」と迫り、どれだけスッカラカンが行き当たりばったりか、よーくわかる質疑でした。
 
今、斎藤健議員(自民党・比例南関東ブロック)の質疑を聞きながら、記事を書いています。ホント、いい声で、きっちり攻めていってくれるだけに、民主党のアフォ~っぷりが明らかになりすぎて、「今は自民党を全力で応援しないと、マジで日本終わるわ」という思いが、またしても強くなります。 時間さえあれば、書き起こしたいくらいです。




続きを読む

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 衆議院 予算委員会

NHKは国会中継しろ~(怒)
人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

今日も午前中から、衆議院予算委員会で自民党議員の質問3連発。NHKが国会中継しないからと言って、大事な委員会が開催されていないわけではない、むしろ、「コレ、大事でしょ」という時こそ、国会中継ありませんよね。
しかも、過去にこういうこともあったので、テレビ欄に載っていないからと言って、油断してもいけない。



進次郎から逃げた?民主に野党猛反発 予算委テレビ中止一転中継 (2010.11.10zakzak)

10日の衆院予算委員会の集中審議で、当初与党側がNHKのテレビ中継を用意せず、午前10時からの開会が30分間ずれ込んだ。野党側の猛反発で11時から中継することで決着し、委員会は30分遅れでスタート。この日午後には、自民党の小泉進次郎衆院議員が予算委初の質問に立つだけに、野党は「菅直人首相が進次郎から逃げようとした」(自民党国対幹部)といぶかっている。
 中継をめぐっては、自民党の逢沢一郎国対委員長が9日夜から、民主党の鉢呂吉雄国対委員長に要請しようと何度も携帯電話をかけたが、「電源が切れた状態でつながらなかった」(同)。逢沢氏は他の国対幹部に中継を求めたが「鉢呂氏と連絡が取れない」とつれない返事に終始したという。
 10日午前9時40分からの予算委理事会では、民主党がNHKと交渉していないことが明らかになり、野党側が「政権に都合の悪い話を国民に見せないのか」などと猛反発。結局、中井洽予算委員長(民主)がNHKとの交渉を指示し、急きょ11時からの中継が決まった。
 この日は中国漁船衝突事件のビデオ流出問題や露大統領の北方領土訪問が議題。前日までの2日間の予算委審議でも、菅首相をはじめ政権側は防戦に終始しただけに、民主党としては政権へのダメージを少しでも避けたかったようだ。




記事にもあげましたが(本日大紛糾の国会&野党が追及不足だと批判される理由)、昨日の午後の自民党の金子一義議員(岐阜四区)の質問、そして、今日のも3連発と言い、自民党が国会中継を要請してないってこと、あるんだろうか。
どういう裏事情があるかはわかりませんが、「NHKは国会中継をしろ~」と叫んでおきます。
しかも、またしても上手いこと、相撲の不祥事が出てきましたね。これで当分、テレビのネタはコレ一色でしょう。ホント、タイミングいいなあ。

昨日「中井はまぐりの横暴極まりない仕切りっぷり&閣僚のおはなしにならない答弁」の連続に、散会して流れてしまった、斎藤健議員(自民党・比例南関東ブロック)の質問から、今日はスタート。
この方、ネットでは超有名人でして、国会質疑が「ラップ」になった動画は、「 再生回数は25万回」に迫ろうという、動画界の大ヒットになっております。ご存じない方は、コチラの記事からどうぞ
(拙記事-ネットで話題沸騰中「言っちゃった☆」斎藤健議員の予算委員会を書き起こしちゃった☆の巻
で、今日も、こんな大切なことも質問してくれたのに、知らないままの国民が多いんだろうなあ・・・ せめて、記事を貼っておきますね。



首相、本紙の日中首脳懇談の尖閣虚偽説明報道に「固有の領土と言った」強調(産経)

菅直人首相は3日午前の衆院予算委員会で、昨年10月にブリュッセルで行われた中国の温家宝首相との「廊下懇談」の際、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に一切言及しなかったと報じた2日付産経新聞の記事に関し、「懇談では尖閣諸島はわが国固有の領土であり、領土問題は存在しないと申し上げた」と強調した。自民党の斎藤健氏の質問に答えた。
 菅首相は懇談で尖閣問題について「温首相は日本の立場をご存じでしょうから、今日は言いません」と語ったことが明らかになっている。菅首相は斎藤氏の「『今日は言いません』という記事はウソか」との質問には「今申し上げたことに尽きる」と繰り返し、記事への反論は避けた。
 菅首相は懇談後、同行記者団に「温首相から原則的な話があり、私も尖閣諸島はわが国固有の領土であり、領土問題は存在しないという原則的なことを申し上げた」と説明していた。




で、さっき、自民党の小里泰弘議員が鳥インフルエンザ、新燃岳の噴火などに対する政府の対応について、具体的な支援を質問していたんだけど、これ、全国放送すべきでしょう 
拙記事(国会のみならず、災害についての報道もおかしいと思う件)にも書きましたが、テレビの自称ニュース番組が政府の対応を報じず、お尻を叩くこともしない状況で、国会中継もしないっていうなら、国民はどこから情報を仕入れたらいいんだよ

で、「衆議院TV」の回線も混んでいるのか、「エラー&切れる」が多いです。ニコニコ動画の生放送も頑張っていますが。
ちなみに、 「国会TV」 HPで、質問の予定をチェックできます  こ~んなに、質問があるんだね

続きを読む

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 衆議院 予算委員会

本日大紛糾の国会&野党が追及不足だと批判される理由
人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

今日の衆院予算委員会、ひどすぎでしたね 結局、散会しちゃいましたけど。
前回記事の冒頭にも書きましたが、NHKが中継を打ち切った後ですね、実は、自民党の金子一義議員(岐阜四区)の質問があったんですよ。
金子議員の、民主の詭弁を暴く質問に対して、「なにかまずいんでしょうか」と開き直ったスッカラカンは論外として、片山&野田大臣といった、閣僚の中では答弁ができる方たち(あくまでも他の閣僚との比較レベル)も、 「通告されていないので答えられない」(←昨日の六時半に通告ズミ)とかですね、まったくおはなしにならない答弁を繰り返しましてですね。 民主党閣僚が「なーんにもわかっていない」ことが明らかになったわけですよ。
「ハラに据えかねた自民党側が抗議→紛糾→にもかかわらず、中井ハマグリが速記を止めないという暴挙(=金子議員の質問時間を喰う)→大紛糾→休憩→再開→相変わらず、話にならない答弁→紛糾→休憩→そのまま散会」
ってことがあったんですよ。
ワタシが注目している、斎藤健議員(自民党・比例南関東ブロック)の質問も流れちゃったみたいです。  



 
衆院予算委が紛糾=自民、閣僚答弁に反発 (時事ドットコム)より転載

衆院予算委員会は2日夕、片山善博総務相や大畠章宏国土交通相の答弁に自民党が反発し、2011年度予算案の審議が中断した。同委はいったん休憩となり、理事会で与野党が対応を協議。同日はそのまま散会し、中井洽委員長が3日の委員会冒頭で、総務相に対して関係資料の提出を求めることなどで折り合った。
 質疑で自民党の金子一義氏は、予算案に盛り込まれた一括交付金の自治体への配分基準について、詳細を明らかにするようただした。これに対し、総務相は「しばらく時間をいただきたい」と答弁。また、金子氏は八ツ場ダム(群馬県長野原町)に関して「建設中止になれば事業費の地方負担は返すのか」と質問したが、国交相は「今お話しする段階ではない」と答えた。
 金子氏は「ふざけている。地元に対して無責任だ。これ以上質問できない」として、質問を打ち切った。




昨日、私がイチャモンをつけた、産経新聞の記事のリクエスト通りに(←いや、産経は応援してますけどね)、「声を荒げ」「議論が紛糾して審議が止ま」ったわけですが、NHKの中継もなかったし、言うまでもなく、テレビのニュース番組(自称)はまったく取り上げないし、今日、自民党の質問があったことさえ、知らない人が多いんじゃないかと思います。 
動画を貼っときますね




↑ただいま、「混雑中」。やっぱり、国会をまるっと見ようという人、確実に増えてるよね


で、今回記事の本題は、「経費削減」を錦の御旗にした、安易な「参議院不要論」「一院制にしようぜ」論は危険ではあるまいか、というお話です。
  
皆様、衆議院と参議院の質問時間のカウントの仕方が違う って、ご存知でしたか。
このことを頭に入れて、ご紹介した動画の「民主の時間稼ぎ」手法を見ていただくと、怒り1000万倍になること、請け合いです  
とりあえず、私は、「中井をクビにしろ!」に100万票入れます。

自民、中井予算委員長の解任決議検討「品格疑う」 審議中に携帯も(2011.2.2 産経)

続きを読む

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 衆議院 予算委員会

国会のみならず、災害についての報道もおかしいと思う件
この記事はブロとものみ閲覧できます
国会で「民主党がマックロ&マッカッカやぞ」ということが明らかにされたけど、テレビは報じない件について
人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

昨日の衆院予算委員会の話の続き、 「民主党は結党当初からマックロやぞ」&「枝野官房長官はマッカッカやぞ」の件についてです。
以前、起こした動画で、産経新聞の阿比留記者がこんなふうに話されていた件を、全国中継された予算委員会で、自民党の柴山議員(埼玉八区)がきっちり指摘してくれました。
阿比留さんの説明がとってもわかりやすいので、昨日の質疑を紹介する前に、ちょっと復習しておきますね
書き起こし全文はコチラ↓
民主党政権の本質はここにアリ-動画「【阿比留瑠比】どう読む?菅改造内閣発足」書き起こし(1)


・「民主党は結党当初からマックロクロやぞ」の件

 
阿比留氏
「菅さんが、ルビコン川を渡ったというふうに本人は言っているようですけれども、小沢さんをとことん責めるという方向に舵を切りました。
しかし、これはちゃんちゃらおかしいのであって、そもそも民主党代表として自由党と合併して小沢さんを引き入れたのは菅さんであると。
さんは今になって盛んに、『クリーンな政治』『とことんクリーンな政治』と、『クリーン!クリーン!クリーン!』と、まあ鳴きわめいているわけですけれども、じゃあ、菅さんは何をやったかのと
自由党と合併する時に、
由党側に民主党から3億円のお金を渡しているわけですね。これは結納金。カネで自由党を買ったと。
そのお金はどうなったかというと、自由党にわたって、自由党は解党されますから、即座に小沢さんの関連政治団体に即日移動しまして、今それが小沢さんの政治資金、もしかしたら不動産資金にもなっているかもしれないと
菅さんに人のことを言えた義理かというところがありますし、今年こそ小沢さんに対抗して、元旦から首相公邸に人を呼んで、なんか集まりをしましたが、小沢さんが自由党から民主党に移って以来、毎年毎年、元旦には小沢邸に詣でで、乾杯の挨拶をしていたのは菅さんじゃないですか。   
小沢さんの政治とカネの問題は、自民党時代からずっともう言われ、あるいは新生党のときも言われ、それをですね、今になって知らん顔をして初めて知ったかのような顔をするというのは、ちょっと、菅さんの卑怯さをもろに表していますね。」
 
・「福耳・枝野官房長官はマッカッカやぞ」の件
 
阿比留氏
「枝野さんは1996年から1999までの四年間にわたって、革マルとの密接な関係がもう政府答弁書で決定されているJRのある労組から、献金だとか、パーティ券購入だとか、400万円の資金提供を受けているんですね。
本人は、労組は連合の一労組に過ぎないからいいんだみたいなことをおっしゃっていますが、政府が、しかも枝野さんが行政刷新担当相として閣議決定に加わった閣議で決定して、革マルとの関係団体だと言っているところからそんなお金をもらっている人が官房長官なわけですね。で、公安の監視対象者が公安のボスになったような、そんな感じがありますね。」

で、「革マルってなに?」って話ですよね。フツウの主婦が知るわけもないわけで
枝野さんと革マルとのつながりが報じられた去年の七月に、ワタシも、警察庁のHPなどを読んで、お勉強しました。以下、「警察庁HP」からの転載です。



革マル派は、過激派セクトの中でも特異な活動を展開する団体ですが、実態は暴力による民主主義体制の破壊を目指す過激派集団であることは説明のとおりです。
言うまでもなく、本文で紹介したような革マル派による違法な調査活動は、民主主義社会に対する挑戦であり、平穏な社会生活を確保していく上で看過することのできない犯罪行為と言えます。
 警察では、革マル派を始め、暴力で国家の転覆を狙う過激派各派に対し、犯罪の未然防止対策と違法行為に対する徹底した取締りを強力に推進していますが、非公然アジトの摘発や非公然活動家の検挙のためには、国民の皆様方の御理解と御協力が不可欠なのです。 」
( 「過激派集団革マル派~見えてきたその正体~」(警察庁HP)) 





で、こちらが衆院の予算委員会でされた、「革マル」の説明デス。
大事なところを赤字にしようと思ったら、マッカッカになっちゃった。



革マルは共産主義革命を起こすことを究極の目的としている極左暴力集団であり、これまでにも殺人事件等、多数の刑事事件を引き起こしている。
革マル派はその組織拡大に重点を置き、周囲に警戒心を抱かせないよう、党派性を隠して基幹産業の労働組合等、各界各層への浸透を図っており、JR総連、および東日本旅客鉄道労働組合内には、影響力を行使しうる立場に革マル派活動家が、相当浸透していると認識している。
今後も革マル派は、組織拡大に重点を置き、党派性を隠して基幹産業の労働組合等、各界各層への浸透を図っていくものとみられる。




なんか、フツウの主婦には一生自分とは縁のない人たちっぽいけど、日本の国の官房長官の枝野さんはいっぱいお金もらったりして、仲良しなんだね
  
って、すごいこわくないですか・・・・
見間違いかもしれませんけど、なんか、枝野さんって、「改造内閣で期待する閣僚」で、結構いいところにランクインしてた気がしますけど、世間の皆さんはこういうことは気にしないんですかね・・・・  
それとも、「暴力による共産主義革命を期待」しているってことなんでしょうかね。アタシはぜーったいヤだけどね。

で、昨日の柴山議員の質問の中で、このふたつの問題についての部分を文字に起こしたものを、阿比留記者がご自身のブログにきっちりアップされています。
自民党も原稿がある代表質問はHPにアップしてくれるんだけど、委員会の質疑は簡単なダイジェスト版なんだよなあ。
どんなに議員が頑張って、ものすごーく大事なことを追求しても、メディアが取り上げないから、多くの国民にとって、「なかったこと」になっているという現実に、もっと危機感を持ってほしい。
HPにテキストでアップしてくれたら、ネットの拡散力で、かなり広がると思うんだけど、真剣に考えてほしいなあ。 またメールしなくちゃ。
阿比留記者の記事はコチラ。ぜひ、ひとりでも多くの方に読んでいただきたいと思います。

予算委・藤井、枝野両氏について指摘していた問題が出ました
(国を憂い、われとわが身を甘やかすの記)


続きを読む

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 衆議院 予算委員会

テレビが国会をスルーするのは自民党が頑張った証明ってことでオッケー?
人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

子供がハナミズマンで、お外に遊びに行けないので、今日は一日中、国会中継を堪能致しました。
お昼休憩を挟んで(←この間にソッコウ買い出し)、9時から17時までびっちり見ると、疲れますね~
私などは内容を目と耳で追うだけで疲れましたから、菅総理はふっらふらだろうなと思います。ええ、一ミクロンも同情しませんが。
本日の8連発攻撃はこちらの方々。

(自民党)石原伸晃議員(東京八区)
(自民党)石破 茂議員(鳥取一区)
(自民党)鴨下一郎議員(比例東京ブロック)
(自民党)野田 毅議員(熊本二区)
(自民党)塩崎恭久議員(愛媛一区)
(自民党)甘利 明議員(神奈川十三区)
(自民党)稲田朋美議員(福井一区)
(自民党)柴山昌彦議員(埼玉八区)

甘利さんには一部共感できない部分はありましたし、稲田さんは今回はやや不発だったかなとも思いますが、じわじわとよく攻めていたと思いました。石破さんの真綿で首を絞めるような粘着系のやり方も結構好きです。
全体的に、自民党側が大人に、紳士的な対応をして、建設的な議論をしようとしていたという印象を受けました。
見方は人それぞれですので、あくまでも、政治初心者のひとりごとですけどね。
産経新聞にはこんな記事をアップしているのですが、ワタシは、そこまで言われるほどのひどい内容だったとは思わないんだけどなあ。実際、後述しますが、同じ産経の阿比留記者はまたちがう見方をしています。
我が家は産経新聞を購読しておりまして、「おぉ、頑張ってるな、産経」と思うことは多々ありますが、どうにも自民党に絡みたい粘着質な人がいるみたいなんですよね。ここまで書くなら、署名記事にしてほしいわ。明日の朝刊の阿比留さんの署名記事に期待しようっと。



「ゆるい」自民党質問、菅政権攻めきれず(産経新聞)

 自民党は1日の衆院予算委員会で、石原伸晃幹事長ら党三役や閣僚経験者ら総勢8人が質問に立った。倒閣の口火を切る場として注目されたが、結果は政権側に大きな手傷を負わせられず「ゆるい」質疑に終わった。格好の標的であるはずの与謝野馨経済財政担当相に対しても、質問者自身が手心を加えたことを明かす体たらく。谷垣禎一総裁の「必ず解散に追い込む」との目標は、早くも宙に浮き始めている。
 逢沢一郎国対委員長は1日朝の国対会合で「今日は自民党デーだ!」と意気込み、谷垣氏も委員会傍聴席に陣取った。だが、議論が紛糾して審議が止まる場面はゼロ。小沢一郎民主党元代表の証人喚問問題や、与謝野氏に議員辞職を促したさいに声を荒らげる質問者は多かったが、審議はするすると進んだ。
 議員辞職を促された与謝野氏が拒んでも、鴨下一郎政調会長代理は「どなたにも立派だといわれる立場で取り組んでは」とやんわり注意しただけ。
 旧自由党が当時同党幹事長だった藤井裕官房副長官に15億円を振り込んだとされる問題も、藤井氏に「7、8年前にこの問題に答え、爾(じ)来(らい)変わりありません」とあっさりかわされ、不発に終わった。
 あまりの対決色の薄さに、国対幹部は「インパクトがない。質問内容の調整が十分ではなかった」と反省しきり。質問者の1人も、閣僚席でマスクを付けたり外したりしている与謝野氏を「青い顔で座っている人をあんまり攻めたくない」と語り、テレビの国会中継がニュースで途切れる時間を見計らって、与謝野氏に弁明を求めるなど“手心”を加えたことを明かした。公明党からは「情けない質疑をしていると自民党はまだ再生していないと思われる」(中堅)とあきれる声が出た。




「恥じない無知っぷり&はぐらかし&すりかえ&責任転嫁&ごまかし&指名されてない人がのこのこ出てくる」を繰り返す総理と閣僚に対して、野党側がひとつの質問にこだわって、何度も再答弁を求めたら、中断で、貴重な時間が浪費されるだけですよ。で、そうなったらなったで、今度は、「空転」とか言って批判することはマチガイないわけで、一体、どうすりゃええねんって思う。
確かに、「ヤマ場」がないままに終わった感はあるけれど、どっちみち、総理初め閣僚からはまともな答弁なんて返ってこないんだから、ひとつの質問で足止めを食らわずに、チクリと刺してはさっさと次の質問に移るのは得策だと思うんだけどね。せっかくのテレビ中継の機会なんだからさ、相手のペースにはまず、ここぞとばかりにメディアが報じない民主党の悪行を淡々とひとつでも多く暴いてほしい。
そういう意味でも、今回は、民主党の「ふくらましこ」戦法とか、細かい部分までしっかりセコイこともよーくわかりましし、野田議員は、「4月までに社会保障をまとめきるんですね」と菅総理に迫り、逃げ続けた菅総理の首を最後の最後にタテにふらせました。
で、後でまた詳しく書きますが、最後に柴山議員がしっかり爆弾を投下。
あたしゃ、世論調査で、「自民党より民主党の方がクリーン」って答える人の多さに、心底、うんざりしています
小沢問題は常識として、閣僚級では蓮舫大臣を初め、荒井さんとか川端さんなどなどの事務所費問題、下っ端レベルでも、豪華食事の経費計上やら「税金滞納」やらあるし、どこがクリーンやねん
でも、最大のツッコミどころは「民主党は結党当初からマックロクロやぞ」ってことですよね。

続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

国会中継のススメ-「暴走バス~に乗ってます~♪」
人気ブログランキングへ
↑ワンクリック、応援いただけると嬉しいです

子供と一緒に、「大型バス~にのってます~」という歌を口ずさんでいることが多いのですが、どうしたことか、アレ以来、「暴走バス~にのってます~」になっちゃうんですよ。
アレとは、1月28日の岩城光英参院議員(自民党・福島県選挙区)の代表質問です。
ワタシ的には、「山田くん、座布団10枚持ってきて」くらいのヒットだったのですが、マスコミはスルーなんだよなあ。ワイドショー的にも受けると思うんだけど。

第177回通常国会における代表質問 岩城光英総務部会長(自民党HPより)一部転載
(文字強調・改行はワタクシがいたしました)



自由民主党の岩城光英です。
「待てば、海路の日和有り」と言われます。しかし、我が国の現状は、「菅政権、四海波高し」であると、言わざるを得ません。いったい、いつまで待てば、海路が開けるのか。多くの国民の偽らざる心情であります。

 私は、市議・県議・市長として地方行政に携わってまいりました。地方の元気が、日本の活力につながると考えております。
 しかし、今、地方からは悲鳴とも言える声が、ひっきりなしに聞こえてまいります。農林水産業、商工業の事業主、また、行政を担っている市町村の実務者レベルの方々からも、切実な声が上がっております。それは、民主党不況とも揶揄される景気低迷により、地方経済が冷え切っているからであります。
 さらに、子ども手当や、戸別補償制度に代表される全国一律のバラマキ政策の実態や、その制度設計の不備についての不満の声があります。
 政治主導の名の下、地方自治体の行政運営に密接不可分な新しい政策等に係る政治判断が、政権のトップダウンでいきなり決定され、その後、理解を求めていくという手法は、民主党の言う“地域主権”とは相容れないものであり、そのため、様々な混乱が生じております。              

 今、これら、切実な声、不満・憤りの声が47都道府県に渦巻いている、と言っても過言ではありません。
 このようなたとえ話が囁かれております。

一丁目一番地に「乗客のことは乗客が決める」というバスが、停車していた。
47人が期待して乗り込んだ。
しかし、バスは発車時刻を過ぎても動かない。
しばらくすると、運転手は何もしないまま降りてしまった。呆気にとられていると、新しい運転手が、乗り込んできて、行く先は、“一括交付金”と叫び、急発進した。乗客が次々と転倒して車内は大混乱におちいる。
こんなひどい運転は初めてだと言う乗客に、
運転手は「仮免許だから」と開き直っている。
バスが補助金の「総額削減方面」に向かっているようだと気付いた乗客が、降りたいと言っても、運転手は聞こえないふり。
すると突然、「子ども手当の路線を維持するため、料金をいただくことにしました。お支払いください」というアナウンスが流れて車内は騒然となる。
 「話が違う。支払わない」と言う乗客に、運転手は「料金を決めるのは私だ。」とうそぶいている。
「乗客のことは乗客が決める」という言葉に騙されたと気付いたが、バスは暴走していて、とても降りられそうにない。

 菅総理、このバスに乗せられた人たちの気持ちを是非お考え下さい。 

 いったんバスを止め、乗客も運転手も共に自転車に乗り、自らハンドルを握り、ペダルを漕いで一緒に進む ―― そのような姿勢で、地方分権のあり方を目指しては如何でしょうか。


続きを読む

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール
アクセスカウンター(since 2012.6.26)
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
記事から探す
カテゴリ
TDS (2)
TDL (3)
fc2ブログランキング
ぽちっとしていただけると励みになります。

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。